SGH
SGH活動のトップへ SGH活動
フィールドワーク・大会参加
講演・交流活動
授業
SGH通信(準備中)

SGHの目的

今日の世界においては、社会、経済、文化のグローバル化が急速に進展し、国際的な流動性が高まっている。また、科学技術の急速な進歩と社会の高度化、複雑化や急速な変化に伴い、過去に蓄積された知識や技術のみでは対処できない新たな諸課題が生じている。これらに対応していくため、世界と競える新たな知識や専門的能力を持った人材が求められていることから、21世紀の社会状況を展望し、激動する国際社会で活躍するグローバル・リーダーとなるべく素養をもった人材の育成を研究開発の目的とする。

本校のSGHの研究課題

北海道の産業課題を世界視点で捉え、解決に導くグローバル人材育成。

本校のSGHの概要

国際化を推進する大学・官公庁・民間企業と連携し、国際教養を身につけながら、産業、環境、社会における『未来の北海道の姿』をテーマとして、「課題の設定」・「調査(フィールドワーク)」・「仮説・分析」・「まとめ・表現・発信」の研究を行ない、国際舞台で主体的に活躍する全人的グローバル・リーダーを育成。

課題研究内容

世界の仕組みを理解し、課題を見つけ、多様性ある思考、行動のもと、課題解決に導く決断ができる人材を育成するための課題探究型教育研究と評価システムを研究すること。
(1)課題探究型学習 探究基礎 「情報の収集力、分析力、考察力、想像力」
ジェネリックスキルを基本に、異文化に対する理解力と寛容性を養う研究を行なう。国内外の大学や企業、国際機関等から指導者を招いたり、国内外でのフィールドワークを通じて国際的な感受性を養う。
(2)課題探究型学習 探究応用 「問題解決力、多様性、実践力」
「個人探究」:「食料(日々の生活と切っても切り離せない「食」を通じて、北海道の身近なトピックスから、世界規模の問題を捉え、そして自らの関わり方を問い直す など)・観光・領土・戦後70年」を切り口とし、北海道が抱える課題を世界視点で考え、解決施策を策定する。生徒は個人の興味、関心に応じて個人研究テーマを選択し課題研究に取り組む。「グループでの探究」:同一テーマ毎にグループ単位で課題検討、分析、意見交換を行う。「外国人フィールドワーク」:フィールドワーク協力機関に出向き、意見交換を通じ問題解決型思考を研究する。
(3)課題探究型学習 探究発展 「情報発信力、交渉力、英語コミュニケーション力」
個人論文の策定を行う。語学力レベルに応じて、レベル①は英語論文、レベル②は日本語論文とする。英語力の差異により、①か②を選択。論文は、ロジカルライティング(自分の意見や主張を、相手にわかりやすく伝えるための文章作成法)を意識して策定。各種コンクールに応募、学内発表、学外発表の実施。卒業論文の作成。
(4)課題探究評価 「パフォーマンス評価」の研究
課題探究研究(思考・判断・表現など)の質的評価検証プログラムの研究、開発。

学園ホーム高等学校ホーム > SGH

【高2】 世界におけるEUの活動

平成28年11月15日(火)

1.講演者

デンマーク大使

OnnoR.S Vollers氏

2.実施内容

日本と欧州諸国との間には歴史的に深い交流があり、我が国が先進国の仲間入りを達成することができた背景には、欧州諸国からの多大なる影響と支援がありました。歴史を考えるとともに、北海道と欧州諸国は気候風土や産業面で多くの共通点があり、農業や酪農等、欧州諸国から学ぶ点が多々あることから探求課題として実施しました。

また、講師で招いたOnno R.S Vollers氏はコペンハーゲン大学で、日本の政治・経済学を学んでおり、日本の大学と欧州の大学の違いも生徒に知らせることで、海外大学への視野を広げることを目的とした指導を行いました。

EUの概要説明として、独特な経済的および政治的協力的関係を持ち、欧州の28の民主主義国家の集まりであり、日本の人口の4倍にあたります。EUの目的とは、ヨーロッパ市民により公正で安全な正解の中で、平和と繁栄と自由を保障するものです。

デンマークでは、ドイツにつながる海底トンネル建設に関して、EUからの資金援助ありました。EU加盟国にはシリア等からの難民が入り、受け入れに関して国境付近には課題が累積していますフランスで起こった1年前のパリテロ事件の事例があげられました単一通貨のユーロについて加盟国28カ国中19カ国で利用されており、紙幣のデザインはいずれも同じですが、硬貨は片面だけが共通であることなどが説明されました。

