SGH
SGH活動のトップへ SGH活動
フィールドワーク・大会参加
講演・交流活動
授業
SGH通信(準備中)

SGHの目的

今日の世界においては、社会、経済、文化のグローバル化が急速に進展し、国際的な流動性が高まっている。また、科学技術の急速な進歩と社会の高度化、複雑化や急速な変化に伴い、過去に蓄積された知識や技術のみでは対処できない新たな諸課題が生じている。これらに対応していくため、世界と競える新たな知識や専門的能力を持った人材が求められていることから、21世紀の社会状況を展望し、激動する国際社会で活躍するグローバル・リーダーとなるべく素養をもった人材の育成を研究開発の目的とする。

本校のSGHの研究課題

北海道の産業課題を世界視点で捉え、解決に導くグローバル人材育成。

本校のSGHの概要

国際化を推進する大学・官公庁・民間企業と連携し、国際教養を身につけながら、産業、環境、社会における『未来の北海道の姿』をテーマとして、「課題の設定」・「調査(フィールドワーク)」・「仮説・分析」・「まとめ・表現・発信」の研究を行ない、国際舞台で主体的に活躍する全人的グローバル・リーダーを育成。

課題研究内容

世界の仕組みを理解し、課題を見つけ、多様性ある思考、行動のもと、課題解決に導く決断ができる人材を育成するための課題探究型教育研究と評価システムを研究すること。
(1)課題探究型学習 探究基礎 「情報の収集力、分析力、考察力、想像力」
ジェネリックスキルを基本に、異文化に対する理解力と寛容性を養う研究を行なう。国内外の大学や企業、国際機関等から指導者を招いたり、国内外でのフィールドワークを通じて国際的な感受性を養う。
(2)課題探究型学習 探究応用 「問題解決力、多様性、実践力」
「個人探究」:「食料(日々の生活と切っても切り離せない「食」を通じて、北海道の身近なトピックスから、世界規模の問題を捉え、そして自らの関わり方を問い直す など)・観光・領土・戦後70年」を切り口とし、北海道が抱える課題を世界視点で考え、解決施策を策定する。生徒は個人の興味、関心に応じて個人研究テーマを選択し課題研究に取り組む。「グループでの探究」:同一テーマ毎にグループ単位で課題検討、分析、意見交換を行う。「外国人フィールドワーク」:フィールドワーク協力機関に出向き、意見交換を通じ問題解決型思考を研究する。
(3)課題探究型学習 探究発展 「情報発信力、交渉力、英語コミュニケーション力」
個人論文の策定を行う。語学力レベルに応じて、レベル①は英語論文、レベル②は日本語論文とする。英語力の差異により、①か②を選択。論文は、ロジカルライティング(自分の意見や主張を、相手にわかりやすく伝えるための文章作成法)を意識して策定。各種コンクールに応募、学内発表、学外発表の実施。卒業論文の作成。
(4)課題探究評価 「パフォーマンス評価」の研究
課題探究研究(思考・判断・表現など)の質的評価検証プログラムの研究、開発。

学園ホーム高等学校ホーム > SGH

【高2】シンガポール海外研修報告会

平成28年4月12日(火)/ 平成28年4月19日(火)

本日の研究テーマ

3月21日(月)~3月25日(金)4泊5日の日程で実施したシンガポール海外研修旅行に参加した34名の高校1年(現高校2年)SGH生による研修報告会

1.実施内容

シンガポール研修の経験を報告する機会として、4月12日と4月19日の2回にわたり、高校2年SGH生を対象に研修報告会を行いました。シンガポールの気候・風土・植生、国家の成り立ち・政治・経済、文化、食料自給率やニューウォーター・スカイグリーンなど、国策として取り組まれているプロジェクトの背景、今後の見通しなどに報告した後、模擬国連の体験やキッコーマンの現地法人訪問を取り上げ報告しました。

模擬国連の体験報告

研修中に体験した模擬国連について動画を交えて紹介し、議論の手順や交渉術などを、プリントを使用して説明しました。国連などでも行われている議論の進め方は、さまざまな立場の人が集まり、ひとつの大きな方向性を打ち出したい場合に応用的に使える有効な技術・方法であることを学びました。

Yale-Nus College による自国紹介プレゼンテーション動画

Yale-Nus Collegeに訪問した際、行われた自国紹介プレゼンテーション動画を視聴しました。交通機関(MRT)、チキンライス、China town、 Little India、植物園等の説明によって、シンガポールの文化、食、観光等について紹介している内容でした。このプレゼンテーション動画を通して、Yale-Nus Collegeの生徒のプレゼンの態度や発信力について、どのような点が優れているかを考えさせ、意見交換をしました。流暢な英語はもちろんのこと、視線や身ぶり手ぶりなどを挙げる生徒が多く、とても参考になった様子でした。

