SGH
SGH活動のトップへ SGH活動
フィールドワーク・大会参加
講演・交流活動
授業
SGH通信(準備中)

SGHの目的

今日の世界においては、社会、経済、文化のグローバル化が急速に進展し、国際的な流動性が高まっている。また、科学技術の急速な進歩と社会の高度化、複雑化や急速な変化に伴い、過去に蓄積された知識や技術のみでは対処できない新たな諸課題が生じている。これらに対応していくため、世界と競える新たな知識や専門的能力を持った人材が求められていることから、21世紀の社会状況を展望し、激動する国際社会で活躍するグローバル・リーダーとなるべく素養をもった人材の育成を研究開発の目的とする。

本校のSGHの研究課題

北海道の産業課題を世界視点で捉え、解決に導くグローバル人材育成。

本校のSGHの概要

国際化を推進する大学・官公庁・民間企業と連携し、国際教養を身につけながら、産業、環境、社会における『未来の北海道の姿』をテーマとして、「課題の設定」・「調査(フィールドワーク)」・「仮説・分析」・「まとめ・表現・発信」の研究を行ない、国際舞台で主体的に活躍する全人的グローバル・リーダーを育成。

課題研究内容

世界の仕組みを理解し、課題を見つけ、多様性ある思考、行動のもと、課題解決に導く決断ができる人材を育成するための課題探究型教育研究と評価システムを研究すること。
(1)課題探究型学習 探究基礎 「情報の収集力、分析力、考察力、想像力」
ジェネリックスキルを基本に、異文化に対する理解力と寛容性を養う研究を行なう。国内外の大学や企業、国際機関等から指導者を招いたり、国内外でのフィールドワークを通じて国際的な感受性を養う。
(2)課題探究型学習 探究応用 「問題解決力、多様性、実践力」
「個人探究」:「食料(日々の生活と切っても切り離せない「食」を通じて、北海道の身近なトピックスから、世界規模の問題を捉え、そして自らの関わり方を問い直す など)・観光・領土・戦後70年」を切り口とし、北海道が抱える課題を世界視点で考え、解決施策を策定する。生徒は個人の興味、関心に応じて個人研究テーマを選択し課題研究に取り組む。「グループでの探究」:同一テーマ毎にグループ単位で課題検討、分析、意見交換を行う。「外国人フィールドワーク」:フィールドワーク協力機関に出向き、意見交換を通じ問題解決型思考を研究する。
(3)課題探究型学習 探究発展 「情報発信力、交渉力、英語コミュニケーション力」
個人論文の策定を行う。語学力レベルに応じて、レベル①は英語論文、レベル②は日本語論文とする。英語力の差異により、①か②を選択。論文は、ロジカルライティング(自分の意見や主張を、相手にわかりやすく伝えるための文章作成法)を意識して策定。各種コンクールに応募、学内発表、学外発表の実施。卒業論文の作成。
(4)課題探究評価 「パフォーマンス評価」の研究
課題探究研究(思考・判断・表現など)の質的評価検証プログラムの研究、開発。

学園ホーム高等学校ホーム > SGH

英語講演「海外の国を知る」

平成28年1月14日(木)

本日の研究テーマ

  • 領事館と大使館の違いについて
  • 海外留学について
  • 語学を学ぶポイント

1.講演者紹介

在札幌米国領事館

 広報文化交流担当領事 Harvey Beasley氏

2.実施内容

講演 

大使館と領事館の違いやビーズリー氏の経歴や留学経験、仕事、大学院の友人などについて、写真やクイズ(生徒とのやりとり)を交えながら英語で講演を行いました。講演内容は下記の通りです。

  1. 大使館と領事館の違いと役割、大使と領事の仕事・役割について
  2. ビーズリー氏の経歴と留学先、それぞれで学んだこと。
  3. ともに学んだ学友、妻の紹介。
    日本人の学友、高校時代はまったく英語を話せなかったけれど、大学院に入り2年間アメリカに住むことで十分に使える英会話が身につけることができたことなどを話されました。
  4. 語学を学ぶポイントと心構え。
    Beasley氏はスペイン語、ドイツ語、日本語、中国語を話すことができます。中国語は大学院入学後、8ヶ月かけて学び、どの言語も、背景となる文化的事柄を知らないと、正しい意味を伝えることはできないことを話されました。

