SGH
SGH活動のトップへ フィールドワーク・大会参加
フィールドワーク・大会参加
講演・交流活動
授業
SGH通信(準備中)

SGHの目的

今日の世界においては、社会、経済、文化のグローバル化が急速に進展し、国際的な流動性が高まっている。また、科学技術の急速な進歩と社会の高度化、複雑化や急速な変化に伴い、過去に蓄積された知識や技術のみでは対処できない新たな諸課題が生じている。これらに対応していくため、世界と競える新たな知識や専門的能力を持った人材が求められていることから、21世紀の社会状況を展望し、激動する国際社会で活躍するグローバル・リーダーとなるべく素養をもった人材の育成を研究開発の目的とする。

本校のSGHの研究課題

北海道の産業課題を世界視点で捉え、解決に導くグローバル人材育成。

本校のSGHの概要

国際化を推進する大学・官公庁・民間企業と連携し、国際教養を身につけながら、産業、環境、社会における『未来の北海道の姿』をテーマとして、「課題の設定」・「調査(フィールドワーク)」・「仮説・分析」・「まとめ・表現・発信」の研究を行ない、国際舞台で主体的に活躍する全人的グローバル・リーダーを育成。

課題研究内容

世界の仕組みを理解し、課題を見つけ、多様性ある思考、行動のもと、課題解決に導く決断ができる人材を育成するための課題探究型教育研究と評価システムを研究すること。
(1)課題探究型学習 探究基礎 「情報の収集力、分析力、考察力、想像力」
ジェネリックスキルを基本に、異文化に対する理解力と寛容性を養う研究を行なう。国内外の大学や企業、国際機関等から指導者を招いたり、国内外でのフィールドワークを通じて国際的な感受性を養う。
(2)課題探究型学習 探究応用 「問題解決力、多様性、実践力」
「個人探究」:「食料(日々の生活と切っても切り離せない「食」を通じて、北海道の身近なトピックスから、世界規模の問題を捉え、そして自らの関わり方を問い直す など)・観光・領土・戦後70年」を切り口とし、北海道が抱える課題を世界視点で考え、解決施策を策定する。生徒は個人の興味、関心に応じて個人研究テーマを選択し課題研究に取り組む。「グループでの探究」:同一テーマ毎にグループ単位で課題検討、分析、意見交換を行う。「外国人フィールドワーク」:フィールドワーク協力機関に出向き、意見交換を通じ問題解決型思考を研究する。
(3)課題探究型学習 探究発展 「情報発信力、交渉力、英語コミュニケーション力」
個人論文の策定を行う。語学力レベルに応じて、レベル①は英語論文、レベル②は日本語論文とする。英語力の差異により、①か②を選択。論文は、ロジカルライティング(自分の意見や主張を、相手にわかりやすく伝えるための文章作成法)を意識して策定。各種コンクールに応募、学内発表、学外発表の実施。卒業論文の作成。
(4)課題探究評価 「パフォーマンス評価」の研究
課題探究研究(思考・判断・表現など)の質的評価検証プログラムの研究、開発。

学園ホーム高等学校ホームSGH > フィールドワーク・大会参加

フィールドワーク・大会参加

グローバルリンク・シンガポール2017参加報告

1.実施日  平成29年7月23・24日

2.主催者  グローバルリンク・シンガポール2017実行委員会

3.企画運営 JTBグループ

4.後援   シンガポール政府観光局・国際機関日本アセアンセンター・独立行政法人科学技術振興機構・日本修学旅行協会

5.運営協力 シンガポール科学技術研究庁・シンガポール国立大学・東京工業大学・SGH甲子園事務局・立教大学・日本サイエンスサービス・Pico Factory Japan・日本アクティブラーニング協会・ベネッセ

6.参加国・学校

(1)オーラル発表部門

部門

国名

学校名

社会課題

(3カ国・4チーム)

日本(2)

秋田南高校・富士見丘中学高校

ミャンマー

 

ベトナム

 

サイエンス

(3カ国・10チーム)

日本(4)

本校・市川中学高校・東京大附属・  池田中学高校

タイ(3)

 

フィリピン(3)

 

(2)ポスター発表部門

部門

国名

学校名

社会課題

5カ国26チーム

社会課題を各チームが設定しその問題・施策を発表する

日本(9高校)

15チーム

本校・県立浦和・佐藤栄学園東・池袋立教中学高校・法政大学女子高校・甲南高校・高知西・郁文館中学高校・横浜サイエンスフロンティア

ミャンマー(1高校)4チーム

ベトナム(2高校)3チーム

シンガポール(1高校)2チーム

インドネシア(1高校)2チーム

サイエンス

5カ国36チーム

各チームが研究しているテーマについて発表する

日本(9高校)

26チーム

本校・仙台二華・水沢・村山産業・本庄・三田国際・米子工業・郁文館中学高校・横浜サイエンスフロンティア

タイ(1高校)

フィリピン(1高校)6チーム

ベトナム(1高校)

インドネシア(1高校)

