SGH
SGH活動のトップへ SGH活動
フィールドワーク・大会参加
講演・交流活動
授業
SGH通信(準備中)

SGHの目的

今日の世界においては、社会、経済、文化のグローバル化が急速に進展し、国際的な流動性が高まっている。また、科学技術の急速な進歩と社会の高度化、複雑化や急速な変化に伴い、過去に蓄積された知識や技術のみでは対処できない新たな諸課題が生じている。これらに対応していくため、世界と競える新たな知識や専門的能力を持った人材が求められていることから、21世紀の社会状況を展望し、激動する国際社会で活躍するグローバル・リーダーとなるべく素養をもった人材の育成を研究開発の目的とする。

本校のSGHの研究課題

北海道の産業課題を世界視点で捉え、解決に導くグローバル人材育成。

本校のSGHの概要

国際化を推進する大学・官公庁・民間企業と連携し、国際教養を身につけながら、産業、環境、社会における『未来の北海道の姿』をテーマとして、「課題の設定」・「調査(フィールドワーク)」・「仮説・分析」・「まとめ・表現・発信」の研究を行ない、国際舞台で主体的に活躍する全人的グローバル・リーダーを育成。

課題研究内容

世界の仕組みを理解し、課題を見つけ、多様性ある思考、行動のもと、課題解決に導く決断ができる人材を育成するための課題探究型教育研究と評価システムを研究すること。
(1)課題探究型学習 探究基礎 「情報の収集力、分析力、考察力、想像力」
ジェネリックスキルを基本に、異文化に対する理解力と寛容性を養う研究を行なう。国内外の大学や企業、国際機関等から指導者を招いたり、国内外でのフィールドワークを通じて国際的な感受性を養う。
(2)課題探究型学習 探究応用 「問題解決力、多様性、実践力」
「個人探究」:「食料(日々の生活と切っても切り離せない「食」を通じて、北海道の身近なトピックスから、世界規模の問題を捉え、そして自らの関わり方を問い直す など)・観光・領土・戦後70年」を切り口とし、北海道が抱える課題を世界視点で考え、解決施策を策定する。生徒は個人の興味、関心に応じて個人研究テーマを選択し課題研究に取り組む。「グループでの探究」:同一テーマ毎にグループ単位で課題検討、分析、意見交換を行う。「外国人フィールドワーク」:フィールドワーク協力機関に出向き、意見交換を通じ問題解決型思考を研究する。
(3)課題探究型学習 探究発展 「情報発信力、交渉力、英語コミュニケーション力」
個人論文の策定を行う。語学力レベルに応じて、レベル①は英語論文、レベル②は日本語論文とする。英語力の差異により、①か②を選択。論文は、ロジカルライティング(自分の意見や主張を、相手にわかりやすく伝えるための文章作成法)を意識して策定。各種コンクールに応募、学内発表、学外発表の実施。卒業論文の作成。
(4)課題探究評価 「パフォーマンス評価」の研究
課題探究研究(思考・判断・表現など)の質的評価検証プログラムの研究、開発。

学園ホーム高等学校ホーム > SGH

【高2】TPCプログラム

平成28年6月21日(火) / 平成28年6月28日(火) / 平成28年7月19日(火)

平成28年8月23日(火) / 平成28年9月06日(火) / 平成28年9月20日(火)

研究テーマ

TPCプログラムとは

T:Teamwork(チームワーク)

P:Problem-solving skill (問題解決能力)

C:Communication skill(コミュニケーション能力)

現代の生徒たちが社会に出て必要となる3つの能力の開発プログラム

【研究課題テーマ】

「2030年を予測して北海道ならではの新しい商品、サービスビジネスの提案」

1.TPCプログラム

実施内容

TPCプログラムは株式会社JTBと株式会社サイボウズが連携して運営する課題解決型授業のプログラムです。TPCプログラムの狙いは、“現代の生徒たちが社会に出て確実に必要となる能力である3つの要素である、「Teamwork(チームワーク)」「Problem-solving skill(問題解決力)」「Communication skill(コミュニケーション)」を、TPCプログラムを通して身に付ける”にあります。

