SGH
SGH活動のトップへ 講演・交流活動
フィールドワーク・大会参加
講演・交流活動
授業
SGH通信(準備中)

SGHの目的

今日の世界においては、社会、経済、文化のグローバル化が急速に進展し、国際的な流動性が高まっている。また、科学技術の急速な進歩と社会の高度化、複雑化や急速な変化に伴い、過去に蓄積された知識や技術のみでは対処できない新たな諸課題が生じている。これらに対応していくため、世界と競える新たな知識や専門的能力を持った人材が求められていることから、21世紀の社会状況を展望し、激動する国際社会で活躍するグローバル・リーダーとなるべく素養をもった人材の育成を研究開発の目的とする。

本校のSGHの研究課題

北海道の産業課題を世界視点で捉え、解決に導くグローバル人材育成。

本校のSGHの概要

国際化を推進する大学・官公庁・民間企業と連携し、国際教養を身につけながら、産業、環境、社会における『未来の北海道の姿』をテーマとして、「課題の設定」・「調査(フィールドワーク)」・「仮説・分析」・「まとめ・表現・発信」の研究を行ない、国際舞台で主体的に活躍する全人的グローバル・リーダーを育成。

課題研究内容

世界の仕組みを理解し、課題を見つけ、多様性ある思考、行動のもと、課題解決に導く決断ができる人材を育成するための課題探究型教育研究と評価システムを研究すること。
(1)課題探究型学習 探究基礎 「情報の収集力、分析力、考察力、想像力」
ジェネリックスキルを基本に、異文化に対する理解力と寛容性を養う研究を行なう。国内外の大学や企業、国際機関等から指導者を招いたり、国内外でのフィールドワークを通じて国際的な感受性を養う。
(2)課題探究型学習 探究応用 「問題解決力、多様性、実践力」
「個人探究」:「食料(日々の生活と切っても切り離せない「食」を通じて、北海道の身近なトピックスから、世界規模の問題を捉え、そして自らの関わり方を問い直す など)・観光・領土・戦後70年」を切り口とし、北海道が抱える課題を世界視点で考え、解決施策を策定する。生徒は個人の興味、関心に応じて個人研究テーマを選択し課題研究に取り組む。「グループでの探究」:同一テーマ毎にグループ単位で課題検討、分析、意見交換を行う。「外国人フィールドワーク」:フィールドワーク協力機関に出向き、意見交換を通じ問題解決型思考を研究する。
(3)課題探究型学習 探究発展 「情報発信力、交渉力、英語コミュニケーション力」
個人論文の策定を行う。語学力レベルに応じて、レベル①は英語論文、レベル②は日本語論文とする。英語力の差異により、①か②を選択。論文は、ロジカルライティング(自分の意見や主張を、相手にわかりやすく伝えるための文章作成法)を意識して策定。各種コンクールに応募、学内発表、学外発表の実施。卒業論文の作成。
(4)課題探究評価 「パフォーマンス評価」の研究
課題探究研究(思考・判断・表現など)の質的評価検証プログラムの研究、開発。

学園ホーム高等学校ホームSGH > 講演・交流活動

講演・交流活動

【高2】 アフリカの民族芸術と観光

平成29年11月21日(火) / 平成29年12月12日(火)

1.アフリカの民族芸術と観光

講演者

下休場 千秋 氏(北海道大学観光学高等研究センター)

大阪芸術大学芸術学部環境計画学科卒。筑波大学大学院環境科学研究科修了。博士(芸術文化学)。1987年から大阪芸術大学において、エコロジカルプランニング、アフリカの民族文化に関する教育と研究に従事。カメルーン、エチオピア等で民族文化とエコツーリズムに関するフィールドワークを実施。日本エコツーリズム協会理事。

講演内容

1、カメルーン共和国、グラスフィールドの首長国を事例として

・アフリカの民族芸術が生活文化において、いかに生み出されてきたか、そして、アフリカの民族芸術の新たな価値がどのように創造され伝承されてゆくのか、についてお話していただきました。

・どのような暮らしが営まれているか、伝統的住居と住文化の特徴について教えていただきました。農村ちいきにおける農業、牧畜業による自給自足社会、及び貨幣経済についてです。

・どのような民族芸術があるが、儀礼祭祀と民族芸術品について教えていただきました。アフリカの民族芸術の特徴として、無形文化としての儀礼祭祀、有形文化としての民族芸術品があります。

・儀礼祭祀の意味についてお話いただきました。仮面 ダンス(JUJUダンス)の映像を見せていただきました。JUJUとはヒトの祖霊や動物の精霊のことで、このダンスは喪明けの儀礼として、祖霊や精霊を象徴する仮面を付けた踊り手が集団で踊ります。

・カメルーン北西州のバフツ首長国の事例について詳しく教わりました。人口約6万人、16世紀依頼継承する王国で、現在は第11代王・アブンビⅡ世が治めています。

・アビンフォ祭りについて教わりました。毎年12月中旬、2週間にわたりバフツ王宮を中

心に開催される王国でもっとも盛大な新年祭だそうです。

・民族芸術はいかに伝承されるのか、博物館の設置運動を例に教えていただきました。

・アフリカの社会が伝承してきた民族文化・芸術を保全・継承するためには着地型観光(コミュニティ・ベースド・ツーリズム)を通した新たな価値の創造が必要になるとのことです。

