SGH
SGH活動のトップへ SGH活動
フィールドワーク・大会参加
講演・交流活動
授業
SGH通信(準備中)

SGHの目的

今日の世界においては、社会、経済、文化のグローバル化が急速に進展し、国際的な流動性が高まっている。また、科学技術の急速な進歩と社会の高度化、複雑化や急速な変化に伴い、過去に蓄積された知識や技術のみでは対処できない新たな諸課題が生じている。これらに対応していくため、世界と競える新たな知識や専門的能力を持った人材が求められていることから、21世紀の社会状況を展望し、激動する国際社会で活躍するグローバル・リーダーとなるべく素養をもった人材の育成を研究開発の目的とする。

本校のSGHの研究課題

北海道の産業課題を世界視点で捉え、解決に導くグローバル人材育成。

本校のSGHの概要

国際化を推進する大学・官公庁・民間企業と連携し、国際教養を身につけながら、産業、環境、社会における『未来の北海道の姿』をテーマとして、「課題の設定」・「調査(フィールドワーク)」・「仮説・分析」・「まとめ・表現・発信」の研究を行ない、国際舞台で主体的に活躍する全人的グローバル・リーダーを育成。

課題研究内容

世界の仕組みを理解し、課題を見つけ、多様性ある思考、行動のもと、課題解決に導く決断ができる人材を育成するための課題探究型教育研究と評価システムを研究すること。
(1)課題探究型学習 探究基礎 「情報の収集力、分析力、考察力、想像力」
ジェネリックスキルを基本に、異文化に対する理解力と寛容性を養う研究を行なう。国内外の大学や企業、国際機関等から指導者を招いたり、国内外でのフィールドワークを通じて国際的な感受性を養う。
(2)課題探究型学習 探究応用 「問題解決力、多様性、実践力」
「個人探究」:「食料(日々の生活と切っても切り離せない「食」を通じて、北海道の身近なトピックスから、世界規模の問題を捉え、そして自らの関わり方を問い直す など)・観光・領土・戦後70年」を切り口とし、北海道が抱える課題を世界視点で考え、解決施策を策定する。生徒は個人の興味、関心に応じて個人研究テーマを選択し課題研究に取り組む。「グループでの探究」:同一テーマ毎にグループ単位で課題検討、分析、意見交換を行う。「外国人フィールドワーク」:フィールドワーク協力機関に出向き、意見交換を通じ問題解決型思考を研究する。
(3)課題探究型学習 探究発展 「情報発信力、交渉力、英語コミュニケーション力」
個人論文の策定を行う。語学力レベルに応じて、レベル①は英語論文、レベル②は日本語論文とする。英語力の差異により、①か②を選択。論文は、ロジカルライティング(自分の意見や主張を、相手にわかりやすく伝えるための文章作成法)を意識して策定。各種コンクールに応募、学内発表、学外発表の実施。卒業論文の作成。
(4)課題探究評価 「パフォーマンス評価」の研究
課題探究研究(思考・判断・表現など)の質的評価検証プログラムの研究、開発。

学園ホーム高等学校ホーム > SGH

国際教養大学フィールワーク振り返り

平成27年08月20日(木)/ 平成27年08月27日(木)

 平成27年09月03日(木)

本日のテーマ

  1. 異文化理解
    国際教養大学フィールドワーク前半日程で参加したグループの成果物を通して、知識の共有と問題点や改善点など意見共有
  2. クリティカルシンキング
    国際教養大学フィールドワーク後半日程で参加したグループの成果物を通して、知識の共有と問題点や改善点など意見共有

1.実施内容

8月20日(木)

国際教養大学フィールドワークにおいて、前半日程(8/2~8/5)のA団は、留学生へのインタビューをもとに、異文化理解・比較・異文化紹介を重点テーマとしたプレゼンを準備し、発表しました。後半日程(8/9~8/12)のB団は、クリティカルシンキングを重点テーマとしたプレゼンを発表しました。共に英語での発表を行いました。

国際教養大学で発表したプレゼンの動画を6グループ分見た後、1グループごとに時間をとり、気付いた点について発言させ、問題点や改善すべき点について、率直に意見を出し合わせて共有させました。また、教員からもプレゼンの内容について質問し、「気づき」を促すと同時に、重要な点についてはグループ内で話し合わせ、掘り下げて考えさせました。

8月27日(木)

前週に引き続き、秋田国際教養大学における国内フィールドワークの最終プレゼンテーションの動画を6グループ分見せ、プレゼンの問題点や改善すべき点について、考えさせました。

9月03日(木)