企業訪問における事後学習

研修中に訪問したキッコーマンについて事後学習、およびグローバル企業が必要としている人材像について下記のような考察をしました。

  • 掲げている経営理念から、食を通じた海外との結びつきを目指していることを読み取り、現地法人が異文化理解を土台としてどこに力点を置いて企業努力をしているかについての考察
  • 年間売上高と営業利益のグラフを提示し、現在はすでに海外事業が中心となっており、日本国内の市場だけでは成立しない状況であることを把握させ、なぜ海外進出に力を入れるかについての考察
  • 病院を経営するなど、発祥の地である千葉県野田市をはじめとして、社会貢献にも尽力していることを理解させ、優良企業は社会に利益を還元する余裕があり、またそれにより企業イメージのアップにも取り組んでいることを紹介

今回の報告会を通して参加した生徒に対し、「この研修で何を学んだか」という質問を投げかけました。「日本企業訪問での際、海外で仕事をすることの大変さと楽しさが分かった」など、異文化理解にとどまらない、グローバル社会で生きることの本質についてせまった発言が多かったことが印象的でした。教員からは、「行ってみないとわからない」のが海外研修の醍醐味であるとともに、そこで「一番学んだことは何か」、体験として自分自身が語れることをまとめておくこと、そしてそれを他者に「伝える技術」「アウトプットしていく能力」を持つことが必要であると伝えました。

シンガポール海外研修に参加した生徒の話をもとに、異文化理解とグローバルなものの見方・考え方について学ぶ、良い機会となりました。

【高1】北方領土問題

平成28年5月19日(木)/ 平成28年5月26日(木)

本日の研究テーマ

本校SGH課題探求型学習における研究テーマの一つとなっている「北方領土問題」を取り上げ、北方領土問題の歴史的背景など知識を深め、資料を用いて課題発見能力を養う。

1.実施内容

北方領土問題の歴史的背景

4月のSGHに関するオリエンテーションを終え、いよいよSGH活動がスタートしました。今日は世界で起こっている領土問題について地域・国名とその問題点を考えさせ、各自でワークシートに記入しました。次に領土問題となっている北方領土の場所と知っていることを書かせ、北方領土に関する知識を確認しました。北海道に住んでいながら基本的な知識が身についていない生徒が多いことがわかりました。

北方領土問題を理解する糸口として、北方領土をとりまく歴史について概観しました。アイヌが住んでいた時代からはじめ、ロシアと日本の国境の変遷について、日露間に結ばれた条約の条文の内容を実際に読み取らせ、理解を深めました。難しい部分がある史料もありましたが、熱心に作業していました。

次に7人1組のグループで北方領土問題と領土問題をかかえている地域(国名)について議論させ、各1枚のレジュメにまとめました。まとめた内容については、次回の授業でグループごとに発表させることにしました。

グループ内意見交換

回の授業を踏まえ、生徒が事前に調べ用意した資料をもとに領土問題についてグループ内意見交換を行いました。それぞれが用意した資料から積極的な意見交換をしていましたが、問題点も見えてきました。提示する資料について出典までは意識していないこと。中にはWikipediaをそのままコピーしたものもあり、客観的な信用性という点までは意識できていないため今後指導が必要であると感じました。

グループ発表

ループ内意見交換によってまとめた領土問題に対する意見をグループとして発表しました。その後質疑・応答を行い、知識者の方への質問したい内容を整理しました。

他のグループの意見を積極的に受け入れようという姿勢がみられ、質疑・応答も時間いっぱい行われました。また領土問題に対する意欲も高まったように感じます。

題としては質疑・応答の部分で、発表する生徒が限られていたという点です。受身である生徒もまだ多いので、自身の考えを発表することや相手の意見に対し批判することを意識づけしていく必要があると感じました。

 

 

 

シンガポールの高校生対象「北海道研修旅行企画書」

平成28年1月21日(木) / 平成28年1月28日(木)

平成28年2月4日(木) / 平成28年2月25日(木)

本日の研究テーマ

 シンガポールの高校生が研修旅行で北海道を訪れると仮定し、北海道研修計画書を作成します。北海道の歴史や文化、食や観光、気候や風土など北海道の魅力をどのような視点で体験してもらうかを考え、企画書を作成、プレゼンします。

