SGH
SGH活動のトップへ SGH活動
フィールドワーク・大会参加
講演・交流活動
授業
SGH通信(準備中)

SGHの目的

今日の世界においては、社会、経済、文化のグローバル化が急速に進展し、国際的な流動性が高まっている。また、科学技術の急速な進歩と社会の高度化、複雑化や急速な変化に伴い、過去に蓄積された知識や技術のみでは対処できない新たな諸課題が生じている。これらに対応していくため、世界と競える新たな知識や専門的能力を持った人材が求められていることから、21世紀の社会状況を展望し、激動する国際社会で活躍するグローバル・リーダーとなるべく素養をもった人材の育成を研究開発の目的とする。

本校のSGHの研究課題

北海道の産業課題を世界視点で捉え、解決に導くグローバル人材育成。

本校のSGHの概要

国際化を推進する大学・官公庁・民間企業と連携し、国際教養を身につけながら、産業、環境、社会における『未来の北海道の姿』をテーマとして、「課題の設定」・「調査(フィールドワーク)」・「仮説・分析」・「まとめ・表現・発信」の研究を行ない、国際舞台で主体的に活躍する全人的グローバル・リーダーを育成。

課題研究内容

世界の仕組みを理解し、課題を見つけ、多様性ある思考、行動のもと、課題解決に導く決断ができる人材を育成するための課題探究型教育研究と評価システムを研究すること。
(1)課題探究型学習 探究基礎 「情報の収集力、分析力、考察力、想像力」
ジェネリックスキルを基本に、異文化に対する理解力と寛容性を養う研究を行なう。国内外の大学や企業、国際機関等から指導者を招いたり、国内外でのフィールドワークを通じて国際的な感受性を養う。
(2)課題探究型学習 探究応用 「問題解決力、多様性、実践力」
「個人探究」:「食料(日々の生活と切っても切り離せない「食」を通じて、北海道の身近なトピックスから、世界規模の問題を捉え、そして自らの関わり方を問い直す など)・観光・領土・戦後70年」を切り口とし、北海道が抱える課題を世界視点で考え、解決施策を策定する。生徒は個人の興味、関心に応じて個人研究テーマを選択し課題研究に取り組む。「グループでの探究」:同一テーマ毎にグループ単位で課題検討、分析、意見交換を行う。「外国人フィールドワーク」:フィールドワーク協力機関に出向き、意見交換を通じ問題解決型思考を研究する。
(3)課題探究型学習 探究発展 「情報発信力、交渉力、英語コミュニケーション力」
個人論文の策定を行う。語学力レベルに応じて、レベル①は英語論文、レベル②は日本語論文とする。英語力の差異により、①か②を選択。論文は、ロジカルライティング(自分の意見や主張を、相手にわかりやすく伝えるための文章作成法)を意識して策定。各種コンクールに応募、学内発表、学外発表の実施。卒業論文の作成。
(4)課題探究評価 「パフォーマンス評価」の研究
課題探究研究(思考・判断・表現など)の質的評価検証プログラムの研究、開発。

学園ホーム高等学校ホーム > SGH

台湾来校学交流活動(全4回)

1回:平成27423日(木)/ 2回:平成27430日(木)

3回:平成2757日(木)/ 4回:平成27530日(木)

本日の研究テーマ

  1. ジェネリックスキル研究
  2. 研究視点
    台湾来校学校交流活動を通じて、グループによるクリティカルシンキング(批判的思考実践)・ロジカルライティング(論理表現力の基本概念である「メッセージ」)およびコミュニケーション実践研究

1.実施内容

台湾交流授業準備

第1回目は、5月21日(木)に来校する大安高級工業職業学校の方に日本の文化をどのように紹介するかをクラスごとに交流テーマを話し合い、下記のように決定しました。

1年8組               :北海道の観光、お土産について

1年9組               :日本の大学入学試験の紹介

1年10組             :本校の紹介

各クラスの持ち時間を10分とし、パワーポイントを用いて英語で紹介することになります。どのような内容をどのように紹介するのかを各クラス真剣に話し合っていました。

グループでの議論を行おうとする姿勢は意識的ではありましたが、不慣れな面もあり探究的な活動にはなかなかならず、経験不足を感じました。

第2回目は、前半は前回に引き続き、班ごとに定められたテーマの発表準備を行い、後半の時間は各クラスの進捗状況と課題の発表を代表者が行いました。

調べ学習の領域を抜け出せていない状況があり、主張したいことのメリハリがついていない班が目立ちました。

第3回目は、前半は発表用のプレゼンを準備し、後半は発表の時間としました。第3回目の時間に各グループが発表した内容は下記の通りとなります。

【北海道の観光と土産品(1年8組)】

構想は、道南、道東と地域を分割して、それぞれの地域の観光特色を紹介しようと工夫がなされていました。また、台湾では雪が降らないことから、雪をテーマとして紹介する工夫を考えていました。英語での紹介も準備していましたが、パワーポイントの準備は遅れていました。発表の期日を考慮し、計画を立て、全体を動かせるようになる必要があると感じました。