今後TPCプログラムを進めていくに当たり、下記のテーマを与え、企画書を作成、中間チェックを経て、最終発表会を行う予定です。

【テーマ】

『2030年を予測して、北海道ならではの新しい商品、サービス、ビジネスを提案せよ』

「観光」「食」「教育」「地域活性」「医療」「介護」等の小テーマを設定し、各チームで企画、発表までをミッションとします。学年でSGHの活動において、積極性・参加姿勢の評価に基づき、6~7人のチーム分けを行いました。

第1回目のTPCプログラムの内容は下記通りです。

  1. 株式会社サイボウズ田村様より、本日の流れについての説明
    1. 「グループ」と「チーム」の違いについて
    2. 「チームワークを発揮するために必要なこと」
    3. 問題を「現実」と「理想」、「事実」と「解釈」に分解して考える。
  2. グループワーク「チームの○○さんのテストの点数を良くするにはどうしたら良いかを具体的に考える」
    1. ワークシートを使い、「事実」と「解釈」に分けることで問題を整理する。
    2. チームのメンバーが様々な意見を出し合いテストの結果を出すための方法を考える。
  3. 発表(3チーム)
    1. 各チームで見出した解決策を発表し合う。

2.TPCプログラム②

第2回目のTCPプログラムは、巻沙織氏と黒井理恵氏の講演を行いました。

巻沙織氏(WIND‘OL代表)による講演

巻氏が出版社で働いた経験からビジネスの基本について講演いただきました。

ニセコに来る人たちの中で「お金」だけを考えて来る人がいますが、「仕事」として考え「損して得とれ」がビジネスにおいて大切だと思っていること。自分の思いを仕事に乗せ、お金につなげていくことを目指していることなどをお話いただきました。

また、設立した会社WIND‘OLについての紹介とニセコの変貌などを取り入れた話から、今後の北海道、ニセコにおけるビジネスの展望を説明いただきました。

 ニセコを訪れる外国人向けのビジネスを立ち上げた経験から、「外国人相手に完璧な英語を使わない方がよい」ことや「質のいいサービスを提供すれば外国の富裕層のニーズが得られ、次の仕事につながる」こと等、実体験に即した話が聞けました。大テーマ「2030年を予測して北海道ならではの新しい商品、サービスビジネスを提案する」に絡む、北海道、ニセコの課題点についても、有益な情報を頂きました。具体的には「2026年、もし、冬季オリンピックが決まったとしたら」という切り口でニセコの展望などをお話になりました。

2.黒井理恵氏(naniroカフェ主催者)による講演

黒井氏はまちづくり、ワークショップ、地域活化など社会系プロジェクトスタートアップ支援の活動を行っています。地域の子育て中の母親の会や、「パン祭り」など、地域で何かを立ち上げようとする人たちの手助けをしています。

黒井氏の仕事内容を言葉で表現すると、「人や組織、チームが自分たちで考えて動きやすくする仕事」、または「人と人とがざっくばらんに話をしながら仕事をする場を作る。」

生徒にとっては、「薬剤師」「看護師」など具体的な職業以外の仕事が存在すること、これからの時代、「今までは無かった仕事」がどんどん出てくるであろうことが新鮮だった様子です。

『社会や誰かのために何かしたい』という人や、自分のやりたいことにチャレンジできる人を増やしたいという思いから「naniroカフェ」を立ち上げ、「人と人とのつながりが寿命につながる」「幸福とは何か」についてもお話いただきました。

また、生徒たちに今後に向けての下記のようなアドバイスもいただきました。

  • 何か物事を起こす折に批判してくる人は必ずいる。しかし、ビジョンをしっかり持って、ひるまないこと。
  • 一人でやらない、色々な人を巻き込むこと。
  • もっともらしい答えに飛びつかず、自分の頭で考えたことを信じて突き進むべし。
  • 失敗は当たり前と思ってやる。

3.振り返り

質疑応答では

Q.何かイベントを起こすときに賛同者がいない時、人が集まらない時はどうするか。

A.皆で始める。よく話し合って意見を出し合ってスタートするので、賛同者がいないということはあまりない。人が集まらない時は、中止することも。反省点をしっかり挙げる。

