SGH
SGH活動のトップへ SGH活動
フィールドワーク・大会参加
講演・交流活動
授業
SGH通信(準備中)

SGHの目的

今日の世界においては、社会、経済、文化のグローバル化が急速に進展し、国際的な流動性が高まっている。また、科学技術の急速な進歩と社会の高度化、複雑化や急速な変化に伴い、過去に蓄積された知識や技術のみでは対処できない新たな諸課題が生じている。これらに対応していくため、世界と競える新たな知識や専門的能力を持った人材が求められていることから、21世紀の社会状況を展望し、激動する国際社会で活躍するグローバル・リーダーとなるべく素養をもった人材の育成を研究開発の目的とする。

本校のSGHの研究課題

北海道の産業課題を世界視点で捉え、解決に導くグローバル人材育成。

本校のSGHの概要

国際化を推進する大学・官公庁・民間企業と連携し、国際教養を身につけながら、産業、環境、社会における『未来の北海道の姿』をテーマとして、「課題の設定」・「調査(フィールドワーク)」・「仮説・分析」・「まとめ・表現・発信」の研究を行ない、国際舞台で主体的に活躍する全人的グローバル・リーダーを育成。

課題研究内容

世界の仕組みを理解し、課題を見つけ、多様性ある思考、行動のもと、課題解決に導く決断ができる人材を育成するための課題探究型教育研究と評価システムを研究すること。
(1)課題探究型学習 探究基礎 「情報の収集力、分析力、考察力、想像力」
ジェネリックスキルを基本に、異文化に対する理解力と寛容性を養う研究を行なう。国内外の大学や企業、国際機関等から指導者を招いたり、国内外でのフィールドワークを通じて国際的な感受性を養う。
(2)課題探究型学習 探究応用 「問題解決力、多様性、実践力」
「個人探究」:「食料(日々の生活と切っても切り離せない「食」を通じて、北海道の身近なトピックスから、世界規模の問題を捉え、そして自らの関わり方を問い直す など)・観光・領土・戦後70年」を切り口とし、北海道が抱える課題を世界視点で考え、解決施策を策定する。生徒は個人の興味、関心に応じて個人研究テーマを選択し課題研究に取り組む。「グループでの探究」:同一テーマ毎にグループ単位で課題検討、分析、意見交換を行う。「外国人フィールドワーク」:フィールドワーク協力機関に出向き、意見交換を通じ問題解決型思考を研究する。
(3)課題探究型学習 探究発展 「情報発信力、交渉力、英語コミュニケーション力」
個人論文の策定を行う。語学力レベルに応じて、レベル①は英語論文、レベル②は日本語論文とする。英語力の差異により、①か②を選択。論文は、ロジカルライティング(自分の意見や主張を、相手にわかりやすく伝えるための文章作成法)を意識して策定。各種コンクールに応募、学内発表、学外発表の実施。卒業論文の作成。
(4)課題探究評価 「パフォーマンス評価」の研究
課題探究研究(思考・判断・表現など)の質的評価検証プログラムの研究、開発。

学園ホーム高等学校ホーム > SGH

北方領土問題

平成27年6月4日(木) / 平成27年6月18日(木)

本日の研究テーマ

  1. 北方領土問題を考える
  2. グループワーク(5~6名)
    「自分たちが外交交渉の当事者だとしたら」という仮定のもと、北方領土問題について解決に向けての方針作成

1.実施内容

北方領土問題を考える

北方領土の名称・位置などの基礎的なデータについて、またビザなどの基本的な用語について全体に確認し、北方領土問題の現在について、最近の新聞記事(ビザなし渡航関連)を読ませた上で考察させ、疑問や自分の意見を書かせました。

北方領土問題を理解する糸口として、北方領土をとりまく歴史について概観しました。アイヌが住んでいた時代からはじめ、ロシアと日本の国境の変遷について、日露間に結ばれた条約の条文の内容を実際に読み取らせた上で、ワークシートに記入させながら、理解を深めました。次に、第二次世界大戦末期のソ連軍の侵攻とその後の占拠について、ワークシートの地図を見ながら確認させ、サンフランシスコ平和条約の内容を確認し、北方領土問題に対する日本政府の基本的な立場について説明しました。

北方領土問題における日露双方の主張と歴史上のその根拠を示しながら、まとめの説明をした後、ソ連崩壊後のビザなし渡航などの日露間の交流についても言及し、冒頭の新聞記事の解説を改めて行い、現状に対する理解を深めさせました。

基本的な知識も身についていない生徒や領土問題の内容が理解できていない生徒が多く、また、新聞記事を読み解く知識が少ないと感じました。

グループワーク

前回、個人の作業を中心として確認した北方領土をとりまく歴史や、北方領土問題における日露双方の主張とその根拠を踏まえ、ワークシートにまとめました。その後、個人で論点・問題点を書き出したワークシートを持ち寄り、グループで話し合いをすすめ、グループ内の共通認識をつくらせました。

