学園ホーム高等学校ホーム > お知らせ

お知らせ

【図書局】第41回全道高等学校図書研究大会

ファイル 1218-1.jpg ファイル 1218-2.jpg ファイル 1218-3.jpg
 9月30日(月)~10月1日(火)伊達市で行われた第41回全道高等学校図書研究大会に生徒5名が参加しました。
 本校は「図書館活動グランプリ(通称、T-1グランプリ)」と「図書館報コンクール」の2つに参加しました。T-1グランプリは1次審査を通過し、2次審査のプレゼンテーションを会場で実施しました。図書館報コンクールでは、奨励賞を受賞しました。また、各分科会に参加し、図書局員としてのスキルを磨く機会にもなりました。
 詳細結果は以下の通りです。

T-1グランプリ:2次審査進出
図書館報コンクール:奨励賞

本校の学校紹介シーンが「お天気フィラー」で放映されます

 令和元年10月から12月までの3か月間、本校の学校紹介シーン(本校校舎全景、授業風景やクラブ活動など)及び日本大学各学部のイメージ映像が、「お天気フィラー」(天気情報番組)において放映されます。

○CMについて  ①札幌テレビ(STV)「STV天気予報」
         ②テレビ北海道(TVh)「TVhお天気情報」

○放送期間    令和元年10月~令和元年12月までの3か月間
          ①毎週水曜日20:54~21:00の間
          「笑ってこらえて」の後 
          ②毎週月曜日 21:54~22:00の間
          「世界ナゼそこに?日本人」の後
          ※特別番組等で放送時間が変更になる場合がございます。

○撮影内容    校舎外観全景、授業風景やクラブ活動、学園生活シーンなど

【SSH・科学部】「東京理科大学 第11回坊ちゃん科学賞 研究論文コンテスト(高校部門)」で優秀賞および優良入賞を受賞

東京理科大学が主催する「坊ちゃん科学賞」は、

・理科、数学、情報の授業や科学クラブなどでの自然科学に関する調査
・科学技術、環境・生態保護、災害、省エネ関係、実験器具の開発、及び地域に根ざした研究テーマ等これらに関する興味と関心、知的探求心などをもって取り組んだ個人・グループでの研究成果

を論文にまとめ、発表する研究論文コンテストです。今年度は、全国83校から195編の論文の応募があり、9月20日(金)、「第11回坊ちゃん科学賞」研究論文の審査が行われました。その結果、本校科学部が提出した以下の2編の論文が優秀賞(全国で5編)および優良入賞(全国で23編)を受賞しました。

優秀賞 :「ネオジム磁石を用いた地磁気水平分力の測定」
優良入賞:「ネオジム磁石球を用いた非磁性金属の抵抗率測定法(第2報)」

このうち、優秀賞の受賞者は、10月27日(日)に東京理科大学神楽坂キャンパスにおいて行われる発表会でプレゼンテーションを行います。この発表会で総合的な審査により最優秀賞が決定します。研究成果をわかりやすく正確に伝えられるように、頂点を目指して頑張ります。

日本大学付属高等学校対象 基礎学力到達度テストが行われました

ファイル 1213-1.jpg ファイル 1213-2.jpg ファイル 1213-3.jpg

 9月26日(木)、日本大学付属高校対象(3年生)の基礎学力到達度テスト(国語、英語、数学、地歴・公民又は理科)が行われました。今回のテスト結果は日本大学進学への重要な成績資料となるため、生徒たちはこの日に向けて放課後講習や家庭学習に取り組んできました。
 緊張感が漂う中、真剣にテストに取り組み、日頃の学習の成果を発揮しました。

【サッカー部】優勝 高円宮杯JFAU-18サッカー2019北海道ブロックリーグ道央

 9月22日(日)に、高円宮杯JFAU-18サッカー2019北海道ブロックリーグ道央最終節が芦別なまこ山グラウンドで行われました。結果は下記の通りです。

1部リーグ

札幌日大高校 0対2 北照高校

 4月21日から続いていましたプリンスリーグ道央ブロックは、1部リーグ優勝(2年連続)・2部リーグ優勝という結果で終了しました。また、10月26日に行われるプレーオフ進出が決定いたしました。来期の北海道リーグへの昇格目指して頑張ります。沢山の応援有難うございました。

【陸上部】5名が入賞 第34回北海道高等学校新人陸上競技大会

ファイル 1210-1.jpg ファイル 1210-2.jpg
 9月18日(水)~20日(金)まで、函館市千代台公園陸上競技場にて第35回北海道高等学校陸上競技新人大会が行われました。出場生徒は、全道の強豪選手と競い合い、5名が入賞を果たしました。
 詳細な結果は以下の通りです。

男子

800m  優勝 菅原 広希 君(1年)
1500m 第5位 桝田 樹 君(2年)
5000m 第4位 坂井 大和  君(2年)
     第8位 阿部 太陽 君(1年)

女子

3000m 4位 佐々木 冴佳 さん(2年)

【テニス部】秋季大会女子ダブルス全道大会出場権獲得

ファイル 1209-1.jpg
 9月8日、14日におこなわれた、秋季テニス大会個人戦ダブルス戦において髙島菜月さん(2年)と青木乃映さん(1年)のペアがベスト16の壁を突破し、ベスト8になりました。
 さらに順位決定戦において7位となりました。旭川で行われる全道大会でも上位をめざし頑張ってきます。

第2回学校説明会が行われました

ファイル 1201-1.jpg ファイル 1201-2.jpg ファイル 1201-3.jpg
ファイル 1201-4.jpg ファイル 1201-5.jpg ファイル 1201-6.jpg
ファイル 1201-7.jpg ファイル 1201-8.jpg ファイル 1201-9.jpg