など、生徒の質疑応答も活発であり、また、講演者の方に、互いの話から感じたことも述べていただくなど、新しい振り返りの形、結びとなりました。生徒にとって「社会のニーズ」を意識する良い機会となりました。

3.TPCプログラム③

第3回TPCプログラムの授業内容は下記の通りです。

1.実施内容

  1. 前回までの活動の振り返り
  2. チームリーダー決め
  3. チーム毎のテーマを何にするかの話し合い。
    1. 大テーマ「2030年を予測して、北海道ならではの新しい商品、サービス、ビジネスを提案する」をもとに、小テーマとなる企画をいくつか話し合いの中で出し合う。
    2. 注意点として、リーダーが話し合いを取りまとめ、報告できるような形で進めるよう指示。
  4. 沖田副校長から助言
    1. 国と国との交渉事の例から、相手のいる交渉や企画をするにあたっては、言葉や内容だけでなく、ロケーションも含めて考えていくことが重要となること。
    2. 今後、早稲田大学の一般入試とAO・推薦入試の割合が逆転すること、地域活性入試の導入、山口大で英検の保持級が入試の得点に組み入れられることなどを例に、大學入試に向けて必要とされる能力の評価方法が多様になってきている状況がある。SGHでの学びを活かしてほしい。

4.TPCプログラム④

実施内容

1.3分間ディスカッション

テーマ:「タイヤのない車」を1ケ月で1000台売らないといけない。さて、その車をどうやって売りますか?」

記の題で、各チーム3分間でディスカッションし、アイデアを出し合いました。一番多いチームで21個アイデアが出てきた。一般的な大学生よりも多く、多様なアイデアが出たと評価いただきました。この取り組みを通して、多様なアイデアを出し合うために、メンバーの意見を「非現実的だから」と言って否定しないことが大切だと認識した様子でした。

2.JTBによるツーリズム産業の仕事についての講和

旅行会社は旅のすべてに関わる仕事であり、旅の手配のみならず、食やレジャー、保険など、多様な仕事があります。どうやって利益を上げているか。旅行業は「薄利多売」と言われるように、それぞれは3~5%の利益にすぎません。部門別売上高を見ると、90%が旅行部門の利益となっています。しかし、今後、生き残りをかけて、「その他の事業部門」(保険、お土産、両替、旅館への予約システムなど)にあたる10%を増やすことをやっていかなければならないとお話いただきました。

3.フレームワーク

テーマ「2030年を予測して、北海道ならではの新しい商品・サービス・ビジネスを提案」について設定した小テーマにおける「理想」と「現実」のギャップを話し合いました。壮大なテーマパーク構想を提案しようとしていたチームは、「問題は北海道の観光客が少ないこと、理想はテーマパークを増やして観光を上向きにしていくこと。そのための課題は、地域活性化である」と考えていたため、提案に説得力を持たせるためには「具体的な数字、データを使って紹介するとよい。」などのアドバイスを与えながら進めていきました。

1.TPCプログラム⑤・⑥

実施内容

各チームに、発表会のスライドとデータをあらかじめ準備させ、最終発表会に向けてJTBの小林さん、サイボウズの田村さん、椋田さんに個別にアドバイスを受けた上で、企画を練りました。どのチームも準備は行っていましたが、完成度にはばらつきがあり、具体的な企画まで詰めてきたチームもあれば、おおまかな概要で留まっているチームもありました。ただ、各チームのリーダーを中心に、考えてきたところまでの企画を紹介し、アドバイスを受ける過程で、テーマを深めたり、実際の数値を使用することの重要性に気づいたりなど、それぞれの学びが見受けられました。

 

 

 

【高1】北方領土に関する講演・発表

平成28年6月2日(木) / 平成28年6月23日(木)/ 平成28年6月30日(木)

平成28年7月14日(木) / 平成28年7月21日(木)/  平成28年8月21日(木)

平成28年9月8日(木)/ 平成28年9月15日(木)

本日の研究テーマ

  1. 北方領土の歴史
  2. 北方領土の自然と風土
  3. 北方領土の暮らし
  4. 北方領土問題と日露関係
  5. グループ発表準備
  6. グループ発表

