学園ホーム高等学校ホーム > お知らせ

お知らせ

防災・減災活動の一環として

ファイル 1115-1.jpg ファイル 1115-2.jpg ファイル 1115-3.jpg
 3月11日(月)、東日本大震災から8年が経過し、本校では、現在も被災されている多くの方々に思いを寄せるとともに、防災・減災の意識を高めることを目的に、日本赤十字社の「防災・減災プロジェクト~私たちは、忘れない~」の活動の一環で制作されたバッジを全校生徒に配付し、全校生徒及び教員が胸に付けて1日を過ごしました。

 北海道では昨年9月に胆振東部地震が発生し、自然災害に備えることの大切さを身を持って感じることとなりました。その経験を踏まえ、本校では胆振東部地震の支援物資として佐野日大高校や宮崎日大高校から頂いた水を校内に備蓄するとともに、全校生徒が非常用備蓄用品セット(食糧や防寒具等)を購入し、4月から校内で保管する準備を進めています。

 今後もこれまでの教訓を生かし、自然災害に強い学校を目指し教員・生徒の意識を高めていきたいと考えています。

ページの先頭へ