【日本の大学入試制度(1年9組)】

日本の大学の仕組みを説明しようとしていましたが、紹介程度で終わっていました。生徒も、工夫が不足していることを理解しており、教員に指導を求める姿もあり、徐々に前向きな活動となってきました。

【本校の紹介(1年10組)】

日本大学の付属高校であることの紹介をしていましたが、その設立時代の日本の歴史に触れる探究が必要であるとアドバイスしました。本校の紹介では、教育内容や行事の説明が中心であったため、紹介に留まらず、日本の高校生活や中高一貫教育の体験をまとめるような工夫になるようにアドバイスしました。

最後に全体を通じて、生徒に意見を求めました。プレゼンの発表の仕方についての意見は出されましたが、内容についての意見がなかったので、多面的な意見交換や物事の見方ができるようにすることが、今後の課題であると感じました。

2.実施結果

大安高級工業職業学校を招いての交流活動後、ブレインストーミングを行いました。

【今回のブレインストーミングの進め方】

①15分  個人で課題と改善策を検討

              カードに記入し共有する方式を採用

②15分  グループ内で課題の発表

③10分  グループ内課題と改善策研究

④10分  グループ内発表準備

⑤グループごとに全体発表

下記のような意見が生徒から出されました。

  • 発表者のベースで考えてパワーポイントなどを作成したので、相手とのコミュニケーションができたのかどうか不安だった。
  • 日本の文化を主として発表したが、台湾文化との比較を含め話した方がよかったのではないか

いずれも、相手の立場を理解しようとする気持ちが表れていた。

自由交流時間では、本校生徒がゲストを接客するスタイルで学校内を散策を行った。両校生徒による、メールアドレスの交換や今後の交流を約束した生徒も8組程度現れた。また、積極的にメールアドレスの交換に挑戦した様子が伺えた。積極的に交流をしようとする生徒が多くみられた点は大きく評価できる。また、短時間の中で準備をし、交流を迎えたが、その中にもリーダー的に取りまとめや準備に参画した生徒が芽生えた。また、当日の運営も生徒が主体となって実施したことで、積極的な姿勢が現れ始めた。今後、このような生徒を伸ばし、また、増やしていくような活動にしていきたい。

 

オリエンテーション

平成27年4月9日(木) 5・6時間目オリエンテーション

本日の研究テーマ

  1. オリエンテーション
  2. 研究視点
    1. スーパーグローバルハイスクールの理解
    2. 課題への取り組み
      1. 社会事例を紹介し、社会における意味づけ
      2. 題を発見する方法の事例を通じ、多様性の意味づけ

1.実施内容

スーパーグローバルハイスクールについて

SGHを展開する目的、事業の内容などについて、生徒に説明を行い、研究授業の意識を持たせることを目的に、SGHの説明を行いました。また、探究授業はパフォーマンス評価で行うことを予定していることを説明し、評価と授業への取り組み姿勢などの積極性を研究することも告知しました。

生徒はメモなどを取りながら、真剣に耳を傾けていました。

 

課題発見トレーニング

 企業の課題をサービスに転化した事例として、ヤマト運輸の宅配伝票の事例を紹介し、企業が課題収集やアイディアを集めている事例として、お菓子メーカーの製品のパッケージを利用して、お客様相談センターの意義を紹介しました。

 テーブル(3名)毎に課題を考えさせ、テーブル単位で発表を行いました。

台湾来校交流活動について

 5月21日に「大安高級工業職業学校」の生徒が来校し、交流会を行うことを説明し、本校のおもてなしとして、歓迎セレモニー・日本文化体験・日本文化紹介の3点を準備していくことを伝えました。

 日本文化紹介では、クラス毎に与えられたテーマについて英語でプレゼンテーションを行うことを説明しました。

 

2.結果

アンケート結果

SGH事業の目的、目標、行動指針の意識付けについて、説明した内容をどの程度理解しているかを「アンケート」調査を行いました。

生徒の感想

  • 今回のオリエンテーションを終えた感想を自由記述で書いた結果の一部を紹介します。
  • まだ始めたばかりなので、何とも言えない。外国人との交流は非常に楽しみにしています。
  • 評価の方法も違うので、受動的ではなく自主的にがんばりたい。
  • 良い取り組みだと思います!私個人的にはグローバル人材になりたいと思って、やる気があります!
  • 外国人とたくさん交流したいです。
  • 今後、世界で仕事をするなら必要だと思う。
  • 色々な事を考えることができる大切な時間となるので楽しみです。
ページの先頭へ

<フィールドワーク・大会参加> <講演・交流活動> <授業> <SGH通信(準備中)>