SGH
SGH活動のトップへ SGH活動
フィールドワーク・大会参加
講演・交流活動
授業
SGH通信(準備中)

SGHの目的

今日の世界においては、社会、経済、文化のグローバル化が急速に進展し、国際的な流動性が高まっている。また、科学技術の急速な進歩と社会の高度化、複雑化や急速な変化に伴い、過去に蓄積された知識や技術のみでは対処できない新たな諸課題が生じている。これらに対応していくため、世界と競える新たな知識や専門的能力を持った人材が求められていることから、21世紀の社会状況を展望し、激動する国際社会で活躍するグローバル・リーダーとなるべく素養をもった人材の育成を研究開発の目的とする。

本校のSGHの研究課題

北海道の産業課題を世界視点で捉え、解決に導くグローバル人材育成。

本校のSGHの概要

国際化を推進する大学・官公庁・民間企業と連携し、国際教養を身につけながら、産業、環境、社会における『未来の北海道の姿』をテーマとして、「課題の設定」・「調査(フィールドワーク)」・「仮説・分析」・「まとめ・表現・発信」の研究を行ない、国際舞台で主体的に活躍する全人的グローバル・リーダーを育成。

課題研究内容

世界の仕組みを理解し、課題を見つけ、多様性ある思考、行動のもと、課題解決に導く決断ができる人材を育成するための課題探究型教育研究と評価システムを研究すること。
(1)課題探究型学習 探究基礎 「情報の収集力、分析力、考察力、想像力」
ジェネリックスキルを基本に、異文化に対する理解力と寛容性を養う研究を行なう。国内外の大学や企業、国際機関等から指導者を招いたり、国内外でのフィールドワークを通じて国際的な感受性を養う。
(2)課題探究型学習 探究応用 「問題解決力、多様性、実践力」
「個人探究」:「食料(日々の生活と切っても切り離せない「食」を通じて、北海道の身近なトピックスから、世界規模の問題を捉え、そして自らの関わり方を問い直す など)・観光・領土・戦後70年」を切り口とし、北海道が抱える課題を世界視点で考え、解決施策を策定する。生徒は個人の興味、関心に応じて個人研究テーマを選択し課題研究に取り組む。「グループでの探究」:同一テーマ毎にグループ単位で課題検討、分析、意見交換を行う。「外国人フィールドワーク」:フィールドワーク協力機関に出向き、意見交換を通じ問題解決型思考を研究する。
(3)課題探究型学習 探究発展 「情報発信力、交渉力、英語コミュニケーション力」
個人論文の策定を行う。語学力レベルに応じて、レベル①は英語論文、レベル②は日本語論文とする。英語力の差異により、①か②を選択。論文は、ロジカルライティング(自分の意見や主張を、相手にわかりやすく伝えるための文章作成法)を意識して策定。各種コンクールに応募、学内発表、学外発表の実施。卒業論文の作成。
(4)課題探究評価 「パフォーマンス評価」の研究
課題探究研究(思考・判断・表現など)の質的評価検証プログラムの研究、開発。

学園ホーム高等学校ホーム > SGH

【高1】 アジアの縮図 マレーシア

平成28年10月27日(木)

1.講演者

マレーシア政府観光局

徳永 誠 氏

2.実施内容

講演内容

はじめに連想ゲームでオーストラリア、シンガポール、マレーシアの3国からそれぞれイメージできるものを生徒に問いかけました。生徒の答えは、オーストラリアはコアラ、カンガルー。シンガポールはマーライオン、高層ビルなどとイメージできるものは多かったですが、マレーシアから何かをイメージできる人はほとんどいませんでした。以前は錫、マハティールなどがイメージできる人もいましたが、最近ではイメージできる人が減っているとのことでした。

日本は少子化、高齢化、市場縮小などの問題に直面しており、人口は2048年には1億を切ると推定されています。現在の平均年齢は47歳です。それに対して、ASEANは6億3千万の人口を擁し、平均年齢は20代です。そのなかで、マレーシアは人口3千万、平均年齢27歳、アメリカ、ヨーロッパが停滞する中で、成長の見込みがある国の一つです。

マレーシアは植民地時代から錫・ゴムなどの1次産業に依存していましたが、豊富な資源を生かして経済を豊かにし、資源価格が暴落した1970、80年代には観光・製造業への転換をすすめ、その後日本など外国企業の受け入れを進め、工業化を進んでいます。

講演者から生徒へメッセージ

多様な世界と向き合う時代から逃げることはできない。積極的に海外に出向いて経験を積んで欲しいということ、マレーシアの文化(信仰する宗教による文化の違い)を食文化,生活習慣などの事例を出し、生徒に提言していただきました。「アジア大交流時代」が到来している今、日本は観光立国を目指しています。日本は2020年4000万人に到達するために皆さんも頑張ってほしいというメッセージを頂きました。

 

