SGH
SGH活動のトップへ SGH活動
フィールドワーク・大会参加
講演・交流活動
授業
SGH通信(準備中)

SGHの目的

今日の世界においては、社会、経済、文化のグローバル化が急速に進展し、国際的な流動性が高まっている。また、科学技術の急速な進歩と社会の高度化、複雑化や急速な変化に伴い、過去に蓄積された知識や技術のみでは対処できない新たな諸課題が生じている。これらに対応していくため、世界と競える新たな知識や専門的能力を持った人材が求められていることから、21世紀の社会状況を展望し、激動する国際社会で活躍するグローバル・リーダーとなるべく素養をもった人材の育成を研究開発の目的とする。

本校のSGHの研究課題

北海道の産業課題を世界視点で捉え、解決に導くグローバル人材育成。

本校のSGHの概要

国際化を推進する大学・官公庁・民間企業と連携し、国際教養を身につけながら、産業、環境、社会における『未来の北海道の姿』をテーマとして、「課題の設定」・「調査(フィールドワーク)」・「仮説・分析」・「まとめ・表現・発信」の研究を行ない、国際舞台で主体的に活躍する全人的グローバル・リーダーを育成。

課題研究内容

世界の仕組みを理解し、課題を見つけ、多様性ある思考、行動のもと、課題解決に導く決断ができる人材を育成するための課題探究型教育研究と評価システムを研究すること。
(1)課題探究型学習 探究基礎 「情報の収集力、分析力、考察力、想像力」
ジェネリックスキルを基本に、異文化に対する理解力と寛容性を養う研究を行なう。国内外の大学や企業、国際機関等から指導者を招いたり、国内外でのフィールドワークを通じて国際的な感受性を養う。
(2)課題探究型学習 探究応用 「問題解決力、多様性、実践力」
「個人探究」:「食料(日々の生活と切っても切り離せない「食」を通じて、北海道の身近なトピックスから、世界規模の問題を捉え、そして自らの関わり方を問い直す など)・観光・領土・戦後70年」を切り口とし、北海道が抱える課題を世界視点で考え、解決施策を策定する。生徒は個人の興味、関心に応じて個人研究テーマを選択し課題研究に取り組む。「グループでの探究」:同一テーマ毎にグループ単位で課題検討、分析、意見交換を行う。「外国人フィールドワーク」:フィールドワーク協力機関に出向き、意見交換を通じ問題解決型思考を研究する。
(3)課題探究型学習 探究発展 「情報発信力、交渉力、英語コミュニケーション力」
個人論文の策定を行う。語学力レベルに応じて、レベル①は英語論文、レベル②は日本語論文とする。英語力の差異により、①か②を選択。論文は、ロジカルライティング(自分の意見や主張を、相手にわかりやすく伝えるための文章作成法)を意識して策定。各種コンクールに応募、学内発表、学外発表の実施。卒業論文の作成。
(4)課題探究評価 「パフォーマンス評価」の研究
課題探究研究(思考・判断・表現など)の質的評価検証プログラムの研究、開発。

学園ホーム高等学校ホーム > SGH

北海道の観光 パネルディスカッション

平成27年11月26日(木)

本日の研究テーマ

  1. 異文化理解
  2. 国際化とグローバル化の違い
  3. パネルディスカッション

1.講演者紹介

北海道大学 観光学高等研究センター

 特任准教授 花岡 拓郎 氏

株式会社JTBコーポレートセールス 国際交流センター

 マネージャー 福原 恵子 氏

株式会社JTB キャリア教育事業室

 室長 大川 正勝 氏

株式会社JTB北海道 札幌教育センター

 マネージャー 武藤 航 氏

        秋元 智絵 氏

2.実施内容

講演

沖田副校長から11月25日(水)に配信されたネットニュースから「ユニクロの難民支援策 職業訓練や店舗での雇用拡大」が紹介されました。このニュースはユニクロの難民支援強化発表とそれに対する一般の人たちからの批判的な書き込みが話題となりました。この題材を通して、一つの事柄であっても、見る側面の違いや立場、文化の違いにより、これほど大きく見解に差が生じることを実際のニュースを通して紹介しました。

