SGH
SGH活動のトップへ SGH活動
フィールドワーク・大会参加
講演・交流活動
授業
SGH通信(準備中)

SGHの目的

今日の世界においては、社会、経済、文化のグローバル化が急速に進展し、国際的な流動性が高まっている。また、科学技術の急速な進歩と社会の高度化、複雑化や急速な変化に伴い、過去に蓄積された知識や技術のみでは対処できない新たな諸課題が生じている。これらに対応していくため、世界と競える新たな知識や専門的能力を持った人材が求められていることから、21世紀の社会状況を展望し、激動する国際社会で活躍するグローバル・リーダーとなるべく素養をもった人材の育成を研究開発の目的とする。

本校のSGHの研究課題

北海道の産業課題を世界視点で捉え、解決に導くグローバル人材育成。

本校のSGHの概要

国際化を推進する大学・官公庁・民間企業と連携し、国際教養を身につけながら、産業、環境、社会における『未来の北海道の姿』をテーマとして、「課題の設定」・「調査(フィールドワーク)」・「仮説・分析」・「まとめ・表現・発信」の研究を行ない、国際舞台で主体的に活躍する全人的グローバル・リーダーを育成。

課題研究内容

世界の仕組みを理解し、課題を見つけ、多様性ある思考、行動のもと、課題解決に導く決断ができる人材を育成するための課題探究型教育研究と評価システムを研究すること。
(1)課題探究型学習 探究基礎 「情報の収集力、分析力、考察力、想像力」
ジェネリックスキルを基本に、異文化に対する理解力と寛容性を養う研究を行なう。国内外の大学や企業、国際機関等から指導者を招いたり、国内外でのフィールドワークを通じて国際的な感受性を養う。
(2)課題探究型学習 探究応用 「問題解決力、多様性、実践力」
「個人探究」:「食料(日々の生活と切っても切り離せない「食」を通じて、北海道の身近なトピックスから、世界規模の問題を捉え、そして自らの関わり方を問い直す など)・観光・領土・戦後70年」を切り口とし、北海道が抱える課題を世界視点で考え、解決施策を策定する。生徒は個人の興味、関心に応じて個人研究テーマを選択し課題研究に取り組む。「グループでの探究」:同一テーマ毎にグループ単位で課題検討、分析、意見交換を行う。「外国人フィールドワーク」:フィールドワーク協力機関に出向き、意見交換を通じ問題解決型思考を研究する。
(3)課題探究型学習 探究発展 「情報発信力、交渉力、英語コミュニケーション力」
個人論文の策定を行う。語学力レベルに応じて、レベル①は英語論文、レベル②は日本語論文とする。英語力の差異により、①か②を選択。論文は、ロジカルライティング(自分の意見や主張を、相手にわかりやすく伝えるための文章作成法)を意識して策定。各種コンクールに応募、学内発表、学外発表の実施。卒業論文の作成。
(4)課題探究評価 「パフォーマンス評価」の研究
課題探究研究(思考・判断・表現など)の質的評価検証プログラムの研究、開発。

学園ホーム高等学校ホーム > SGH

【高1】 グローバル化時代の海外進出とこれから

平成28年10月13日(木)

1.講演者

法政大学 佐藤教授

2.実施内容

SGUの法政大学が実践している様々なプログラムの紹介を通して、佐藤氏の担当エリアであるベトナムを中心にベトナム国内で行われている交流事業(日本語スピーチコンテスト等)の紹介とベトナムの教育事情について講義を頂きました。

 

 

【高1】 多文化・多言語国家スイスの国民統合

平成28年9月1日(木)

1.講演者

長崎大学他文化社会学部教授

葉柳 和則 氏

2.実施内容

「『アルプスの少女ハイジ』のメッセージ」としてハイジの物語を通じてスイスの国家形成や国家統合のしくみ、スイスに関する基礎知識についてお話頂きました。スイスは他文化・多言語国家であり、国家として統合を保ち続けるために初等教育の段階で国内の別の言語を学んでいること、スイスがドイツ・フランスなど周りの大国に囲まれながら国家を維持できた経緯を話されました。