1.北方領土の歴史

講演者

山崎 隆 氏

講演内容

北方領土問題の平和的解決に向けた妥協点模索の可能性について、歴史的背景を踏まえ講演いただきました。日本の立場、ロシアの立場、そしてアイヌ民族の立場に立つことの必要性や戦争という結果にどのように折り合いをつけるかについてもお話いただきました。

詳細は下記の通りです。

  • ロシアの南下政策
  • 樺太について(日露戦争以前の日露の通行状況等の説明)
  • 北方領土に居住していたアイヌ民族について
  • 樺太・千島交換条約について
  • 日ソ中立条約について
  • 日本とロシア、両方の国から翻弄されたアイヌ民族の苦難の歴史について
  • サンフランシスコ平和条約の意義について(片面講和の問題の指摘)
  • 現在の北方領土。ロシアによるインフラ整備

2.北方領土の自然と風土

講演者

山崎 隆 氏

講演内容

北方領土の人口や面積、領土返還を求める団体や北方領土へ渡る方法など、北方領土に関する現状を中心に講演いただきました。

詳細は下記の通りです。

  • 北方領土の面積(国後島・択捉島等と他自治体、他都道府県との比較)
  • 納沙布岬からの光景
  • 択捉島、色丹島、歯舞諸島の行政区分
  • 関連歌「ポンポン船で帰りたい」の紹介
  • 各県における元島民一覧人数の紹介(富山県人口が多い理由)
  • 北方領土返還を求める団体の紹介
  • 北方領土へ渡る方法(ビザなし交流、北方墓参、自由訪問)
  • 日ソ共同宣言について

3.北方領土の暮らし

講演者

河田 弘登志 氏

講演内容

北方領土にある歯舞群島・多楽島の元住民である河田弘登志先生から当時の生活の様子を中心に以下の講演いただいた。

  • 歯舞群島・多楽島の紹介
    • 主産業(昆布漁)、面積(12平方キロメートル)、人口1450(231世帯)、
    • 開拓の歴史(明治以降、先代の苦労があって開拓された島)、
    • 娯楽(運動会、お祭り)について
  • 終戦後の様子
    • 昭和20年8月28日~9月5日にかけて、ソ連軍上陸当時のエピソード
    • 土足で自宅に侵入される、時計・酒類の略奪行為
  • ソ連管理下での生活
    • 学校がソ連軍の兵舎となり、学校での教育活動停止。
    • イカ釣り漁船(ぽんぽん船)を利用して、島を離れる家族が増加
      過酷な避難の様子について(途中で命を落とす家族も)
  • 北方領土について
    • 今から3000年前から日本が開拓(一度もソ連の領土になったことはない)
    • 歴史的にロシア政府も公式に2度北方領土を日本の領土と認めている。
    • 元島民約18000人中現在6000人程度しか生存していない。一世の平均寿命は80歳を越える。
    • 返還運動を2世・3世・4世に引継ぐ試みがみられる。また、共存・共生の道をさぐる気運も高まりつつある。(平和的解決として)

質疑応答

Q:「北方領土が日本に返還されたら戻りたいですか?」

A:「平和的に問題が解決されれば、是非戻りたい。」

Q:「ロシア軍が島に上陸したときに心配したことは?」

A:「女性の心配があったので、どの家でも女性を匿った」

Q:「以前と現在の島の違いは何か?」

A:「海岸侵食により島の面積が小さくなった。開発により森林が減少した」

5.北方領土問題グループ発表準備

今までの座学や講演などで学んだことをグループごとに発表する準備をしました。歴史認識・実態認識・現在の国レベルの交渉を踏まえ、活動をまとめました。

6.グループ発表

6月から取り組んできた北方領土に関する講演や座学のまとめをグループごとに発表しました。多くのグループから出てきた意見は、北方領土の問題により多くの国民が関心をもつために何かすべきであるということでした。どのような手段を使って伝えるべきかということで、SNSを使った宣伝や従来のテレビ・新聞を使った宣伝など様々な意見がでました。まずは、SGHに参加した自分たちが北方領土のことを広める必要があるという意見もありました。