続いて、JTBの福原先生から異文化に関する講演をいただきました。パワーポイントを利用し、異文化世界で協働することはできるのか、異文化社会での交渉術、宗教を理解するとはどのようなことかなどを異文化理解について話されました。生徒たちは来年2月にオーストラリアに研修旅行に行きます。そのため、オーストラリア研修旅行を視野に入れて、コミュニケーションとは何か、初対面の人との印象の作り方、ホストの人々との関係の作り方など、生徒のアクティビティも行いながら具体的、実践的な内容で講演された。最後に、JTB 大川先生より、今日の世界でなくてはならない考え方「グローバル化」と「IT化」について、パワーポイントを用いて講演された。グローバル化と国際化の違い、労働の消滅、アップル社のビジネス、所得ピラミッド、日本人の賃金の高さなど、具体的かつ現実的な内容で行われました。

パネルディスカッション

「将来の北海道の観光」というテーマで、大川先生、福原先生、花岡先生、辻教諭と生徒たちの間でパネルディスカッションを行いました。これまでの学習内容と本日の講演を踏まえて、将来の北海道の観光についての意見交換を行いました。

 生徒からは北海道の自然を利用すること、移住を勧める観光、雪の輸出などが提案されました。花岡先生からは、「マイナスをプラスにする視点」を持とうという助言がなされました。福原先生からは函館での外国人観光客の除雪、JTB武藤氏からは羅臼でのバードウォッチング、沖田副校長からは資生堂のリップクリーム高校生モニター、アマゾンピラニアツアーなどの視点が紹介されました。

 これからの企画書の策定に活かしていくことのできる貴重なパネルディスカッションとなりました。

全日本高校模擬国連大会出場

平成27年11月14日(土) /平成27年11月15日(日)

大会概要

第1次選考

  • 【課題】:「異文化理解」に関する4つのレポート(英語課題1題・日本語課題3題)
  • 【選考チーム数】80チーム
  • 【選考結果発表】:2015年10月1日

全日本模擬国連大会

  • 【日時】:2015年11月14日(土)・15日(日)
  • 【場所】:国際連合大学
  • 【議題】:「国際移民」の問題に関する下記の3つ観点
         頭脳流出
         非正規移民
         困難に直面する移民の保護
  • 【概要】
    全国から第1次選考を通過した80チーム(2人1組)を40チームずつ会議Aと会議Bに分け、それぞれのチームが各国の代表として、与えられた議題について自国の利益と国際調和をはかり、政策を打ち立て、他国との交渉を通して会議の合意を決議という形で採択することを目指します。

大会当日

本校は会議Aのポルトガルの代表となりました。全国大会が決定した10月1日から1ケ月半もの間、ポルトガルの国際移民に関する歴史的背景や現状、進行中の政策や各国との関係などを調べながら、じっくりと時間をかけて、政策を考え大会に臨みました。

大会では、全国から有名な高校が多数参加しており、雰囲気にのみ込まれそうになりましたが、自分たちの政策とコンセンサスを同じくする国と地道に交渉を重ねながら、1日目には、7つのWorking Paper(公式作業文書)が提出され、そのうち本校も7カ国と共同でWorking Paperを提出することができました。2日目には、7つのWorking Paperのうち、3つが正式にDraft Resolution(決議案)として提出され、本校のWorking Paperもさらに協賛国を増やし、12カ国の共同でDraft Resolutionを提出することができました。その後の採決では、3つのDraft Resolutionのすべてが過半数の賛成を得て、可決されました。本校のDraft Resolutionは3つの中でももっとも多い賛成を得て、可決することができました。

大会に参加して、自分たちの力が通用する部分とまだまだ未熟な部分などを痛感し、また、交渉の仕方やリーダーシップの取り方なども学び、すごいと思える人と出会い、友達にもなれました。貴重な経験をし、多くの面で今後の成長の糧となる大会となりました。

北海道の観光に関する講演

平成27年10月29日(木) / 平成27年11月12日(木)

本日の研究テーマ

  1. 観光開発と社会問題
  2. 観光分野の国際協力
  3. 海外での観光開発の仕事

1.講演者紹介

北海道大学 観光学高等研究センター

 特任准教授 花岡 拓郎 氏

 特任助教  村上 佳代 氏

 学術研究員 福山 貴史 氏

2.実施内容

10月29日

発展途上国に於ける観光産業の起案を北海道大学観光高等研究センターで受託しており、その仕事をされている花岡先生のジンバブエ政府との協働開発の講義を実施しました。テーマは次の3点です。