3.質疑応答

Q.「アメリカでトランプ氏が大統領に当選したが、EUにとってはどう影響するか?」

A.大統領就任は1月なので、今の段階では何とも言えない。大統領になる前に刺激的な発言があっても、今後の「大統領としての発言」にヨーロッパは注目している。あえて言うならば、ヨーロッパが一丸となっていく場面が増えるのではないか。

Q.スライドにあったヨーロッパの地図」における赤色のメンバーズの意味について教えて欲しい。

A.EU間では他国に移動可能だが、パスポートの提示を求める国とそうでない国との区別、そして加盟国と加盟候補国の違いである。

Q.「イギリスのEU離脱についてどう思うか、そして、今後EUはどうなるのか。

A.EUを代表してここに来ているので言い難いが、個人的には思っていることがあるが、ここではEUの立場として述べる。率直に残念だと思う。今後のことについては、交渉の結果をみないと分からない。

Q.「デンマークにはどのくらい難民が来ているのか」

A.何万人という規模の難民が来ている。難民として誰を保障するか、という問題に今後なっていくと思う。

Q.「日本の英語教育についてどう思うか」

A.文章の内容を理解する能力が高いが、単語を単語として覚えている印象が強い。暗記は実践より劣ると思われるので、使う機会を増やすことが大切だと思う。語彙も大事だが、デンマークでは英語で日常会話が95%話せる。それは、英語の映画に吹き替えがないこともあるし、英語に触れる機会が多いからだ。学校では、文法もやるが、映画をもとにして行うことが多い。実際、学校以外で英語に触れる機会が多い。ちなみにドイツ人とフランス人の英語の下手さは有名。なぜなら、フランスとドイツでは吹き替えがあるのも一因だと思う。

その他、共通通貨のこと、デンマークの留学制度、デンマークを観光する際魅力的な場所、トルコがEU加盟を認められない理由などについて多くの質問が出たが、一つ一つ丁寧に答えていただきました。

前半はオールイングリッシュの講義形式で進み、内容を聞き取ることに苦戦している生徒もいたようですが、後半は質疑応答の時間に、日本語で答えて頂いたためか、積極的に発言する様子が見られた。メディアで話題となるEUのことについて、知らないこと、新たに学ぶことが多くあったようでした。

【高2】 北海道の観光を高等研究する

平成28年11月8日(火)

1.講演者

北海道大学観光高等研究センター特任教授

石黒侑介氏

2.実施内容

1-1.マーケティングとは

誰かのニーズを満たすための価値を創造することで利益を上げることであるとの説明の後「もしも北海道産のバナナがあったら、どう売るか、どこで売るか」について5分間のグループワークを行いました。

【生徒発表内容】

・道産企業とコラボして売る。

・道産の食材と一緒に加工して売る。

・他国に逆輸入する道を探る

・期間限定バナナにして、購買意欲をそそる。

・富裕層向けにプレミア感を出して売る。

・味は南国産にかなわないので、「まずさ」を売りにする。

多くの意見が出ましたが、講師から指摘されたのは、「誰をターゲットにして売るか」=「マーケット・イン」の視点があると良いというアドバイスをいただき、モノを売るということは「その価値を誰に分かってもらうか」ということが重要であるとの指摘を頂きました。

1-2.モノやサービスと地域のマーケティングはどう違うか?

生徒の中でも羊が丘展望台に行ったことの無い人が多かった。なぜ行かないのかを考え、集客するためのアイデアを考えてみよう」というテーマのもと、5分間でグループワークを行いました。

【生徒発表内容】

・SNSを利用して話題性を作り、情報発信する。

・クラーク博士を主人公とした朝ドラを制作し、ロケ地として整備する。

・アクセスを良くし、クラーク牧場として他の動物とも触れ合えるようにする。

・地元民に魅力を感じてもらえるように広報に力を入れる。地元民のリピート率を上げる。

・冬期に羊の形のイルミネーションをつくり、クリスマスに集客する。

イベントを開催して、人を集めるアイデアが多く出ました。

 