前週までに動画を見ての振り返りを終えた国際教養大学フィールドワークについて、グループごとに分かれ、出された問題点等を踏まえて振り返りの資料を作成させました。形式は自由とし、グループごとに壁新聞やパワーポイント資料などさまざまな形式でまとめました。

国際教養大学フィールドワーク

第1グループ 平成27年8月2日(日)~平成27年8月  5日(水)

第2グループ 平成27年8月9日(日)~平成27年8月12日(水)

フィードワークテーマ

  1. スーパーグローバル大学に指定されている大学との連携授業・研究
  2. 留学生へのフィールドワーク(課題調査)を実施
  3. 国際教養大学の教授による、グローバル化時代の対応力などの講演の聴講。
  4. 国際教養大学学生、留学生とグループを形成し、コミュニケーション能力の育成

1.実施内容

概要

 平成27年8月2日(日)~5日(水)、8月9日(日)~12日(水)に、SGHフィールドワークとして、スーパーグローバル大学に指定を受けている国際教養大学に、高校1年生68名が訪問しました。交流の目的は、様々な大陸からの留学生への本校の研究課題である北海道の観光事業の課題インタビューや北海道への観光意識調査などでした。生徒は英語を最大限使い、意思の疎通を図っていました。また、2泊3日のグループワークでは、留学生、大学院生、学部生の皆さんと探求学習に取り組んでいました。大学で準備していただいた、英語コミュニケーション、英語プレゼンテーションにより、積極的に英語を使って会話する力を培うことができました。最終プレゼンテーションでは、今回で学んだことが随所に反映されており、一人ひとりのプレゼンテーション力が確実に向上していました。

プログラム内容

  1. ウォームアップ・留学生へのインタビュー活動 
  2. インタビューのまとめプレゼンテーション 
  3. プレゼンテーションの基本スキル 
  4. 自分の知っている英語で伝える 
  5. 批判的思考( Critical Thinking )の基本スキル
  6. 効果的なプレゼンテーションをおこなうためのスキル

 

2.活動の様子

1日目

初日、はじめは緊張した面持ちの生徒が多いようでしたが、アドバイザーの大学院生・大学生、及び留学生の皆さんの真剣かつ親切な対応と、ブレイク中の気さくな様子により、すぐに打ち解け、魔法をかけられたかのように前向きに取り組むようになりました。内田先生やアドバイザーの方々からは、「自分の知っている単語を用いて、相手に伝えよう」というシンプルなメッセージが、ことばを変えて繰り返されました。キャンパスツアーや体育館でのアクティビティも組み込まれており、自然に楽しく英語をコミュニケーションの道具として使えるようにするプログラムでした。

2日目

 2日目、いざ留学生にインタビューをする時間になると、想定してきた質問すら思うように出てこず、悪戦苦闘していました。SGHの事前学習では、留学生のインタビューを通じて異文化理解を進め、「北海道の観光と産業」などの探究テーマに結びつけようという狙いのもとに質問を練ってきましたが、思うようにコミュニケーションが取れない生徒が多く見受けられました。そして、インタビューの内容をもとに留学生を紹介する「プチ・プレゼン」では、人前で発表することの難しさも痛感することになりました。その後、プレゼンの手法を学ぶとともに、さらに掘り下げた形で2度目のインタビューに臨む頃になると、生徒から楽しく積極的にコミュニケーションを取る姿が見られるようになりました。留学生の母国の言語・宗教、風土や生活習慣などを題材に、日本の文化との比較を試み、表現するのに苦心する班もありましたが、アドバイザーの方々の献身的なサポートもあり、発表資料の作成を含め、限られた時間で仕上げることができました。

3日目

 3日目、いよいよ発表本番を迎えました。各班ともに、前日とは打って変わった堂々とした発表を披露。SGHテーマの探究成果と同時に、英語によるコミュニケーション力・プレゼン力においても、飛躍的な進歩をとげることができました。今後のSGHの活動に向けて、基礎となる積極性などを養う貴重なきっかけとすることができました。

 