1.実施内容

企画書と成果物

  1. 企画書の作成
    1. 招致タイトル
    2. 招致目的(観光は入れても入れなくてもよい)
    3. 訪日計画書
      1. 日程・行程表(季節、時期は自由、訪問先を決める)
      2. ねらい
      3. 計画内容
        宿泊先、交通手段、金額は仮設で可
        計画の中には、研修内容を詳細に記載

成果物

  1. 企画書 word A4 5枚以内
  2. プレゼンテーション資料 Power Point 10枚以内
  3. ポスター発表用 A4 1枚(パワーポイント A4縦で作成)

グループ分け

  • 5・6人1グループの12グループとする
  • 1グループ1つの北海道研修計画を作成

企画書作成

 グループで手分けをしながら、インターネットや資料を活用し様々な行程を一生懸命に考えていました。グループワークや情報収集能力は4月にくらべて格段に上がっている様子がうかがえました。行程に動物園を検討しているグループもありましたが、赤道が近く熱帯雨林気候のシンガポールには多種多様な動植物のいる動物園があるので、日本・北海道にしかないもの、例えば高い山々や大きな川などのようなものでなくては研修にならないことなどをアドバイスをしながら作成を進めていきました。旅行計画を作成するとき、対象となる旅行者の国や文化を理解しなければならないことを実感できた様子でした。また、北海道の海産物等を利用した食文化に関する体験を検討しているグループも多く、東南アジアは屋台や出店で食事を済ませることも多いので、日本食、中でも豊かな魚介類などを利用しようと考えているグループもありました。

 どのグループも提出日時から逆算してスケジュールを立て、作業・発表とも役割分担をしながら熱心に進める様子が見られました。

2.研修企画書発表

 シンガポールの高校生が研修旅行で北海道を訪れると仮定し企画した北海道研修企画書をパワーポイントを用いて発表しました。

 (1班) 「6泊7日で行く 北海道を一周研修旅行」

 夏。小樽(ガラス、運河)、旭山動物園(工夫)、網走監獄(開拓歴史)、阿寒湖(キャンプ)、帯広畜産大学(一次産業)、札幌下水処理場(海水を淡水に)。

 (5班) 「北海道へ行こう!」

 9日間。冬。さっぽろ雪祭り、時計台、北海道大学、白い恋人パーク(お菓子作り)、小樽(雪明り)、余市(ワイナリー、ニッカウヰスキー)、ニセコ(アンヌプリ、スキー)、洞爺湖(ガラス工芸、レークヒルファーム、ジェラート)、円山競技場(スケート)。

 (8班) 「北海道の雪を堪能する旅」

  冬。登別(温泉)、札幌日大高校(交流)、札幌テレビ塔、雪像作り、富良野スキー場、トンボ玉作り、富良野自然塾(闇の教室)。英語と日本語で発表、動画あり。

 (7班) 「シンガポール学生の北海道研修旅行について」

春。白糠(漁業・農業体験)、マリモとアイヌコタン、屈斜路湖とオンネトー、釧路湿原(カヌー体験)

 (9班) 「シンガポール 北海道観光」

 冬。ルスツリゾート、さっぽろ雪まつり、よつば乳業、酪農体験、ワカサギ釣り。

 (12班) 「ほっかいどうはでっかいどう!!」

 8泊9日、冬。行き先は北海道大学(農学部、牛舎、食堂)、さっぽろ雪まつり(雪像作り)、開拓の村、ニセコ(スキー体験)、函館(五稜郭、函館山夜景、牛乳豆腐作り、ステンドグラス、オルゴール、朝市)。

研修旅行ではなく観光旅行となっている班が見られましたが、創意工夫をこらして北海道の風土や文化、食や気候など、シンガポールでは体験できないことを盛り込み、北海道の魅力を経験できる研修を考えたグループも多くみられました。例えば、時期を札幌雪まつりの前に設定して、札幌雪まつりの雪像づくり体験を入れたり、ワカサギ釣りや酪農体験とバター作り、雪によるメリットだけではなく、北海道運輸局へ行き、冬の除雪作業や雪対策についての研修、冬ではなく春の時期に研修を企画し、北海道の春の魅力を紹介し、他の季節にも興味を持ちリピーターとして集客を考えるとともに、春は料金的にも冬よりも安値で企画できることまで考えて発表したグループもありました。

研修旅行の企画書をグループで作成することを通して、北海道について理解をより深めただけでなく、シンガポールの風土や文化、創意工夫をこらすことで生まれる発想力や企画力など様々な面で実りある活動になりました。

ページの先頭へ

<フィールドワーク・大会参加> <講演・交流活動> <授業> <SGH通信(準備中)>