 

質疑応答

Q.スイスの教育事情を教えてください。

A.スイスでは英語教育の開始時期が問題になっており、初等教育の早期に学習させるべきだという意見と、国内の多言語(フランス語またはドイツ語など)をおろそかにすべきでないという意見が対立しています。

Q.スイスフランについて教えてください。

A.スイスフランは強い通貨であり、賃金が高く経済が安定していることから他国からの移民が増加していることが問題となっています。

Q.スイスの主要産業は何ですか

A.スイスは農業国というイメージがあるかもしれないが、実際には国から補助金が多く出されており、実際には金融業や科学技術による産業が盛んだったり、ノーベル賞受賞者を数多く輩出しています。

【高2】 TPCプログラム開発 発表会

平成28年9月27日(火)

発表テーマ

TPCプログラム開発

TPCプログラムは株式会社JTBと株式会社サイボウズが連携して運営する課題解決型授業のプログラムです。TPCプログラムの狙いは、“現代の生徒たちが社会に出て確実に必要となる能力である3つの要素である、「Teamwork(チームワーク)」「Problem-solving skill(問題解決力)」「Communication skill(コミュニケーション)」を、TPCプログラムを通して身に付ける”にあります。

TPCプログラムを進めていくに当たり、下記のテーマを与え、企画書を作成、中間チェックを経て、本日の発表にいたりました。

【テーマ】

「2030年を予想して、北海道ならではの新しい商品、サービス、ビジネスの提案」

1.発表

①Jチーム〈農業社会の企業化〉

北海道の農業の問題点を挙げ、JAHと手を組むという解決策を提案。

・インタビューを取り入れた点が高評価であった

・具体的な野菜を示している点が良かった

・ハイスペックな農業を目指してというコンセプトをうまく伝えられていた

②Dチーム〈株式運営による第一次産業の活性化計画案〉

「DIVINE」という株式会社を設立し、農業の革新を目指し、北海道ブランドの活性化をはかる提案

・発表者の明るさ、勢いが群を抜いて好評であった

・アニメーションを使い、図でわかりやすいスライドを作っていた

・SNSを利用する方法を提案していた

③Cチーム〈将来必ず必要とされる北海道〉

北海道における観光の現状や少子高齢化などを取り上げ、北海道の価値を高めるため、季節による変動を減らし、道内における観光格差を埋めるための方策を提案。

・スライドの文字ポイントをもっと大きくすべきであった。

・チームで考えた未来の観光都市図が面白い提案であった

④Bチーム〈セカンド・SAPPORO・プロジェクト〉

北海道外へ人口が減少していく現状を改善するため、北海道(釧路)に新たな球団を作ることで活性化を図る提案

・具体的な球団を想定して、設立のメリットを挙げていた。

・アイデアとして面白く、親会社や地元住民の立場に言及していた。

・釧路を札幌並みの都市に成長させるのが狙いが伝わった

⑤Hチーム〈「先鋭福祉区」の建設〉

高齢者の孤独死に着目し、福祉に特化した取り組みを行い、高齢者の貧困や孤独を助ける取り組みを提案。

・原稿の内容が非常に整理されており、説得力があった

・図式化したスライドがわかりやすかった

・財政難に苦しむ夕張を「先鋭福祉区」とし、余生を送る地域としながら、若人も呼び込む取り組みを行うという視点が面白い

⑥Fチーム〈宇宙開発プログラム〉

2030年の世界情勢を想定し、人々の生活が厳しくなっていることを指摘し、地球を脱出する宇宙ビジネスを提案。北海道にその宇宙開発の拠点を作るという宇宙産業を企画。

・北海道の広大な土地、食糧を活かす視点。

・「宇宙エレベーター計画」の夢のあるアイデアを紹介している点。

・プレゼンテーションとしてのわくわく感はあった。

⑦Gチーム〈北海道にテーマパークを…〉