質疑応答 

 質疑・応答では、「日本の良さはどこですか」という質問に対して、東京にはミシュランの三ツ星レストランが世界一多い国であることや「私たちに行ってみてほしい国はどこですか」という質問に対して、インドを上げ、英語が通じ、様々な文化・宗教の人々がおり、広い視野や価値観を身につけることができる国であることなど親身に答えていただきました。

 

オーストラリアの文化・観光研究

平成27年12月17日(木)

本日の研究テーマ

  1. オーストラリアと日本の経済関係について
  2. オーストラリアと北海道の経済関係について
  3. オーストラリアと日本の文化の違い

1.講演者紹介

在オーストラリア領事館

 領 事 イアン・ブレイジア 氏

 商務官 小林 努 氏

2.実施内容

講演

 本講演を受講する高校1年生は、2016年2月9日~2月18日の10日間、オーストラリア海外研修旅行を実施します。研修旅行ではホームステイ・ファームステイや本校と姉妹校であるヘイルベリーカレッジの訪問・シドニーでの自主研修などを予定しています。

 今回はオーストラリア海外研修旅行の事前学習として、在オーストラリア領事館領事イアン・ブレイジア氏に講演をいただき、オーストラリアと日本の文化違いや北海道の経済、教育、観光の違いを学び、オーストラリアに関する知識を深めました。講演内容は下記の通りです。

  1. オーストラリアの交通(シドニー)から見た北海道(札幌)の交通について
  2. オーストラリアの州行政と北海道の行政について
  3. オーストラリアの観光事業と北海道の観光事業について
  4. オーストラリアの経済活動と日本の関係
  5. オーストラリアの教育制度と日本の教育制度について

 また、オーストラリア研修旅行中にシドニーで実施する自主研修の企画書の作成には、教育機関、行政機関、観光機関などを含めることを課題と課し、そのための機関の紹介をしていただきました。

質疑・応答

 最後に生徒から領事の方に向けて質問をする時間を設けました。オーストラリアで気を付けるべきこととして、食に関するマナーの違いを認識すること、また自主研修先にはアポイントメントが必要な場合があるので事前に確認しておくこと、といった内容から、「領事館に務めることになったきっかけ」などといったことまで幅広い内容で質疑応答が交わされました。

北海道の観光 企画書作成

平成27年11月5日(木) /  平成27年11月19日(木)

平成27年12月4日(木)  /  平成27年12月10日(木)

本日の研究テーマ

  1. 北海道運輸局が実施している訪日プロモーションについて
  2. 企画書のテーマ発表
    「シンガポールの高校生が研修旅行目的で北海道に訪問していただくための現地学校に対する企画書」

1.講演者紹介

国土交通省 北海道運輸局観光部 国際観光課

 国際第一係長 加茂 聖和 氏

2.実施内容

講演内容

以下のような多数の資料を提示していただき、講演いただきました。

  • 世界の外国人旅行者受入数上位の国々
  • 日本への海外旅行者上位の国々
  • 北海道への海外旅行者上位の国々
  • より旅行者数を増やすためには
  • 訪日観光の魅力は日本人そのものである
  • プロモーションがなぜ必要か
  • 国土交通省と観光庁の業務内容
  • JNTO(日本政府観光局)の重点20市場と市場ごとのプロモーション

最後に加茂氏がこれまで訪れた外国の場所の写真と特徴を紹介いただきました。

企画書テーマ発表

シンガポールの高校生が研修旅行目的で北海道に訪問していただくための現地学校に対する企画書を作成する課題が生徒に与えられました。11月5日に国土交通省北海道運輸局観光部の加茂清和氏が講義で使われたPP資料を参考に、各グループ5、6名、全12グループで企画書の構想、調査事項の分担等が話し合われました。企画書の構成は以下の通りです。

  1. 招致タイトル
  2. 招致目的
  3. 訪日計画書
    日程
    ねらい
    計画内容
      宿泊先、交通手段、金額は仮説で可。
      計画の中には、研修内容を詳細に記載
  4. 企画書はWord  A4用紙で5枚以内。その他プレゼン資料としてPowerPointで10ページ以内を課す。

策定された企画書の発表は1月28日(木)に行われる予定です。

企画書作成

12月4日(木)・12月10日(木)は前回発表されたテーマに基づき企画書の作成を行いました。

ページの先頭へ

<フィールドワーク・大会参加> <講演・交流活動> <授業> <SGH通信(準備中)>