SGH
SGH活動のトップへ SGH活動
フィールドワーク・大会参加
講演・交流活動
授業
SGH通信(準備中)

SGHの目的

今日の世界においては、社会、経済、文化のグローバル化が急速に進展し、国際的な流動性が高まっている。また、科学技術の急速な進歩と社会の高度化、複雑化や急速な変化に伴い、過去に蓄積された知識や技術のみでは対処できない新たな諸課題が生じている。これらに対応していくため、世界と競える新たな知識や専門的能力を持った人材が求められていることから、21世紀の社会状況を展望し、激動する国際社会で活躍するグローバル・リーダーとなるべく素養をもった人材の育成を研究開発の目的とする。

本校のSGHの研究課題

北海道の産業課題を世界視点で捉え、解決に導くグローバル人材育成。

本校のSGHの概要

国際化を推進する大学・官公庁・民間企業と連携し、国際教養を身につけながら、産業、環境、社会における『未来の北海道の姿』をテーマとして、「課題の設定」・「調査(フィールドワーク)」・「仮説・分析」・「まとめ・表現・発信」の研究を行ない、国際舞台で主体的に活躍する全人的グローバル・リーダーを育成。

課題研究内容

世界の仕組みを理解し、課題を見つけ、多様性ある思考、行動のもと、課題解決に導く決断ができる人材を育成するための課題探究型教育研究と評価システムを研究すること。
(1)課題探究型学習 探究基礎 「情報の収集力、分析力、考察力、想像力」
ジェネリックスキルを基本に、異文化に対する理解力と寛容性を養う研究を行なう。国内外の大学や企業、国際機関等から指導者を招いたり、国内外でのフィールドワークを通じて国際的な感受性を養う。
(2)課題探究型学習 探究応用 「問題解決力、多様性、実践力」
「個人探究」:「食料(日々の生活と切っても切り離せない「食」を通じて、北海道の身近なトピックスから、世界規模の問題を捉え、そして自らの関わり方を問い直す など)・観光・領土・戦後70年」を切り口とし、北海道が抱える課題を世界視点で考え、解決施策を策定する。生徒は個人の興味、関心に応じて個人研究テーマを選択し課題研究に取り組む。「グループでの探究」:同一テーマ毎にグループ単位で課題検討、分析、意見交換を行う。「外国人フィールドワーク」:フィールドワーク協力機関に出向き、意見交換を通じ問題解決型思考を研究する。
(3)課題探究型学習 探究発展 「情報発信力、交渉力、英語コミュニケーション力」
個人論文の策定を行う。語学力レベルに応じて、レベル①は英語論文、レベル②は日本語論文とする。英語力の差異により、①か②を選択。論文は、ロジカルライティング(自分の意見や主張を、相手にわかりやすく伝えるための文章作成法)を意識して策定。各種コンクールに応募、学内発表、学外発表の実施。卒業論文の作成。
(4)課題探究評価 「パフォーマンス評価」の研究
課題探究研究(思考・判断・表現など)の質的評価検証プログラムの研究、開発。

学園ホーム高等学校ホーム > SGH

【高1】 EU出前授業

平成29年11月9日(木)

1.EUがあなたの学校にやってくる

講演者

 ドラジェン・フラスティッチ氏(駐日クロアチア共和国大使)

EUの外交官の方に講演していただき、異文化理解を深めました。日本はEUと様々な条約や協定を結んでおり、政治面でも経済面でも深い関わりを持っていることを学びました。また、講師の先生の出身であるクロアチアのことについてもお話しいただきました。

1、EUについて(5時間目)

 EUは29の国と24の公用語から成り立っており、そうした共同体が形成された背景についての歴史的背景やEU統合の理念、活動内容を学びました。EUでは年間10億ユーロを開発援助に利用し、貧困対策などに役立てているそうです。EUは多くの移民・難民を受け入れており、こうしたこともEUの重要な政策となっていることも学びました。

 EUは日本とも関係を強めており、特に今年日欧間で大枠合意した経済連携協定(EPA)、戦略的パートナーシップ協定(SPA)は経済的な意義が大きいものであること、日欧間の安全保障に関わる協定(EU-Japan Security Cooperation)も締結しました。また、日本からの留学生も積極的に受け入れており、そのための環境も整えているそうです。

2、クロアチアについて・質疑応答(6時間目)

 講師の先生がクロアチア出身ということで、クロアチアのことについて話していただきました。クロアチアはヨーロッパの南東に位置し、人口440万人、5万6千平方㎞(北海道くらいの面積)で首都はザグレブです。古くからの歴史を持つ都市もあり、古代ローマの建築物もあるそうです。