2.質疑応答

Q.「北海道の中で、どこが集客できそうですか?」

A.いかにも観光地はこれから難しくなってくる。地元の人が行くような場所に注目が集まっている。流行のスポットは今後変わっていく。

Q.「陽岱鋼は中国でどのくらい注目を集めているか」

A.台湾のヒーローではあるが、中国では野球に対する関心が日本ほど高くないので、それほどでもない。

Q.「北大の中に観光の学部は出来ないか?」

A.まだこれからである。少なくともここ2~3年では難しい。

Q.「北大の特任教授になった経緯は?」

A.若い教員は身分が不安定なので、会社員でいた方が安定していたが、大学で仕事する、ということに魅力を感じた。

Q.「日本人と外国人では、マーケティングのアプローチの仕方は違うのか」

A.全く違う。韓国の人はブログ、台湾の人は掲示板を良く見る、という傾向がある。

 

グループワークの形式で意見を交わしやすい内容だったため、生徒は活発に参加することができました。「マーケティング」という切り口で北海道観光を考える良い機会になりました。最後に、沖田副校長からは「本校もマーケティング活動をしている」という話があり、教育産業でも、どの業界でもあるというまとめをいただきました。

 

 

【高2】 北海道総合計画出前講座

平成28年11月1日(火)

1.講演者

北海道庁 総合政策部政策局計画推進課

佐々木 敏 氏

長門 愛美 氏

2.実施内容

北海道庁総合政策部の仕事の概要

道庁の総合計画の具体的内容とその計画について、中心的なテーマは「時代の潮流を捉えた北海道に将来展望」。10年先の2025年に向けて、いくつかの具体像に向けて取り組まれています。現在、北海道の強みを活かし、災害等に備えながら、「強靭な」「輝き続ける」北海道を目指し、7つの将来像を掲げ、力を入れていそうです。

【北海道が目指す、7つの将来像】

  1. 子育て環境・最適地
  2. 安心・安全社会
  3. 環境先進モデル
  4. 「憧れのくに」北海道ブランド
  5. 地域経済の循環
  6. 豊富な人材
  7. 北海道ならではの個性あふれる地域

それぞれの問題点を挙げつつ、北海道の持つ課題を指摘されました。

北海道総合計画と「食」と「観光」

世界に誇れる北海道の魅力を磨き、育て、様々な強みを活かし、人口減少、高齢化の急速な進行といった「地域の存亡に関わる危機」を乗り越え、将来にわたって安全で安心して心豊かに住み続けることができる活力ある地域社会の形成を目指しています。

現在、農村では都市部をはるかに上回る「高齢化」と「人口減少」に直面しています。日本では人口減少していますが、世界規模での人口は増加し、2050年には、96億人を超えるといわれています。そうした中、食料の安定供給を確保する重要性が指摘されています。日本食の関心への高まりもあり、食料の市場を確保するため、農村基本計画において、食料自給率(カロリーベース)を上げる取り組みがなされています。具体的には、スマート農業(ICTを活用した農業)技術の開発が進められています。

水産基本計画】

東日本大震災からの復興や、資源管理、水産資源のフル活用、食育の推進による消費拡大などを目指す。

【農林水産省の輸出強化戦略】

世界全体での食市場の拡大等を背景とする、輸出力を強化する取り組み。2020年までに1兆円規模にまで拡大させたい。

【観光】

観光による地域活性を目標に掲げ、観光資源を開発しています。ポイントはモデルプランとプロモーション活動。北海道新幹線の開業効果の最大化なども推進事業として取り組まれています。ターゲットはアジア、欧米諸国。滞在コンテンツの充実(Wi-FI)など課題は多いそうです。

質疑応答

Q.「6次産業」について教えてください。

A.作物に付加価値をつけて売ること。

Q.「観光について、北海道では季節によって観光客の変動が大きいが、宿泊施設についての対策はありますか?」

A.本州のように個人客でも海外旅行客がある地域は民泊などあるが、北海道は、地域、季節が固定化している。北海道のいろいろな地域に泊まって欲しい、という取り組みを中心に行っている。

Q.「総合政策を紹介する冊子がとても詳しくできていて、分かりやすいと感じました。対象者と、入手経路について教えてください。」

A.市町村、働いている人向けに作成されたものだが、今後は若い人にも多く見てもらえるよう、広めていきたい。漫画版は、まさに中高生の皆さんに見てもらえるように作ったものです。

今後の課題研究(企画書)に大いに活かせる内容でした。時間を少し超過することになってしまいましたが、質問も出て、今後の成果物に繋げていくという意識が見られました。

 

 

ページの先頭へ

<フィールドワーク・大会参加> <講演・交流活動> <授業> <SGH通信(準備中)>