SGH
SGH活動のトップへ SGH活動
フィールドワーク・大会参加
講演・交流活動
授業
SGH通信(準備中)

SGHの目的

今日の世界においては、社会、経済、文化のグローバル化が急速に進展し、国際的な流動性が高まっている。また、科学技術の急速な進歩と社会の高度化、複雑化や急速な変化に伴い、過去に蓄積された知識や技術のみでは対処できない新たな諸課題が生じている。これらに対応していくため、世界と競える新たな知識や専門的能力を持った人材が求められていることから、21世紀の社会状況を展望し、激動する国際社会で活躍するグローバル・リーダーとなるべく素養をもった人材の育成を研究開発の目的とする。

本校のSGHの研究課題

北海道の産業課題を世界視点で捉え、解決に導くグローバル人材育成。

本校のSGHの概要

国際化を推進する大学・官公庁・民間企業と連携し、国際教養を身につけながら、産業、環境、社会における『未来の北海道の姿』をテーマとして、「課題の設定」・「調査(フィールドワーク)」・「仮説・分析」・「まとめ・表現・発信」の研究を行ない、国際舞台で主体的に活躍する全人的グローバル・リーダーを育成。

課題研究内容

世界の仕組みを理解し、課題を見つけ、多様性ある思考、行動のもと、課題解決に導く決断ができる人材を育成するための課題探究型教育研究と評価システムを研究すること。
(1)課題探究型学習 探究基礎 「情報の収集力、分析力、考察力、想像力」
ジェネリックスキルを基本に、異文化に対する理解力と寛容性を養う研究を行なう。国内外の大学や企業、国際機関等から指導者を招いたり、国内外でのフィールドワークを通じて国際的な感受性を養う。
(2)課題探究型学習 探究応用 「問題解決力、多様性、実践力」
「個人探究」:「食料(日々の生活と切っても切り離せない「食」を通じて、北海道の身近なトピックスから、世界規模の問題を捉え、そして自らの関わり方を問い直す など)・観光・領土・戦後70年」を切り口とし、北海道が抱える課題を世界視点で考え、解決施策を策定する。生徒は個人の興味、関心に応じて個人研究テーマを選択し課題研究に取り組む。「グループでの探究」:同一テーマ毎にグループ単位で課題検討、分析、意見交換を行う。「外国人フィールドワーク」:フィールドワーク協力機関に出向き、意見交換を通じ問題解決型思考を研究する。
(3)課題探究型学習 探究発展 「情報発信力、交渉力、英語コミュニケーション力」
個人論文の策定を行う。語学力レベルに応じて、レベル①は英語論文、レベル②は日本語論文とする。英語力の差異により、①か②を選択。論文は、ロジカルライティング(自分の意見や主張を、相手にわかりやすく伝えるための文章作成法)を意識して策定。各種コンクールに応募、学内発表、学外発表の実施。卒業論文の作成。
(4)課題探究評価 「パフォーマンス評価」の研究
課題探究研究(思考・判断・表現など)の質的評価検証プログラムの研究、開発。

学園ホーム高等学校ホーム > SGH

【高1】 北方領土に関するまとめ

平成29年6月29日(木)

北方領土問題研究のまとめ①

これまで5回にわたって実施してきた北方領土問題を班ごとに特定のテーマを設定・探求し、まとめて発表する準備をする時間でした。テーマ設定は各班で設定してもらいました。

授業内容

はじめに、「課題解決型学習の取り組み」というプリントを配布・解説し、理解させやすいパワーポイント作成を心がけるよう説明しました。

・2時間中1時間目は教員による説明後、各班によるテーマ設定、ディスカッションをしました。2時間目は班内で話し合いを続けるグループと情報教室で調べものをするグループに分かれ作業を続けました。

日本とロシア(ソ連)の領土をめぐる歴史的経緯や交渉過程について確認する班もあれば、北方領土問題を多くの人に知ってもらうためにはどのようにすればいいかということを自分たちなりに考える班もありました。

・調べていくうちに、国境や主権ということに対して、素朴な疑問を持つ生徒もおり、そうした生徒に対しては説明を補足したり、考えるための題材を個別に与えたりしました。

【高1】 北方領土に関する講演

平成29年5月25日(木)/ 平成29年6月1日(木)

平成29年6月15日(木)/ 平成29年6月22日(木)

1.北方領土の歴史

講演者

山崎 隆 氏(北方領土復帰期成同盟)

札幌生まれ

元学校教員(教員歴約40年)

教員生活を道東で過ごしてきた中で、北方領土からの引揚者(元島民)の聞き取りをし、その声を多くの人々に伝え、北方領土問題について考えてもらう活動を長い間してきたそうです。

北方領土問題に対する認識を高めるために、数回にわたって講演していただきます。

講演内容

 1、北方領土の歴史

・千島開拓の歴史、日魯(露)通交条約、樺太千島交換条約、第二次世界大戦終結について北方領土地域の国境線の変遷やその背景などについての概要を説明していただきました。