全体的には、内容を上手にまとめた発表が多かった反面、「問題解決」のために高校生の視点から意見を述べているものや、日本・ロシア双方の主張を聞き入れようとするものが見られなかった点は残念でした。もっとも、この点に関しては来年度以降の年間計画にも見直しが必要かもしれないと考えています。例えば、ロシア領事館の方に話を聞いたり、北海道大学スラブ・ユーラシア研究センターの先生に講義していただいたりするなどロシア側の視点や双方向的なアプローチが必要ではないかと感じています。

各グループの発表に対する質問・意見は良く出ていましたが、発表での基本的な内容の質問が多く出てきたため、質疑応答の時間内で議論を深めきれないまま終わってしまったグループも多かったように思われます。基本的な事実の誤りには気をつけ、典拠となる資料や数値的根拠を挙げつつ、発表するように指導が今後も必要であると感じました。

 

 

【高2】SGH研究発表大会に向けて

平成28年4月26日(火)/ 平成28年5月10日(火)

平成28年5月24日(火)

本日の研究テーマ

6月16日の研究発表大会に向けた下記研究発表内容の探求

  1. シンガポール海外フィールドワーク
    ①模擬国連を通じたコミュニケーション、交渉術
    ②キッコーマン・JTB現地法人を見学しての日本企業の海外進出
    ③限られた資源を利用した産業開発と日本の技術協力
  2. 北海道観光英字新聞作成
  3. 北方領土問題を通じた領土問題

1.実施内容

SGH研究発表大会の概要説明

6月16日の研究発表大会の概要と発表内容を説明し、6つのグループ分けを行いました。発表内容は下記の(1)~(3)とし、それぞれパワーポイント資料を作成、15分の発表であることを説明しました。

  1. シンガポール海外フィールドワーク(3グループ)
    ①模擬国連を通じたコミュニケーション、交渉術
    ②キッコーマン・JTB現地法人を見学しての日本企業の海外進出
    ③限られた資源を利用した産業開発と日本の技術協力
  2. 北海道観光英字新聞作成(2グループ)
  3. 北方領土問題を通じた領土問題(1グループ)

SGH研究発表大会の準備①

【(1)①グループ】

ンガポールのYale-Nus-Collegeで実際に体験した、模擬国連での議論の手順、「根回し」の方法、意見集約や提案など、採択までの流れを踏まえ、グローバル社会で必要とされる交渉術とは何かについて、話し合って説明の流れ作りに着手していました。

【(1)②グループ】

先週事後学習を行ったキッコーマンと、同じく研修中に見学したJTBの海外進出戦略をもとに、現在多くの日本企業が海外事業を柱に据え、国内市場の衰退に対応していることを踏まえ、グローバル化した経済の背景と、今後の日本企業の海外展開の見通しについて深く掘り下げようとしていました。

【(1)③グループ】

シンガポールの研修全般を通じて学んだ独特の国づくりについて、追加の情報収集からスタートしていました。歴史的に交通の要衝となってきた地理的背景や、狭い国土、気候条件などを考慮し、何を強みとして産業を開発しているのか、また多文化主義を取り入れていかに多くの資本や技術を導入しているのかなどについて考察を深めようとしていました。技術支援など、日本との関わりについても掘り下げる予定です。

【(2)グループ】

はじめに英字新聞の構成の仕方等について説明を受け、はじめに2グループに分かれて「編集長」を選出しました。その後、記事として取り上げるべき内容について、ホワイトボードを用いて「文化」「スポーツ」「食」などのテーマごとにキーワードを出し合い、担当者をそれぞれ決めて掘り下げる段取りをしていました

【(3)グループ】

昨年度に探究テーマの柱とした「北方領土問題」にまつわる諸課題を整理し、他の領土問題についても探究対象を広げて幅広く情報収集に取りかかり、取捨選択をした上でどのテーマを俎上に載せるかについて議論をしていました。

SGH研究発表大会の準備②

各グループの活動進捗状況について確認をした。

【(1)①グループ】

前回、説明の流れ作りをして分担をした「発表の流れ作成班」「調査準備班」「説明会発表班」「スライド班」ごとに活動を進め、途中経過を報告している段階でした。

【(1)②グループ】

「資料・原稿作成班」がコンピューター室において、グローバル化した経済の背景と、今後の日本企業の海外展開の見通しについて調査を進めていました。出来上がった資料をもとに原稿を作成し始め、今後、発表班と連携を取りながら掘り下げていました。