 そうした歴史や美しい自然を持つ国がクロアチアだということを学びました。

【高1】 北海道総合計画

平成29年10月19日(木) /  平成29年10月26日(木)

平成29年11月2日(木)

1.北海道総合計画について

講演者

 千代 紳氏(北海道総合計画政策局計画推進課計画推進グループ主幹)

中里 安紘氏(同主査)

 北海道総合計画という、北海道の今後の発展や生活基盤を支える様々な政策について北海道庁の職員の方々にお話ししていただきました。育児、医療、エネルギー、観光、農林水産、教育など多岐にわたる概要をお話しいただき、北海道がどのような方向に今後向かっていくべきかを、知る良い機会になりました。

1-1.北海道総合計画の概要(千代さん)

3回にわたる講座の大枠となるお話でした。初めに北海道庁の組織や仕事について説明していただきました。その上で、北海道総合計画という北海道の地理、気候、自然、産業、観光について説明していただき、北海道の今後の課題とそれに対する対策について紹介していただきました。

「北海道を知ろう」と題する北海道の地理や気候、産業などに関わるクイズを出していただき、生徒は北海道に関する知識や関心を深めることができました。

少子高齢化、札幌市への人口集中、グローバル化、地球環境問題の深刻化、大規模自然災害リスクの高まりといった課題があり、それに対して雪や寒さを魅力として、地理的に近いアジア・ロシア極東から観光客誘致やビジネスチャンスをはかることを目指したり、優れた自然環境や独自の歴史・文化など、高い食料供給力を活かしたりしていくべきことを学ぶことができました。

1-2、「7つの将来像」に関連する道の取組の紹介(中里さん)

 北海道総合計画を推進するために描いている7つの将来像(①子育て環境、②安全・安心社会、③環境先進モデル、④“憧れのくに”北海道ブランド、⑤地域経済環境、⑥豊富な人材、⑦個性あふれる地域)について説明していただきました。北海道における主な地域医師確保対策、広域観光周遊ルートの形成、先進技術を駆使したスマート農業の推進、北海道の魅力を活かした移住・定住の促進、といった具体例が挙げられました。

 最後に質疑応答ということで、障がいのある方々が活躍できる社会作りとはどのようなものか、など北海道の将来に関わる質問が出ました。

2.北海道総合計画を推進する道の取り組みについて

講演者

大塚 幹浩氏(北海道経済部食関連産業室研究戦略グループ主査)

臼杵 誠氏(同研究集積グループ主査)

 藤田 栄一郎氏(経済部観光局主幹)

最新の北海道の観光産業事情について、官庁の視点から北海道経済部の担当者の方から講義していただきました。今回は2回目で、「食」と「観光」についてお話しいただきました。どちらもグローバル化が問題になっており、世界各国に北海道の良さアピールすることが必要となってきているようです。

2-1,「北海道産食品の輸出拡大に向けた取り組みについて」(5時間目、大塚さん)

IMGP9428北海道では、日本で少子高齢化が進み人口減少にあることから、食料を輸出するべく、海外市場の開拓に取り組んでいます。世界的な日本食ブームの広がりや、アジア諸国の経済発展などをうまく利用して販路を拡大することを計画しています。そのために香港やタイ、シンガポール、台湾などで商談会を開催したり、アドバイザーによる企業支援を実施したりしています。また、シンガポールや台湾に道産食品を扱うアンテナショップを置くことで、現地の人により北海道に関心をもってもらおうということもしています。

2-2,健康食品「ヘルシーDo」(5時間目、臼杵さん)

 IMGP9445北海道は国内最大の食料生産地域であり、多くの農水産物が全国第1位の生産量です。しかし、食品工業の付加価値率は全国平均と比べると低く、食品に価値をつけるということが課題となっています。その問題を解決するべく考案されたのが、「ヘルシーDo」です。

「ヘルシーDo」とは北海道食品機能性表示制度であり、北海道が健康食品を認定することで食品に付加価値をつけようとするものです。この制度を導入することで、北海道への食品メーカー誘致を行い、道内産業の育成や雇用促進につなげていこうという試みについて学びました。

2-3,国内外からの誘客拡大に向けた取り組みについて(6時間目、藤田さん)

 IMGP9470世界全体の国際観光客の人数はリーマンショック以降から7年連続で増加しています。2016年には12.4億人でしたが、40年には18億人まで拡大することが予測されています。アジア太平洋地域は、近年観光受入数を急速に増加させており、訪日外国人観光客も好調に増加しています。