7.総括

(1)SSHオーラル発表は2名招待(旅費は1名)。ポスター発表は同一研究グループ3名による参加。SGH4名は参加希望があり出場(SGH国際大会に準じる大会である為)。

(2)オーラル発表部門・ポスター発表部門ともに英語発表。当日の言語は英語。

(3)発表以外で,各国の生徒が交流するステージも準備されており,国際的な交流の機会はあった。

(4)大会終了後,主催者による企業訪問,研究所訪問が準備されており,グローバル視点で生徒の研究に役立つものであった。

(5)今年で4回目であったが,日本から100名・海外から100名近く参加しており,年々参加者が増となっている。今後は,アセアン地域にとらわれず,オーストラリアやニュージーランドなどにも広げていく計画である。

(6)JTBの思惑は,今までの海外修学旅行が頭打ちになりつつあり,その後継商品として開発をしている状況である。特に,2020年度以降の大学改革や入試改革への対応商品として研究している様子であった。

(7)営利企業の商品開発ではあるが,これだけの規模で実施できる組織力は優れており,今後の提案に注目したい。

8.入賞

(オーラル発表部門 ポスター発表で2位入賞 尾先(高2)・石井・千葉・荒井(高1))

【高2】 イオン1%クラブ 中日小大使活動

平成29年7月10日(月)~17日(月) 

2017 日本・中国ティーンエイジアンバサダー 中日小大使活動

 7月10日(月)~17日(月)にかけてイオン1%CLUB FOUNDATION主催 2017 日本・中国ティーンエイジアンバサダー 中日小大使活動に本校20名の生徒が参加しました。

 この活動はイオングループが日本と中国の高校生の友好を深めることを目的に実施しているプログラムであり、本校は昨年に引き続き参加校の一つとして選ばれました。日程の前半10日~12日の3日間は他の参加校である筑波大学付属高校、東京学芸大学付属高校、大分の岩田高校の生徒と共に中国の高校生を東京で迎え入れ、外務省や中国大使館、首相官邸で表敬訪問を行い、夜には中国大使館で歓迎会が催されました。

 歓迎会では日中友好宣言が両国高校生から贈呈され、各校から伝統舞踊などのパフォーマンス披露もあり文化的交流が行われました。その後、イオングループの本社がある千葉県で中国の高校生と共に農作物の収穫体験やバーベキュー、キャンプファイヤーをして友情を深めました。

 13日からは本校生徒と青島の高校生達が北海道に移動し、北海道庁を表敬訪問後、本校の授業体験や部活動で剣道・茶道の体験をしました。週末はペアとなっているホスト生の自宅でホームステイをしました。

 

 

 

 

 

10月には今回ホスト生となった本校生徒20名が中国の北京や青島を訪れ、さらに日中友好の懸け橋となれるよう中国の高校生との友好を深める予定です。

 

全日本高校模擬国連大会出場

平成27年11月14日(土) /平成27年11月15日(日)

大会概要

第1次選考

  • 【課題】:「異文化理解」に関する4つのレポート(英語課題1題・日本語課題3題)
  • 【選考チーム数】80チーム
  • 【選考結果発表】:2015年10月1日

全日本模擬国連大会

  • 【日時】:2015年11月14日(土)・15日(日)
  • 【場所】:国際連合大学
  • 【議題】:「国際移民」の問題に関する下記の3つ観点
         頭脳流出
         非正規移民
         困難に直面する移民の保護
  • 【概要】
    全国から第1次選考を通過した80チーム(2人1組)を40チームずつ会議Aと会議Bに分け、それぞれのチームが各国の代表として、与えられた議題について自国の利益と国際調和をはかり、政策を打ち立て、他国との交渉を通して会議の合意を決議という形で採択することを目指します。

大会当日

本校は会議Aのポルトガルの代表となりました。全国大会が決定した10月1日から1ケ月半もの間、ポルトガルの国際移民に関する歴史的背景や現状、進行中の政策や各国との関係などを調べながら、じっくりと時間をかけて、政策を考え大会に臨みました。

大会では、全国から有名な高校が多数参加しており、雰囲気にのみ込まれそうになりましたが、自分たちの政策とコンセンサスを同じくする国と地道に交渉を重ねながら、1日目には、7つのWorking Paper(公式作業文書)が提出され、そのうち本校も7カ国と共同でWorking Paperを提出することができました。2日目には、7つのWorking Paperのうち、3つが正式にDraft Resolution(決議案)として提出され、本校のWorking Paperもさらに協賛国を増やし、12カ国の共同でDraft Resolutionを提出することができました。その後の採決では、3つのDraft Resolutionのすべてが過半数の賛成を得て、可決されました。本校のDraft Resolutionは3つの中でももっとも多い賛成を得て、可決することができました。

大会に参加して、自分たちの力が通用する部分とまだまだ未熟な部分などを痛感し、また、交渉の仕方やリーダーシップの取り方なども学び、すごいと思える人と出会い、友達にもなれました。貴重な経験をし、多くの面で今後の成長の糧となる大会となりました。

ページの先頭へ

<フィールドワーク・大会参加> <講演・交流活動> <授業> <SGH通信(準備中)>