【(1)③グループ】

「情報収集班」が産業開発や技術支援などに関わる情報を整理し、「スライド班」と扱うテーマを絞り、打ち合わせている段階でした。

(2)①グループ】

前回洗い出したテーマ「文化」「スポーツ」「食」をもとにコンテンツを大まかに決め、ジャンルごとに分担をして調査を継続的に行っていました。来週の頭には日本語の下書き原稿を作成し、次回には英訳したのものを持参する予定。レイアウトはほぼ決定していました。

【(2)②グループ】

 編集長が記事の内容ごとに担当者を割り振り、それぞれ情報収集にあたり、日本語で記事を執筆し始めていました。構成は大まかに作っていましたが、下書き原稿から英字の文字数に変換する際の分量が見込めなくて苦労している様子でした。

【(3)グループ】

分担ごとに情報収集はほぼ終わっており、パワーポイントも作り始めていました。来週を目処に発表者とすり合わせが出来るよう進めていく予定です。

各グループがそれぞれ割り振られた活動、作業をする中、一見バラバラのようにも見えましたが、互いの経過は把握し合っている様子でした。ただ、資料や原稿が出来上がるまでは作業を進めようのない生徒も数人おり、手持ち無沙汰になる時間も見られました。初期段階での担当割り振りに工夫があると良かったと感じました。

時間の最後には、教員から声をかけ、各グループが一堂に会して状況を報告し合う時間を設けた。

SGH研究発表大会の準備③

SGH研究発表会における各班の発表について、本番形式でリハーサルをしました。教員を含む多くの目でチェックをし、進捗状況・問題点を把握することと、本番までの課題を明確にし、改善への具体策を探ることを目的に行いました。

【模擬国連を通じたコミュニケーション、交渉術】

模擬国連とは何か、模擬国連の議論の進め方などの紹介と感想が多く、実際に経験したこと、現地で学んだことを今後にどのように生かすか、などの「何を学び、どう活かしていくのか」という視点が足りないというの指摘を受けました。今後は、「一番伝えたいことは何か」を絞りつつ、パワーポイントも文章形式ではなく、視覚的に伝わりやすいよう工夫し直し、発表に向けて仕上げていくことになりました。

【キッコーマン・JTB現地法人を見学しての日本企業の海外進出】

パワーポイントに関しては非常に見やすく、分かりやすい出来栄えでした。キッコーマン、JTBの両企業の説明、会社紹介にあたる情報が多く、「自分たちはグローバル化についてどう考えるのか」という視点が乏しいことが課題としてあがりました。キッコーマンの海外赴任している社員からの聞き取り「海外で働くという立場」の生の声(言語、雇用、国民性から生ずる課題)を紹介し、自分たちが今後海外において働く際にどういう問題に直面するかを考察していた部分は評価できます。この点から、高校生として「グローバル人材とは?」という切り口で考察するとよいという指摘がありました。

【限られた資源を利用した産業開発と日本の技術協力】

原稿、スライド共に大まかな流れは作っていますが、前半はほぼシンガポールの国紹介に終始している点、水事情等の情報は伝わってきますが、調べ学習の発表レベルにならないようにすることが課題としてあげられました。今後は、自分たちの考えをつめていき、生の経験に基づいた発表に近付けていき、他国との比較論も入れると深まるのではないかということになりました。

【北方領土問題を通じた領土問題】

概略は出来ており、原稿も進んではいますが、まだパワーポイントが出来ていない状態でした。領土問題を「地理」「歴史」「宗教」の3つの視点に分けてアプローチしているが、自分たちの意見としての核は出来ていないので、今後その点を深めていくことになりました。

情報量はあっても、自らの考えをつめている段階ではなく、発表の仕方に改善が必要なグループが多くみられました。「発表の焦点を絞ること」「生の経験を活かし、自分たちなりに考えること」、この二つの課題であると感じました。

ページの先頭へ

<フィールドワーク・大会参加> <講演・交流活動> <授業> <SGH通信(準備中)>