次に、もし「自分たちが外交交渉の当事者だとしたら」という仮定のもと、解決可能な方法を話し合わせました。グループごとに「解決に向けての方針」のレポートをまとめました。

2.実施結果

5~6人のグループに分かれて、もし「自分たちが外交交渉の当事者だとしたら」という仮定のもと、解決可能な方法を話し合わせました。グループごとが考えた「解決に向けての方針」のレポート内容の一部を紹介します。

【F班】

現在、ロシアが同意している歯舞群島及び色丹島の返還のうち、ロシア人の住民が1人もいない歯舞諸島のみの返還を求める。それに加えて、日本人の北方領土移住の際の規制を緩和し、特に北方領土に元々住んでいた人々の移住を優先的に認めてもらう。日本は返還と緩和の代わりに、北方領土でのロシアの主権を認める。

【H班】

長年堅持してきた四島返還という条約締結の前提条件を廃止し、色丹島、歯舞群島の二島返還という条件に変更する。そして、色丹島において漁業機械の国営工場を設立し、ロシアの領土となった択捉島、国後島でのロシアの漁業現場に対して、技術輸出をし、新しい関係を確立する。

【I 班】

北方領土を独立させて新しい国を作る。住みたい人が住めるようにする。そうすれば、日本は、もともとの住民が戻れるという利点、ロシアは、今住んでいる人が立ち退かずにいられるという利点がある。また、それによって、北方領土にある自然資源や海産資源は輸入を通じて共有することができ、また、新しい国も交易が栄えるという利点が生まれる。

オーストラリア姉妹校短期留学

平成27年6月29日(月)

オーストラリア姉妹校であるイラワラグラマースクールの生徒21人が6月29日から7月2日までの4日間来校し、ホストファミリーとして、留学生を受け入れました。

1.日程

6月29日 札幌見学・本校キャンパスツアー

6月30日 授業参加

7月1日 小樽見学

7月2日 帰国

2.交流事業

SGHクラスの生徒を中心に、留学生をホストファミリーとして受け入れ、4日間と短い期間ですが、学校内ではホストを務め、放課後は家庭に招き、交流を深めました。

6月29日のキャンパスツアーでは、本校の施設や行事の紹介や日本の高校教育のカリキュラムなどを説明をしました。6月30日は授業に参加し、日本の教育に触れ、授業の内容などを熱心に通訳をしていました。また、7月1日の小樽見学にも同行し、観光地としての小樽を紹介しました。

大安高級工業職業学校との交流事業

平成27年5月21日(木)

本日の研究テーマ

  1. ジェネリックスキル研究
  2. 研究視点
    台湾来校学校交流活動を通じて、グループによるクリティカルシンキング(批判的思考実践)・ロジカルライティング(論理表現力の基本概念である「メッセージ」)およびコミュニケーション実践研究

1.実施内容

台湾の台北市にある大安高級工業職業学校の生徒27名・教員3名が来校し、SGH対象クラスである一貫コース高校1年生69名、吹奏楽部・茶道部が交流事業に参加しました。

台湾交流事業の日程は下記の通りです。

9:30                大安高級工業職業学校来校

9:50~10:40    歓迎セレモニー

10:50~12:40  日本文化体験(茶道体験・書道体験)

12:40~13:20  昼食

13:20~16:00  交流事業

16:00              大安高級工業職業学校見送り

1.歓迎セレモニー

(1)札幌日本大学高等学校吹奏楽部による歓迎演奏

歓迎セレモニーは札幌日本大学高等学校吹奏楽部による歓迎演奏から始まりました。本校の吹奏楽部は3年連続全国大会に出場し、上位入賞する力を持つ部活動です。今回の交流事業のため、とても迫力のある楽しい演奏を披露しました。

(2)両校校長からの挨拶

本校校長から台湾語を交えた歓迎のあいさつが送られました。大安学校校長からは通訳を通して、台湾語でのお礼の挨拶をいただきました。

 

(3)両校代表生徒による挨拶

本校生徒代表による英語での歓迎の挨拶、大安学校生徒代表によるお礼の挨拶がともに英語で行われました。台湾では日常、台湾語を使用しますが、この日は交流の際の言語として、英語で挨拶を行いました。

(4)両校校長による交流事業を記念して、記念品の交換

両校校長による交流事業を記念して、友好の証に記念品の交換が行われました。

 

 

2.日本文化体験

日本文化体験では、茶道と書道を体験してもらいました。歓迎セレモニー終了後、場所を茶道室に移し、本校の外部講師として茶道部を指導している茶道の先生と本校茶道部の生徒が茶道でおもてなしをしました。大安学校の生徒は和風の茶道室の中、慣れない正座をして座り、緊張した様子で茶道室を眺めていました。茶道部生徒から花を模した和菓子が配られ、おいしく頂いた後、目の前でお茶を立てる姿を披露し、お茶が配られました。茶道独特の厳かな雰囲気に圧倒されながらお茶を飲みましたが、口々に「おいしい」という言葉が飛び交い、おかわりをする生徒もいました。その後、視聴覚室へ移動し、日本の茶道を紹介する映像を鑑賞し、茶道体験を終了しました。