 その中で、北海道も観光客の受け入れを積極的に進めています。特に、外国人観光客は観光消費額が道内客や国内客より大きく、経済効果も期待できることから受け入れを積極的に進めようとしています。出身国の内訳をみると、約88%をアジア地域が占めています。道内の訪問先は道央圏が半数を占めており地域偏在が大きい状態が課題となっています。

道では国際旅行博への出展や商談会などを実施するとともに各国の言葉の観光パンフレットを作成し環境を整えています。

3.北海道総合計画を推進する道の取り組みについて②

講演者

堀内一宏氏(北海道ASEAN事務所)

浦田哲哉氏(総合政策部国際局国際課)

最新の北海道の観光産業事情について、官庁の視点から北海道経済部の担当者の方から講義していただきました。今回は3回目で、「国際関係」についてお話しいただきました。前回の内容とも関連する内容で生徒も関心をもって授業に参加していました。

3-1,北海道ASEAN事務所の取り組み(5時間目、堀内さん)

 IMGP9476急速な発展を遂げていることで近年注目されているASEANに対して北海道が最近事務所を設置しました。今回はその事務所の代表者の方にお話しをいただきました。

総人口6.1億人、総GDP約2兆4000万ドル、平均人口29.1歳と経済規模や潜在成長率の面などから今後の発展を見込めるASEANについて説明していただきました。北海道が事務所を置いたのがシンガポールということで、シンガポールに事務所を置いた背景やシンガポールの産業、気候、教育などについてもお話しいただきました。北海道は日本の観光地の中でも比較的認知度が高く、宿泊数も東京、大阪に次いで多く、観光客が見込めることから設置したそうです。また、近隣のマレーシアも韓国と同じように近年北海道への観光客が急激に増加しているようです。

また、北海道食をASEAN諸国に売り込み、販路拡大を目指しています。平成26年の時点で、663億円だった輸出額を平成30年には1000億円まで伸ばすことを目標としています。そのために、商流・物流網の整備、輸出支援体制の確立、新たな市場への展開といったことを進めているそうです。北海道のブランド力を活かしてリゾートホテル開発などの海外からの投資を促進していこうということも計画しています。

3-2、「北海道とロシアとの関係について~サハリンとの交流から欧露部への交流拡大へ~」(6時間目、浦田さん)

 IMGP9503ロシアという日本からすると少しなじみの薄い国が、北海道にとっては重要な経済パートナーになりつつあるということをお話いただきました。

 最初に日本人のロシアに対する好感度ということで、ロシアに対する好き/嫌いを5段階に分けた上で、生徒に手を挙げてもらい、一般の人や他の国と比較することで、ロシアの一般的なイメージを考えさせました。

 その上で、サハリンの都市の写真を見せて日本との関係を説明したり、日本とロシアの関係史について説明したりしてもらいました。

最後は両方の内容に対して質疑応答がなされました。

【高1】 北海道の観光

平成29年8月31日(木) / 平成29年9月7日(木)

1.北海道の観光(民間業者の視点から)

講演者

三澤 英朗 氏(株式会社JTB北海道 観光マーケティング戦略室)

最新の北海道の観光産業事情について、民間業者の一事例としてJTBの担当者から講義していただきました。高校生に向けてお話をするのは初めてということでしたが、わかりやすい説明だったと思います。また、観光産業の発展可能性を考える中で人材の確保は重要であり、今授業を聞いている高校生のなかにも、観光産業に関心をもって将来参加してくれる人がいれば嬉しく思うということもお話しいただきました。

1-1、北海道観光の現状、観光産業について

 ここ数年でスマートフォンが急速に普及したことからもわかるように、最近、世界ではデジタル化が驚くべきスピードで進んでいることが観光業界にとって脅威になっています。

現在北海道では、全国よりもかなり速いペースで人口減少が進んでおり、各種産業の衰退も進んでいる。こうした状況の中で、政府が進めている観光産業を北海道でも進めようとしており、その流れで、JTBも観光マーケティング戦略室という部署を設けて北海道に観光客を呼び寄せるアイディアを提供しています。

今観光客を増加させるために必要なのは、外国人観光客を増加させることです。北海道の外国人観光客は2014年の154万人から2015年の208万人に急増しています。北海道の外国人観光客の9割がアジア(特に中国・台湾)から来ていますが、他の地域からの観光客掘り起こしも重要となっています。各国の訪問先・宿泊先をみると、外国人観光客には登別・ニセコが人気で、日本人観光客とは目的地が違います。