  1. 観光開発と社会問題
    ・貴重な象やライオンを観光客がハンティングしてもいいのだろうか
    ・野生動物の暮らしと、周辺に暮らす人々の暮らしについて
    ・北海道の自然保護と観光はどういう状況なっているのか
  2. 観光分野の国際協力
    ・観光分野の国際協力について
    ・北海道大学が進めている観光分野の国際協力
    ・札幌日大高生は、どういう協力ができるだろうか
  3. 海外での観光開発の仕事
    ・海外での仕事の醍醐味と難しさ
    ・観光開発の面白さ
    ・私のキャリア、みんなのキャリアを考えるについて

 北海道大学の歴史・施設・スタッフなどの簡単な紹介がされた後、異国文化の紹介としてアフリカから中東諸国の挨拶の違いが、実演を通して講義されました。その後、ジンバブエの写真や映像を多数見ながら、「象と人間の共存」のために現地の観光業ではどのようなことがなされているのかを写真や映像を多数見ながら、ところどころで現地での象の増加対策として何が考えられるか等といった質問を投げかけ、生徒が自分の考えを発表する時間が設けられました。特に自然界におけるその資質を利用しながら、観光産業を作り、人を集客するノウハウの構築や現地の住民への意識付けなど、幅広い活動を紹介されました。

11月12

発展途上国に於ける観光産業の起案を北海道大学観光高等研究センターで受託しており、その仕事をされている花岡先生からのご紹介で村上先生と福山先生の講義を実施しました。テーマは次の5点です。

村上先生から

  1. 海外で働くキャリアデザインについて(女性スタッフ編)
  2. 地域の「お宝」を探し出す仕事とは? 

福山先生から

  1. 地域社会を脅かす「負の存在」
    みなさんの周囲にあるマイナスのものって何だろう?
    「資源化」って何だろう?
    マイナスのものが観光のネタになった例をみてみよう!
  2. 資源化の事例研究
    「厄介者」のエゾシカがどうやって食や観光資源になったのか?
    「白い悪魔」と呼ばれた流氷がどうやって観光資源になったのか?
  3. 資源化プロセスの解明
    地元の人々はどのように工夫を凝らしたのだろう?
    2つの事例の共通点は何だろう? 

村上先生のテーマは「ヨルダンという国での地域のおたから探し」。高校時代、文化財を守る仕事に興味を持ったところから、芸術学部、歴史遺産学科、大学院への進学を通して学んだことを紹介されました。ヨルダンがどんな国か簡単に紹介し、死海やペトラ遺跡、勤務されている博物館のあるサルト市の社会背景について写真や映像を交えて講義されました。博物館での具体的な仕事として、サルトの面白そうなものを探して調査する、観光マップを作成する、ガイドを養成する、地域住民を巻き込む、の4点について写真やエピソードを使って講義されました。

 福山先生のテーマは「負の存在」の資源化プロセス~見方を変えて地域を元気に~。クイズも交え、資源化された日本の観光資源を画像で紹介されました。その後、エゾシカと流氷という、北海道において負の存在だったが観光資源化されたものについて、具体的な数字や写真を用いて講義されました。最後に、ブランディング(客にとっての商品のサービス価値を高める)とマーケティング(商品・サービス価値を客に宣伝する)という2つの視点を踏まえて、この後のワークショップに向けて生徒に考え方を講義されました。

グループスタディワークショップ

本校に隣接し、生徒も多く住む札幌市は、世界的に見ても珍しい、多雪の大都市です。そこで、「なまら降ってなまら積もる雪を資源化しよう」をテーマに以下の点について、講義を踏まえて、生徒5~6人の12グループで検討・発表をおこないました。

  1. 「雪」のデメリットを考えよう
  2. デメリットのプラス転換を考えよう
  3. プラス転換するとどんな効果が出るだろう?
  4. アイデアを発表しよう

生徒からの発表では、雪のデメリットは除雪の大変さ、交通への影響(スリップ、渋滞、視界不良、鉄道の遅れや運休)、つららの危険性などがあげられ、転換するアイディアとして、雪の下キャベツなど食物の保存、除雪やスタットレスタイヤ作成販売などの雇用、美しい雪景色を利用した温泉などの観光、雪まつり、スキー、スケート、雪合戦などのスポーツ、除雪を利用した体力づくり、運動不足解消、除雪ショーなどがあげられました。

ページの先頭へ

<フィールドワーク・大会参加> <講演・交流活動> <授業> <SGH通信(準備中)>