SGH
SGH活動のトップへ SGH活動
フィールドワーク・大会参加
講演・交流活動
授業
SGH通信(準備中)

SGHの目的

今日の世界においては、社会、経済、文化のグローバル化が急速に進展し、国際的な流動性が高まっている。また、科学技術の急速な進歩と社会の高度化、複雑化や急速な変化に伴い、過去に蓄積された知識や技術のみでは対処できない新たな諸課題が生じている。これらに対応していくため、世界と競える新たな知識や専門的能力を持った人材が求められていることから、21世紀の社会状況を展望し、激動する国際社会で活躍するグローバル・リーダーとなるべく素養をもった人材の育成を研究開発の目的とする。

本校のSGHの研究課題

北海道の産業課題を世界視点で捉え、解決に導くグローバル人材育成。

本校のSGHの概要

国際化を推進する大学・官公庁・民間企業と連携し、国際教養を身につけながら、産業、環境、社会における『未来の北海道の姿』をテーマとして、「課題の設定」・「調査(フィールドワーク)」・「仮説・分析」・「まとめ・表現・発信」の研究を行ない、国際舞台で主体的に活躍する全人的グローバル・リーダーを育成。

課題研究内容

世界の仕組みを理解し、課題を見つけ、多様性ある思考、行動のもと、課題解決に導く決断ができる人材を育成するための課題探究型教育研究と評価システムを研究すること。
(1)課題探究型学習 探究基礎 「情報の収集力、分析力、考察力、想像力」
ジェネリックスキルを基本に、異文化に対する理解力と寛容性を養う研究を行なう。国内外の大学や企業、国際機関等から指導者を招いたり、国内外でのフィールドワークを通じて国際的な感受性を養う。
(2)課題探究型学習 探究応用 「問題解決力、多様性、実践力」
「個人探究」:「食料(日々の生活と切っても切り離せない「食」を通じて、北海道の身近なトピックスから、世界規模の問題を捉え、そして自らの関わり方を問い直す など)・観光・領土・戦後70年」を切り口とし、北海道が抱える課題を世界視点で考え、解決施策を策定する。生徒は個人の興味、関心に応じて個人研究テーマを選択し課題研究に取り組む。「グループでの探究」:同一テーマ毎にグループ単位で課題検討、分析、意見交換を行う。「外国人フィールドワーク」:フィールドワーク協力機関に出向き、意見交換を通じ問題解決型思考を研究する。
(3)課題探究型学習 探究発展 「情報発信力、交渉力、英語コミュニケーション力」
個人論文の策定を行う。語学力レベルに応じて、レベル①は英語論文、レベル②は日本語論文とする。英語力の差異により、①か②を選択。論文は、ロジカルライティング(自分の意見や主張を、相手にわかりやすく伝えるための文章作成法)を意識して策定。各種コンクールに応募、学内発表、学外発表の実施。卒業論文の作成。
(4)課題探究評価 「パフォーマンス評価」の研究
課題探究研究(思考・判断・表現など)の質的評価検証プログラムの研究、開発。

学園ホーム高等学校ホーム > SGH

【高1】 北海道の未来を考える

平成28年12月1日(木)/ 平成28年12月15日(木)

1.講演者

北海道総合政策部政策局計画推進課

主幹 佐々木 敏 氏

主事 長門 愛美 氏

2.実施内容

講演内容

道庁の総合計画の具体的内容とその計画について、中心的なテーマは「時代の潮流を捉えた北海道に将来展望」。10年先の2025年に向けて、いくつかの具体像に向けて取り組まれています。現在、北海道の強みを活かし、災害等に備えながら、「強靭な」「輝き続ける」北海道を目指し、7つの将来像を掲げ、力を入れていそうです。

【北海道が目指す、7つの将来像】

  1. 子育て環境・最適地
  2. 安心・安全社会
  3. 環境先進モデル
  4. 「憧れのくに」北海道ブランド
  5. 地域経済の循環
  6. 豊富な人材
  7. 北海道ならではの個性あふれる地域

それぞれの問題点を挙げつつ、北海道の持つ課題を指摘されました。

ワークショップ

講演内容をふまえて、各班で「8つ目の将来像」について話し合いました。その際にタイトル、「生活・安心」「経済・産業」の視点から将来像の具体的な姿、将来像を実現するために活用する北海道の強み、将来像を実現するための取り組みを議論しました。

 

発表

グループ内でリーダー・発表者・書記等を決定し、1グループ5分程度で、「新たな北海道の将来像」についてプレゼンテーションを行いました。発表内容については、観光・新交通システム(ロープウェイの利用)、民間企業(イオングループ等)と道の駅の融合による地域活性化・歴史・文化(アイヌ文化の継承・振興)など様々な案が提案され、創意工夫が見られる発表が増えてきたように感じました。各グループの発表に対しては、他のグループからその提案に対する積極的な意見、質問が飛び交うようになりました。

 

 

【高2】 SGH課題研究

平成28年11月22日(火)/ 平成28年11月28 日(火)

1.実施内容

11月22日(火)

SGH運営指導委員会において、発表を控えている者もおり、全員が足並み揃えてSGH課題研究の活動をすることはできませんでしたが、それぞれが目の前の課題に取り組みました。論文と企画書の違いについてイメージがつかめず戸惑っている生徒もいた様子でしたが、内容上必要とされている部分が共通しているので、今日の段階では、テーマの絞り込み、必要となる資料探し等を行なっていました。

11月29日(火)

先週から引き続き、各自研究課題に取り組みました。与えられた4つの大テーマから、それぞれ問題意識を持っているテーマ・分野を選び、現状を把握するところからはじめていました。課題となる部分を掘り下げていくために、コンピュータ室や図書館で情報集めをするところからとりかかる生徒が多い様子でしたが、早い生徒は、巡回している教員からアドバイスを受け、構想を練り、メモをもとにノートを作っていく生徒も見受けられました。

【高1】 オーストラリアについて

平成28年11月17日(木)

1.講演者

在札幌オーストラリア領事館

イアン・プレイシア氏

2.実施内容

本講演を受講する中高一貫コース高校1年生は、2017年2月7日~2月16日の10日間、オーストラリア海外研修旅行を実施します。研修旅行ではホームステイ・ファームステイや本校と姉妹校であるヘイルベリーカレッジの訪問・シドニーでの自主研修などを予定しています。

 今回はオーストラリア海外研修旅行の事前学習として、在オーストラリア領事館領事イアン・ブレイジア氏に講演をいただき、気候風土や歴史、産業・日豪関係を学び、オーストラリアに関する知識を深めました。

(1)オーストラリアの気候風土について

(2)オーストラリアの歴史について

(3)オーストラリアの観光事業と北海道の観光事業について

(4)オーストラリアの経済活動と日本の関係

(5)オーストラリアの教育制度と日本の教育制度について

 

ページの先頭へ

<フィールドワーク・大会参加> <講演・交流活動> <授業> <SGH通信(準備中)>