また、道内観光客の大半の滞在地は札幌または道央圏なので、それ以外の地域の魅力をいかにアピールできるかということを考えています。タイからの観光客は雪を見に来る人が多く、シンガポールからの観光客は広い道路で運転をしたい人が多く、台湾からの観光客はサイクリングを好むなどそれぞれの国のニーズにあったプランを設計しています。

全道各地でも新たに観光客の招致に力を入れている地域・施設などがいくつもあり、JTBはその手助けとしてデータを提供したり、プランを提案したりしています。

大倉山ジャンプ場の魅力をスポーツ関係者と観光関係者が集まって話をする機会があった。スポーツ関係者は競技実績を上げることが観光客の増加になると考える人がいますが、必ずともそうとは限りません。知名度、立地条件など大倉山ジャンプ場の良さを活かしてインバウンド向けにカウントダウンイベントを行ないました。年末ということもあり、参加したのは外国人観光客がほとんどでした。

マーケティングの手法でペルソナマーケティングというものがあります。年齢、性別、職業などに加え、その人が休日にいくコーヒー店、家具を買う店などの消費行動を徹底的に調査する手法です。近年はこの手法で、「女子旅」など観光についても調査をすることが多くなっています。

1-2、グループワーク(SWOT分析)

北海道観光の現状を説明していただいた後に、北海道観光の環境分析をSWOT分析という方法を通して生徒が考えました。生徒から出た意見は以下の通りでした。

・強み(strength)

 食べ物、暑くないこと、避暑地、ウィンタースポーツ、新鮮な魚介類

 実際よりも立派なイメージ(時計台)

・弱み(weakness)

 交通手段、他言語表記、夏のイベントなし、地方のお店少ない

 国際便直行便少ない

・機会(opportunity)

 土地が余っている、新たなものを作れる、長期滞在の可能性、

若い人がインターンシップをできる

・脅威(threat)

 交通機関の麻痺

2.北海道の観光②(官庁の視点から)

講演者

実重 貴之氏(国土交通省北海道運輸局観光部観光企画課 課長)

植田 雅巳氏(同 係長)

最新の北海道の観光産業事情について、官庁の視点から北海道運輸局観光部の担当者の方から講義していただきました。今回も含めて3回にわたって来ていただくということで、今回は概要を話していただきました。お2人の講演が終了した後、質疑応答の時間を設けました。インバウンドの現状、ネガティブ情報の提供、農泊などに関して生徒から質問が出てきて、活発な時間となりました。

2-1、「我が国・北海道の観光の現状について」(担当:実重さん)

近年の外国人観光客増加は安倍政権になってからビザの緩和(免除措置)をおこなったことがきっかけでした。訪日外国人旅行の消費額3・7兆円でこれは日本の産業で言えば、電子部品の輸出額を超える額です。世界観光機関の推計では観光にかける毎年4%増加しています。旅行・観光消費の経済効果は52兆円であり、直接効果は24兆、一次間接効果は17兆、二次間接効果は10兆と様々な産業に波及していきます。

観光産業は旅行サービス業、宿泊業、運輸業、観光資源・娯楽産業とも結びついており、人口が減少傾向にある日本において、外国人観光客の増加が日本の経済発展につながります。また、宿泊業では、旅館が外国人観光客をとりこむために広報などを強化していくことが重要になってくるでしょう。

北海道における外国人観光の課題は、行き先が道央圏に一局集中していること、ピーク期と閑散期との差が大きいことです。

2、「インバウンドの受け入れ環境整備について」(担当:植田さん)

訪日外国人旅行者が増加する中で様々な課題が生じてきているため、それを解決する試みが必要となっています。以前は無線LANの充実が訪日観光の課題となっていましたが、ある程度普及が進み、宿泊地などで言葉の壁がありコミュニケーションがとりにくいことに変化しています。

訪日外国人が多いニセコは、冬はスキーで有名ですが、夏はあまり観光客が多くないので、ゲレンデで自転車に乗れるような試みをしています。ブロック連絡会のワーキンググループ(WG)で課題を検討した結果、観光WG、交通WGで211の課題、港湾WGでは20の課題が見つかりました。

現在の課題は、無線LAN環境整備、多言語での情報提供・発信、災害緊急時の対応、レンタカーの安全確保です。

ページの先頭へ

<フィールドワーク・大会参加> <講演・交流活動> <授業> <SGH通信(準備中)>