【高1】 「一つの考え方」に固執しない多様な考えを持つ思考の研究

平成28年10月20日(木)

1.講演者

北海道大学観光学高等研究センター

特任准教授 花岡拓郎 氏

2.実施内容

講話内容

台湾出身の大学院生ジェンさんが自らの経歴を紹介、その後花岡氏から台湾の習慣や文化などについて講演を頂き、観光客と接するときの知識として、北海道や札幌の地理や産業、言葉などに関わる問題をクイズ形式で回答行いました。

 

グループディスカッション・発表

台湾人観光客が喜ぶような観光提案(食べ物)を5~6人でグループディスカッションを行いました。その際に1人「預言者(予言者)」を決め、この人が「奇想天外な提案」をし、残りの人たちは普通の提案をするように話し合わせるという工夫がありました。これには少数派の意見や批判的な意見を大事にするというトレーニング効果があります。グループで話し合わせた後、生徒がジェンさんに質問をしてヒントを得た上で再度話し合いを深める時間をとりました。

その後、グループごとに発表を行いました。食の観光提案として鮭とば、たこ焼き、すし、いかめし、牛乳など一般的な提案もありましたが、ジンギスカンキャラメル、北海道素材のしゅうまい、カルボナーラ、白米など奇想天外な提案もありました。

グローバル化の時代では,「一つの考え方」に固執しない多様な考えを持つ思考が大切です。日頃から,多様な考えを持てるようにトレーニングを積むことが重要です。今回は,そのトレーニングをグループ学習の中に取り入れ実施することができました。また,台湾出身の留学生を招き,台湾文化と日本文化の相違点などのインタビューを通じて,両国の文化を研究することもできました。

【高2】 北海道の観光の課題と未来について

平成28年10月18日(火)

1.講演者

北海道大学 観光学高等研究センター

花岡拓郎准教授

会場:北海道大学クラーク会館講堂

1.実施内容

1.1 概要

 冒頭、花岡准教授より、北海道大学の「クラーク会館講堂」が特別な空間であることが紹介されました。生徒は、その場所で講義を受け、壇上に立って発表できるというこの時間が貴重であることを改めて認識した様子でした。

 本日の取り組んだ主題は「批判的思考」です。これまで生徒たちが探究課題としてきた「北方領土問題」や「北海道の観光・産業」にちなんだテーマが示され、多くの人が持つ意見に対して、あえて違う意見を考えてみるという訓練を繰り返してきました。特に、花岡先生からは誰も考えないようなことを考えることこそ、重要であることが強調されました。そして、グループで考え、まとめたことを壇上で発表し、花岡先生から指摘・講評を受けました。

 また、他人(グループ)の発表の際に、聴衆側の反応のあり方について、拍手やスタンディングオベーション、ブーイングなどの意味やタイミングも学びました。生徒は、始めは慣れない様子でしたが、次第にその場やタイミングに合わせて反応できるようになりました。生徒の発表時の態度にまだ幼い部分が見られることはありましたが、花岡先生から指導されたことを踏まえ、ほとんど全ての生徒が積極的に取り組もうと努力していました。

1.2 聴講・グループワーク

① はじめに、6人を基本とするグループ内で進行役・記録役・発表役を決めたあと、ウォーミングアップとして、「二年生の担任の先生で、一番、大統領になれそうな先生は?」という題が出され、全てのグループの発表者が、理由とともに発表しました。花岡先生の方から、発表の仕方や聴衆としての反応に対し、それぞれ具体的に指摘がありました。

② 次に、「2020年、北方四島は誰のものになっているか」という題が出されました。当然「ロシア人」か「日本人」という意見が大半を占めるであろう命題に対し、他の選択肢を考えてみよう、という問いかけをしました。花岡先生は、「預言者」という役をグループで1人決めさせて、「ロシア人」「日本人」以外の回答をつくるように指示し、グループで話し合わせました。ここでは、代表して3つのグループが発表しました。「そのころ、日本が受け入れた移民が住んでいる場所になっている」など、不十分であるが面白い視点の回答もみられました。

③ 最後に、「『再来年から、北海道に雪は降らない。(決定)』この前提で、北海道の『観光』に何が起こるか、自由に予測し、自由な視点で対策やアイディアを考えなさい」という題が出されました。話し合いがなされ、全グループが発表しました。前の問題で設定した「預言者」的な役割を果たす生徒を中心に、発表の内容を組み立てたグループが多かったようです。雪が降らないメリットとデメリットを比較し、メリットを最大限生かした農業の工夫や、かつて雪が降っていたことに付加価値をつけて、商品化する工夫、北海道独立につながるような構想など、興味深いアイディアもいくつか出されました。なかには、「北海道という地名を変更すれば、雪は降ることになる」といった、命題を逆手にとるような発想も見られました。

ページの先頭へ

<フィールドワーク・大会参加> <講演・交流活動> <授業> <SGH通信(準備中)>