地域による観光客数の偏りを改善する提案。特に道東の環境客数を2568万人から6000万人に増やすために観光スポットとしてテーマパーク「SGH」を建設する提案。

・TDLやUSJに負けない「自然世界と近未来の調和」をコンセプトにしたテーマパーク「SGH(満足を保障する北海道)」建設を提案

・ネーミングで成功した感が強いが、具体性もあり、良かった。

⑧Aチーム〈地域と連携する新しい食堂〉

独身の高齢者人口の増加という現状を踏まえ、2030年の経済効果を見込んだ提案。「地域と連携した新しい食堂」の魅力を伝える提案

・長居できる雰囲気を作り、付加価値をつけ、回転率の悪さは学生のボランティアを募り、人件費の削減で補うなどの工夫が見られた。

・世代間の交流など、効果のアピール点が多かった。

⑨Eチーム〈2030年の北海道のビジネス~雪力発電~〉

冬期、北海道の苦労の元となっている雪を電力として利用する提案。

・雪冷房、富山大学理学部での研究方法の紹介。

・太陽光発電と併用することで、問題点をクリアできている点が高評価であった

・除雪ポイントカード、発電場所など、アイデアが豊富であった

⑩Iチーム〈2030年の北海道のサービス業について〉

北海道の観光地域の限定を指摘し、結婚式ツアー地域として活性化する「ウェディングブランド」を目指し、結婚を機に北海道リピーターを増やすことも考えた提案

・斬新なアイデアだと思うが、未婚率の低下をどうクリアするかが不明確であった

・和風の結婚式に憧れる海外の顧客も取り込みたい。

⑪Kチーム〈北海道観光鉄道計画〉

北海道観光における問題点(広大すぎる土地、タイムロス、移動の難しさ等)を踏まえ、バスではなく、「北海道鉄道」を提案。

・観光列車の利点を生かした旅のコーディネートを紹介。

・北海道Zootopia(ズートピア)計画を利用する

・列車を「動くホテル」と位置付け、移動のみならず、北海道ならではのイベント、食を楽しめるようにした点が高評価であった。

・旅行プラン、乗車券の資料に力が入っていた。

・発表技術がたかった

 

2.実施結果

講評

TPCプログラムでお世話になった株式会社JTBと株式会社サイボウズの方から、非常に良かったという評価を頂きました。「理想」と「現実」のギャップを埋める問題解決についてよく検証できていた点が評価につながりました。事前に学んだフレームワークをきちんと使って展開出来ていたという点で、これまでの成果が出ていました。また、プレゼンテーション自体も「素晴らしい」という評価をもらったチームが多く、スライドについてもよくポイントがまとまっており、随所に工夫が見られた点も評価頂きました。

社会人のビジネススキルという印象の強いプログラムでありましたが、問題解決を一つ一つ行なっていくことの大切さが実感出来たようでした。JTBの担当の方からは、「今回の取り組みでは企画自体を提案したが、実際にはこの後の実現に向けての取り組みを行なっていくのが一番難しい」との指摘を受けました。生徒一人一人の取り組み量は決して同じではありませんが、これまでにない姿、発表力や企画力を発揮してくれた生徒も多く、互いに刺激を受け合う様子をみることが出来ました。

 

審査結果 

  1位 Kチーム〈北海道観光鉄道計画〉

  2位 Hチーム〈「先鋭福祉区」の建設〉

  3位 Cチーム〈将来必ず必要とされる北海道〉

  3位 Gチーム〈北海道にテーマパークを…〉

 1位のチームについては圧倒的なプレゼン力と、力の入った資料が群を抜いていました。動画を使用して独自の発表が出来ていたのが他のチームとの差を感じさせました。2位のチームは、スライドの質、アイデアの独自性、内容の論理性の高さが評価されていました。3位のチームについても、フレームワークを上手く使っていたという点や、発表のストーリー性などが高く評価されていました。

 

ページの先頭へ

<フィールドワーク・大会参加> <講演・交流活動> <授業> <SGH通信(準備中)>