3.実施結果

フィールドワークを終えた生徒のレポートから

  • 今回のフィールドワークで留学生との交流やプレゼンテーションを通して、積極性が身についたと思います。
  • グローバルリーダーとはどういうものどういう思考をしていくのか考える良い機会になった。
  • 留学生の言葉を理解できたことが嬉しかった。
  • 最初は不安だったのですが、自分の知っている英語で話したら通じて、おもしろくて楽しくて3日間あっという間に過ぎて、英語は楽しい!と思いました。本当に充実したフィールドワークでした。
  • 北海道のイメージは食べ物がおいしいということと雪祭り、この2つがほとんどだった。観光を考えるときに、こういったなまの情報を役立てようと思った。
  • 批判的思考力が日本人に欠乏しているとされるその根本原因と改善策をもっと学びたくなった。
  • 日本と外国との考え方の違いをもっと学びたくなった。
  • プレゼンテーションをするときどうしたら聴衆をひきつけることができるのか深く考えるきっかけになった。
  • 1つの物事について多面的な見方をすることを学んだ。
  • 内田先生の授業は面白く、そして深く、中にのめりこむような授業でした。
  • 留学生の方は感情表現が豊かで、初対面の私達にも積極的に話しかけてくれたことが印象深かったです。
  • 日本のように6・3・3年の教育システムの国ばかりではないことを知りました。
  • 留学生の中には観光という点で北海道に並々ならぬ興味を抱いている人がいた。広報活動をうまくやるともっと北海道に来てもらえる可能性があると感じた
  • 秋田国際教養大学の学生さん達のコミュニケーション力や積極性などの能力の高さに感銘を受けました。

 レポートから生徒各々、とても刺激的で充実したフィールドワークだったことが読み取れます。これからの生活にとても大きな財産となりました。

講演「北海道の経済状況と観光業について」

平成27625日(木)

本日の研究テーマ

  1. 北海道の経済状況について、各種産業分野を題材に課題と今後の展望について
  2. 北海道の対諸外国に対する観光誘致活動の現状と課題及び今後の展望について

1.講演者紹介

北海度観光振興機構 事業企画推進部 

  国際プロモーショングループ リーダー 福士 裕紀展 氏

北海道経済部観光局

  主任 嘉屋 潤一 氏

2.講演内容

第一部 北海道の経済状況について

 北海道は農業と行業が全国1位のため、第一次産業が基幹産業になっているが、その逆の第2次産業が弱い状況にあることやリーマンショックで景気が後退し、近年またプラス成長を遂げているところであるが、ここ10年のうち半分はマイナス成長という状況になっていることなどの説明をいただきました。また、全国の水産生産量は全国の4分の1、農業生産量の8分の1を北海道が支えているが、農家戸数と農家人口は激減している現状であること、北海道の1世帯当たりの1カ月の平均収入額は全国平均を下回っているが、近年少し回復の兆しが目得る状況があることなどを表や統計などを用いて解説いただきました。

第二部 北海道の外国人観光客誘致施策について

人口減少・少子高齢化が進む中、観光は地域消費の拡大、雇用の維持・創出など幅広い経済効果や地域活性化に大きな役割を果たしていることや観光は宿泊業や旅行業のみならず、JRやバスなどの運輸関係、食事に関する農業・漁業、また小売業などとも密接に係わっているため、その経済波及効果は高く、観光が地域経済に及ぼす影響は大きいことについて説明をいただきました。また、平成25年度の北海道の観光客は約9割が道内客であり、道外客は約1割にとどまり、外国人観光客は全体の約2%であること、観光客を増やすことによって地域経済を活性化させようというのが観光の大きな狙いであるなど興味深いお話を聞くことができました。

2.講演結果

講演後に生徒が書いたレポートの一部を紹介します。

【講演を聞いて、調査したい内容は何ですか】

  • フランスやアメリカなどの国が外国人旅行者のためにどんな取り組みをしているか、日本との違いを調べてみたい。
  • なぜ、アジアからの外国人観光客が急に増えた理由を調査したい。
  • 外国人観光客が日本に来た時、何を求めて、何に不満・不安を抱いているかを調査したい。
  • 外国にいる日本人、日本にいる外国人は互いの国をどう思っているのか調査したい。
  • 外国人観光客は日本人や日本の観光客向けサービスをどう思っているか調べたい。
  • 高齢化、少子化が北海道に与える影響について調査したい。

【講演を聞いて、問題として考えていきたいことは何ですか】

  • 陸続きではない日本がどのようにして、観光客を増加させていくのかを考えたい。
  • 北海道の農業・水産業の後継者不足をどのように解消できるかを考えていきたい。
  • 外国人誘致に向けてこれから必要な改革を考えたい。
  • 道央に50%も事業所が集中している。北海道はひろいので仕方がないが、集中しすぎると格差が生まれるので、第2・3の都市を作ればよいのではないかと思う。
  • 製造業が道央で50%を占めている。道央以外でも働きやすい環境を作るべきだと思う。
  • 文化の違いをどう乗り越えて観光客を集めていけるかを考えたい。
  • 北海道の人口流出はどのようにして止めるべきかを考えていきたい。
ページの先頭へ

<フィールドワーク・大会参加> <講演・交流活動> <授業> <SGH通信(準備中)>