2.着地型観光としてのエコツーリズム

講演者

下休場 千秋 氏(北海道大学観光学高等研究センター)

大阪芸術大学芸術学部環境計画学科卒。筑波大学大学院環境科学研究科修了。博士(芸術文化学)。1987年から大阪芸術大学において、エコロジカルプランニング、アフリカの民族文化に関する教育と研究に従事。カメルーン、エチオピア等で民族文化とエコツーリズムに関するフィールドワークを実施。日本エコツーリズム協会理事。

講演内容

1、着地型観光としてのエコツーリズム

観光と地域づくりについて講演をしていただきました。概要は以下の通りです。

 ・エコツーリズムのプログラム実例紹介

 ・持続可能な観光について

 ・観光地の課題とは

 ・地域の課題を解決するために観光が果たす役割

 ・これからの観光が担う役割

 ・エコツーリズムの定義

 ・環境保全と観光

 ・フットパスの定義

 ・日本におけるフットパスについて

 ・エコツーリズムと地域づくりについて

 ・エコツーリズムの進め方について

2、まとめ

 ・民族芸術を理解するためには、文献等で情報収集する他にも直接現地に赴き、フィールドワークを通じて自分自身で体験することが重要である。

・アフリカでは自然環境と民族のアイデンティティに基づく生活文化が形成され、独自の民族芸術が伝承されてきた。

・アフリカの社会が伝承してきた民族文化、民族芸術を保全・継承するために、着地型観光(コミュニティ・ベースド・ツーリズム)を通じた新たな価値の創造が必要となる。

 ・「地」を対象とする、エコツーリズム、ウェルネスツーリズム、フットパスといった歩く滞在交流型観光による地域づくりが重要である。

 ・「観光」は「日常→非日常→日常」と往来する「通過儀礼」と同じ過程を経て成立する。

 ・メディアが創造する地域イメージ(非日常性の演出)ではなく、地域文化の本物(オーセ

ンティシティ)を志向する観光が、エコツーリズムである。

 次回12月19日(火)からは、3月までペアでの課題研究を行います。

【高1】 異文化理解

平成29年11月30日(木)

1.文化と風景

講演者

上田裕文氏(北海道大学観光学高等研究センター准教授)

今回は異文化を理解するための手がかりとして、風景研究を行っている先生の授業を受講しました。日本とヨーロッパでは、風景の見方が異なっているなど新たな知見を得ることができました。また、スケッチや地図を描くことなどを通じて、風景研究の手法を生徒自身が主体的に学びました。

1-1、「風景」と「景観」

「風景」と「景観」という2つの言葉の意味について、日本に入ってきた経緯をふまえて学びました。その上で、「景観研究」と「風景研究」というのは似ているようで、別のことを対象にするものであるということを学びました。

その上で、自分のまちの好きな風景を簡単なスケッチと簡単な地図で生徒が描くことによって、風景イメージスケッチの手法を学びました。

 

1-2、まちのイメージ調査(札幌編)

日本とヨーロッパでは風景の見方が異なっていることを紹介していただき、その上で色々な都市のスケッチについて学びました。

その上で、札幌の都市イメージについても学びました。立体的にイメージされる札幌の都市イメージは日本で最も魅力的なまちのひとつと言われる要因だとも考えられているようです。

 

【高1】 EU出前授業

平成29年11月9日(木)

1.EUがあなたの学校にやってくる

講演者

 ドラジェン・フラスティッチ氏(駐日クロアチア共和国大使)

EUの外交官の方に講演していただき、異文化理解を深めました。日本はEUと様々な条約や協定を結んでおり、政治面でも経済面でも深い関わりを持っていることを学びました。また、講師の先生の出身であるクロアチアのことについてもお話しいただきました。

1、EUについて(5時間目)

 EUは29の国と24の公用語から成り立っており、そうした共同体が形成された背景についての歴史的背景やEU統合の理念、活動内容を学びました。EUでは年間10億ユーロを開発援助に利用し、貧困対策などに役立てているそうです。EUは多くの移民・難民を受け入れており、こうしたこともEUの重要な政策となっていることも学びました。

 EUは日本とも関係を強めており、特に今年日欧間で大枠合意した経済連携協定(EPA)、戦略的パートナーシップ協定(SPA)は経済的な意義が大きいものであること、日欧間の安全保障に関わる協定(EU-Japan Security Cooperation)も締結しました。また、日本からの留学生も積極的に受け入れており、そのための環境も整えているそうです。

2、クロアチアについて・質疑応答(6時間目)

 講師の先生がクロアチア出身ということで、クロアチアのことについて話していただきました。クロアチアはヨーロッパの南東に位置し、人口440万人、5万6千平方㎞(北海道くらいの面積)で首都はザグレブです。古くからの歴史を持つ都市もあり、古代ローマの建築物もあるそうです。

 そうした歴史や美しい自然を持つ国がクロアチアだということを学びました。

ページの先頭へ

<フィールドワーク・大会参加> <講演・交流活動> <授業> <SGH通信(準備中)>