・国境線が変化する中でも、北方四島は領土の帰属が変わっていないという日本政府の立場を紹介していただきました。

・札幌中心の日本地図を掲示し、アメリカ・イギリス・フランスが南から、ロシアが北から日本を目指したことを示していただきました。

・8月15日の終戦(玉音放送)後、ソ連が千島列島に侵攻し、シュムシュ島で激戦が繰り広げられました。その後、ソ連占領下の北方領土では、最初2年程度は日本人が普通に暮らしていたが、あるとき日本人が強制送還され、サハリン(樺太)の真岡を経て、日本に送還されました。元島民は、身寄りを頼りに全国に広がった。北方領土は日本海側の地域とのつながりが強く、富山県は全国で2番目に元島民が多い(1番は北海道)ということを紹介していただきました。

2.北方領土返還運動の経緯と課題

講演者

山崎 隆 氏(北方領土復帰期成同盟)

講演内容

1、北方領土返還運動について

 北方領土返還運動についての概略を説明いただきました。返還運動は、1946年に当時の根室町長安藤石典(いしすけ)がアメリカ軍による北方領土占領をGHQに請願したことではじまりました。

 1951年 サンフランシスコ平和条約にロシアが署名しなかったこと、樺太(サハリン)と「千島列島」を返還することが話題になり、このことが現在の北方領土問題の原点となりました。1956年、日ソ共同宣言で、平和条約締結後、歯舞・色丹島を返還されることが約束されました。

2、グループワーク

・これまで学んだことをふまえて、「北方領土問題について意見を交換しよう」という課題を設定、役割分担、ディスカッションをしました。

・①日本の首相、②ロシアの大統領、③元島民(日本人)、④現島民(ロシア人)、⑤日本の若者、⑥ロシアの若者の6つの役割に分かれ、活発な意見交換をしました。

・最後に、相手の意見に賛成できること、納得できないことや残った疑問などを書き出して今後の課題としました。

3.元島民の生活と返還への願い

講演者

山崎 隆 氏(北方領土復帰期成同盟)

講演内容

1、北方領土返還交渉の現在(導入)

・6月2日の『北海道新聞』朝刊で、プーチン大統領が北方領土を日本に引き渡した場合、日本が米軍を展開させることを懸念しているという記事を山崎先生に紹介していただきました。

・その上で、北方領土問題は日露間だけの問題ではなく、アメリカ・北朝鮮・中国など東アジア情勢と密接に関連していると説明し、そうした広い視野から領土問題を見てほしいということを述べていただきました。

2、元島民の声について

・北方領土に実際に住んでいた「元島民」の実際の体験を聞くことで、領土問題に対する認識を深めてもらいました。

・元島民が戦後日本に引き揚げ、または送還された際の体験談を収録したDVDを山崎先生が解説を付けながら見ました。

・戦時中の物資不足や戦後に送還され樺太で厳しい収容生活を送っていた方、ソ連軍が突然学校に現れたり、自宅に来て日の丸を2つに切り裂かれた体験をしたりした方、択捉島で親が村長をしていた一家で、家族が日本に送還されるときに、持ち出し厳禁となっていた島の資料・写真を骨壺などに入れて密かに持ち帰ってきた方などがいたことなどを紹介していただきました。

3、北方領土創作絵本

・元島民の声を遺すために、描かれた作品の中に北方領土創作絵本というものがあることを紹介、「ばあちゃんのしべとろ」「サーシャ」などの作品を紹介していただきました。

・また、近年話題になった「ジョバンニの島」という北方領土を扱った作品も紹介し、生徒に関心を広げてみるよう案内をしていただきました。

【高1】 北方領土問題①~オリエンテーション

平成29年5月18日(木)

実施内容

 本日は北方領土問題の最初の授業ということで、現時点での各生徒の知識を確認するため、北方領土や領土問題に関するアンケートを実施しました。質問内容は以下の通りです。

①北方四島の島名

②北方領土問題の日本側/ロシア側の問題認識

③今年4月27日の安倍・プーチン会談の話し合い内容

④北方領土問題以外で、領土問題が発生している国とその地域

  そのなかで、現段階で自分の知っていることと知らないことの確認をしてもらいました。次に、北方領土問題に関して、7~8名のグループを作り司会・書記・発表の担当に分け、ディスカッション・発表をしました。生徒たちは真剣に議論をしていました。

 今回はそのうち、3グループが発表を担当しました。領土の所有権、両国でロシアとの交流の少なさ、日本での関心の少なさなどが現在の問題として取り上げられました。現時点では自分たちなりに一生懸命発表をしていました。ただし、問題提起やその障害になっているものといった分析の面では、知識の不足がみられました。今後、北方領土問題に取り組む際、歴史的背景などの知識の拡充も課題となると感じました。

最後に、北方領土復帰期成同盟の山崎隆さんが自己紹介をし、次回以降の予告をしました。

ページの先頭へ

<フィールドワーク・大会参加> <講演・交流活動> <授業> <SGH通信(準備中)>