次に書道室へ移り、書道体験を行いました。台湾でも書道は経験していましたが、日本文化体験として、扇子にひらがなで「かんしゃ」と書いてもらいました。漢字と違い、ひらがなの曲線や柔らかいタッチに戸惑いながらも、まずは半紙に「かんしゃ」の字を何度も練習し、最後は緊張しながら扇子に「かんしゃ」と書いていました。最後に茶道の先生から日本語で「かんしゃ」とは、相手に「ありがとう」の気持ちを表すとてもすばらしい言葉、「かんしゃ」の気持ちを大切にしてくださいと話し、台湾の生徒は日本語の「かんしゃ」という言葉を覚えて帰りました。

 

3.交流事業

(1)両校によるプレゼンテーション

本校生徒によるプレゼンテーションでは、3クラスが各テーマを定めたプレゼンテーションを英語で発表しました。

①札幌日本大学中学・高等学校の紹介

②北海道の観光地及び北海道のお土産品についての紹介

③日本の大学について紹介

来校する台湾の方が何に興味を持ち、何を知りたいのかを考え、どのように伝え、パワーポイント用いてどのように見せるかを試行錯誤し、最後は英語に直して、発表の練習を重ねてきました。

プレゼンテーション準備の様子はこちら

 

大安学校によるプレゼンテーションでは、大安高級職業学校の紹介、台湾の食文化、観光地の紹介を中心に、パワーポイントを使いながら、工夫した紹介が行われた。

(2)両校生徒によるお土産の交換

両校生徒によるお土産の交換では、本校からは北海道の風景が描かれた水彩画のポストカード、大安学校からは、台湾の名産のお菓子などが贈られました。

次の日、生徒からはすごくおいしいお菓子だったと評判でした。

(3)学内見学

両校5つのグループに分かれ、本校生徒が、大安学校の生徒を連れて、学内を案内しながら、交流を深深めました。活発に交流を深めるグループ、緊張気味なグループもありましたが、両校生徒の積極的な姿が見受け、笑顔で会話をする姿や、記念写真を撮ったり、ダンスを教わったりと交流を深める有意義な時間となりました。

2.実践結果

交流活動前、事前にインタビューしたい内容を5つ決め、今回の活動レポートに記入させました。交流活動終了後のインタビュー結果のいくつかを紹介します。

Q将来つきたい仕事はなんですか?

「決まっていません」と答える生徒が多かったようです。

Q日本で一番興味のあるものは何ですか

「アニメ」と答える生徒が多く、改めて日本のアニメが世界に広がっていることを感じました。

Qどのような日本食が台湾ではよく食べられていますか

「刺身」、「すし」予想通り、根強い人気があるようです。

Q台湾と日本の違いで驚いたことはありますか?

「教室や学校がきれいなところ」多くの生徒がこの質問をして、同じ答えが返ってきたようで、みんな驚いていました。

コミュニケーションがうまく取れず、インタビューできなかった生徒やインタビューをしても英語が通じず、質問の内容を理解してもらえなかった生徒が多く見受けられましたが、一つも質問ができなかった生徒はほとんどいなかったようです。

今回の台湾交流事業の感想を紹介します。

  • 台湾の学校は日本の学校よりも自由に感じた。
  • 高級職業学校という学校は具体的にもっとどのような活動をしているか気になった。
  • 違う国の人でも積極的に話すことは大切だなと思った。
  • 英語を勉強しているからといって、お互いにスラスラと話し合えるようになるにはまだまだ経験が足りなかった気がする。
  • 人見知りをあまりしていなかった
  • 「扇子」って書いて、「シャンズ」と読むらしく、発音もほとんど同じという言葉がいくつかあって、日本語と中国語もやっぱり同じ系統の言語なんだなと思った。
  • 日本よりも温かい(気持ち)印象だった。
  • 言葉がうまく話せなくても、手振り身振りでもけっこう伝わるということに驚いた。
  • 日本とのつながりを良く知ることができた。
  • 他国の文化を知るためには、まず、日本の文化をもっと深く知らなければならないと思った。
  • 共通語を話せば例え育ちが違う国でも、しっかり話せると改めて感じることができた。
  • もっとたくさん他の国とも交流をしたいと思った。

SGH事業として、初めての外国人との交流を行い、普段の生活では感じることのできない、異文化に触れ、そこから改めて自国の文化についても再確認をすることができた生徒が多数いました。また、コミュニケーションがうまくとれない生徒も多く、言語能力だけの問題ではなく、自分の意見や考えを伝えようとする気持ちコミュニケーションを積極的に取ろうとする意欲をもっと養う必要があると強く感じました。

ページの先頭へ

<フィールドワーク・大会参加> <講演・交流活動> <授業> <SGH通信(準備中)>