 9月15日(日)第2回学校説明会が行われました。中学生と保護者の方を対象に多数ご来校いただき、本校の特色・教育内容・来年度の入試等について説明を行いました。ご来校いただいた方々からのアンケートには、「校内がきれいで、とても雰囲気がよく、学力に関することも参考になりました」「SSHやSGHなどに力を入れていることが分かり、興味を持った」「留学へ行った生徒さんの話を直接聞くことができて夢が広がった」「具体的な説明が聞けてわかりやすかった」などの感想が多数ありました。
 多くの方々にご来校いただき誠にありがとうございました。
    

学校説明会 内容


学校説明会(本校の特色、教育内容、目指す人材育成像、学習指導、進路状況、来年度の入試の説明など)、◆特別講演◆『TOP高合格者に求められる条件』、模擬授業(数学・英語・社会・SGH)、個別相談(プレミアS・特進・総合進学コースなど)、校内見学ツアー、学校紹介パネル等の展示(クラブ・教科・壁新聞・SSH・SGH他)、化学・物理実験及びSSH課題研究発表、SGH・国際交流の活動説明、吹奏楽局演奏、部活動紹介・部活動見学会(①男子バスケットボール部②剣道部③卓球部④吹奏楽局⑤放送局)、食堂利用など

今後の学校説明会

・第3回 11月9日(土)

※受付9:00~ 説明10:00~

高校進学セミナー

10月12日(土) 10:00~11:30  場所:ホテルポールスター札幌
※受付9:30~

地区別学校説明会

10月20日(日) 10:00~12:00  場所:ちえりあ(札幌市生涯学習センター)
※受付9:30~

個別相談会

第3回 9月21日(土)
第4回 10月5日(土)
第5回 10月19日(土)
第6回 11月2日(土)
第7回 11月16日(土)
第8回 11月30日(土) 

※いずれも9:00~16:00
※事前予約をお願いします。上記以外でも対応できますのでお問い合わせ下さい。
  連絡先:札幌日本大学高等学校 広報募集本部 Tel:011-375-2611

保護者会社会見学旅行が行われました

ファイル 1202-1.jpg
 9月14日(土)保護者会社会見学旅行が、32名の保護者が参加し行われました。9:30に学校を貸切バスにて出発し、「定山渓鶴雅リゾート森の謌」にてランチビュッフェにて昼食を摂った後、小樽市「北海道ワイン」で工場・館内見学をし15:30に学校へ帰着しました。参加された保護者の方々は、満足され、家路についていました。

東京大学JSTグローバルサイエンスキャンプに参加決定

 2019年9月から半年間かけて東京大学で実施されるJSTグローバルサイエンスキャンプに本校高校1年生が応募、見事選考を通過し、参加が決定しました。
 JSTグローバルキャンプは、イノベーションを創出するグローバル科学技術人材の育成プログラムであり、半年間をかけて、東京大学の講座を受講、理工系に関連する様々な分野の知識を得るとともに、知識を融合して新しいものを創造する過程を体験します。その後、東京大学の研究室に所属、自らが設定した課題について実験やフィールドワーク等を実践することで解決していきます。
 全国から集まる高校生とのつながりや東大での学びと最新技術に触れ、将来の大きな糧となる貴重な経験となることを期待しています。

【SGH】「世界津波の日」2019高校生サミット2日目

ファイル 1207-1.jpg ファイル 1207-2.jpg ファイル 1207-3.jpg
ファイル 1207-4.jpg ファイル 1207-5.jpg ファイル 1207-6.jpg
ファイル 1207-8.jpg ファイル 1207-9.jpg ファイル 1207-7.jpg
 2019年9月10日・11日の2日間、地震や津波などの自然災害の記憶を教訓に防災や減災対策について理解と関心を深めることを目的に、国内および海外(43カ国)の高校生約400名以上が北海道に集結し、討論を繰り広げました。
 分科会のテーマは、下記の通りです。
①知識を得る〜過去の教訓の伝承
②意識を高める〜災害への備えと迅速な避難
③復興に向け行動する〜社会貢献・支援者の観点
本校のチームは、「③復興に向け行動する」について考え、SNSを使った自然災害の誤った情報の拡散の対策や仮設住宅で起きている問題に対して高校生として実行可能であるアクションプランを発表し、質疑応答でも立派に英語で受け答えをしていました。
 また、本大会の議長を務めた桐越君は舞台上で分科会で提案された各グループの成果をまとめたイランカラプテ宣言を堂々と述べ、大役を果たしました。
 2日間の大会を通して、防災の知識を身につけるだけでなく、海外からの生徒とも異文化交流を深める場でもありました。この体験を活かして、日頃から自分たちに何ができるのか考え、次は学んだことを伝えていくなど、生徒たちの更なる飛躍を期待しています。

北海道NewsWeb動画ニュースはこちら

「世界津波の日」2019高校生サミット公式ページはこちら

【SGH】「世界津波の日」2019高校生サミット開催

ファイル 1206-1.jpg ファイル 1206-2.jpg ファイル 1206-3.jpg
ファイル 1206-4.jpg ファイル 1206-5.jpg ファイル 1206-6.jpg
 2019年9月10日、「世界津波の日」2019高校生サミットが世界43カ国を含む521名の高校生が参加し、開催されました。今年は北海道が開催地に選ばれ、本校の高校1年生の桐越航君が議長の大役を務め、開会式では鈴木北海道知事が挨拶されました。
 サミットには本校から3名の高校2年生が参加し、各国の高校生と議論を交わしていました。サミットは明日まで行われ、閉会式では大会宣言が発表されます。

「世界津波の日」2019高校生サミットの公式サイトはこちら

ページの先頭へ