SGH
SGH活動のトップへ SGH活動
フィールドワーク・大会参加
講演・交流活動
授業
SGH通信(準備中)

SGHの目的

今日の世界においては、社会、経済、文化のグローバル化が急速に進展し、国際的な流動性が高まっている。また、科学技術の急速な進歩と社会の高度化、複雑化や急速な変化に伴い、過去に蓄積された知識や技術のみでは対処できない新たな諸課題が生じている。これらに対応していくため、世界と競える新たな知識や専門的能力を持った人材が求められていることから、21世紀の社会状況を展望し、激動する国際社会で活躍するグローバル・リーダーとなるべく素養をもった人材の育成を研究開発の目的とする。

本校のSGHの研究課題

北海道の産業課題を世界視点で捉え、解決に導くグローバル人材育成。

本校のSGHの概要

国際化を推進する大学・官公庁・民間企業と連携し、国際教養を身につけながら、産業、環境、社会における『未来の北海道の姿』をテーマとして、「課題の設定」・「調査(フィールドワーク)」・「仮説・分析」・「まとめ・表現・発信」の研究を行ない、国際舞台で主体的に活躍する全人的グローバル・リーダーを育成。

課題研究内容

世界の仕組みを理解し、課題を見つけ、多様性ある思考、行動のもと、課題解決に導く決断ができる人材を育成するための課題探究型教育研究と評価システムを研究すること。
(1)課題探究型学習 探究基礎 「情報の収集力、分析力、考察力、想像力」
ジェネリックスキルを基本に、異文化に対する理解力と寛容性を養う研究を行なう。国内外の大学や企業、国際機関等から指導者を招いたり、国内外でのフィールドワークを通じて国際的な感受性を養う。
(2)課題探究型学習 探究応用 「問題解決力、多様性、実践力」
「個人探究」:「食料(日々の生活と切っても切り離せない「食」を通じて、北海道の身近なトピックスから、世界規模の問題を捉え、そして自らの関わり方を問い直す など)・観光・領土・戦後70年」を切り口とし、北海道が抱える課題を世界視点で考え、解決施策を策定する。生徒は個人の興味、関心に応じて個人研究テーマを選択し課題研究に取り組む。「グループでの探究」:同一テーマ毎にグループ単位で課題検討、分析、意見交換を行う。「外国人フィールドワーク」:フィールドワーク協力機関に出向き、意見交換を通じ問題解決型思考を研究する。
(3)課題探究型学習 探究発展 「情報発信力、交渉力、英語コミュニケーション力」
個人論文の策定を行う。語学力レベルに応じて、レベル①は英語論文、レベル②は日本語論文とする。英語力の差異により、①か②を選択。論文は、ロジカルライティング(自分の意見や主張を、相手にわかりやすく伝えるための文章作成法)を意識して策定。各種コンクールに応募、学内発表、学外発表の実施。卒業論文の作成。
(4)課題探究評価 「パフォーマンス評価」の研究
課題探究研究(思考・判断・表現など)の質的評価検証プログラムの研究、開発。

学園ホーム高等学校ホーム > SGH

【高2】 地域と観光

平成29年1月24日(火)

1.講演者

北海道大学 観光学高等研究センター

大学院国際報道メディア・観光学院

花岡 拓郎 氏

2.実施内容

2-1.文化財の保存

JICA(国際協力機構)で文化財修復の経験から、ヨルダン旧市街地に存在する旧跡を守る活動をヨルダン政府との協力で行ったヨルダンの旧首都(サルト)でのプロジェクトの紹介をしていただきました。復元の際は根拠が必要あり、復元可能性を追究することが大切であることや、さらにオリジナルの状態なのか、後から付け加えられた部分なのかを見極めなければならず「どの部分を保存するのか」が重要だそうです。また、後から付け加えられた部分「既存不適格」ですが、取り壊さなくても、ユネスコからは指摘されないそうです。

2-2.古文書の読み解き

古い古文書からは、一見したもの以上の情報が含まれており、描かれている人物や情報から、多くのメッセージが読み解くことができるそうです。風景画でも、その土地で取れる作物、伝統の物が描かれており、実際に訪れていなくても伝わるようになっており、時代が新しくなるにつれて、「物」から「その場所で何が見れるか、出来るか」という情報が増えていっているのが興味深いところだそうです。絵図の読み取りから「どの情報が大切か」ということがわかるという点をお話いただきました。

二つのことに共通しているのは、ある物事にあたる時、貴重な情報をもとに、確実な根拠をもって分析することで、適切な判断ができるということがわかりました。SGHのみならず、今後の進路についても役立つ内容でした。

【全校生徒】 SGH基調講演

平成28年12月12日(月)

1.講演者紹介

演テーマ

「グローバル視点から考える、これからの国際協力」

関西学院大学

客員教授 大崎 麻子 氏

経歴

上智大学を卒業後、米国コロンビア大学で国際関係修士号(国際人権法・人道問題)を取得。国連開発計画(UNDP)NY本部開発政策局にて、ジェンダーと女性のエンパワーメントを担当。世界各地で数多くのプロジェクトを手掛ける。UNDPの活動領域である貧困削減、民主的ガバナンス、紛争・災害復興等でジェンダー視点を主流化させるために政策立案、制度及び能力構築に従事した。2004年11月に退職・帰国後、フリーの開発政策・ジェンダー専門家として政府関係機関、援助機関、国際機関、NGO、研究機関等で幅広く活動中。東日本大震災の発災直後から4年間、国際NGOオックスファム・ジャパンの復興支援事業ジェンダーアドバイザーとして、被災地の女性支援に従事。現在、関西学院大学総合政策学部客員教授、聖心女子大学非常勤講師、公益財団法人プラン・ジャパン理事、NPO法人Gender Action Platform理事。内閣府男女共同参画推進連携会議有識者議員。

(大崎麻子公式サイト プロフィール抜粋)

2.講演内容

全校生徒を対象としたSGH基調講演を関西学院大学客員教授で国連での職務経験を持つ、大崎麻子氏をお招きし実施いたしました。講演では、高校・大学時代の留学の話や国連での活動など実体験に基づく話をしてくださいました。その中でも乳幼児の死亡率減らした体験談に、感動している生徒も多かったように思えます。この講演をきっかけに、SGH受講生だけではなく、より多くの生徒が英語をより深く学びたいという思いや、将来、国際的に活動するために必要なことを考える貴重な機会を得ることができました。

 

 

【高1】 タイトル観光政策~地域振興を考える~

平成29年1月19日(木)

1.講演者

北海道大学観光学高等研究センター

特任助教 村上 佳代 氏

2.実施内容

国際協力に関する組織として、ODA(政府開発援助)、NGO(非政府組織)、NPO(非営利組織)の概要の説明を頂き、世界から見た日本について講演頂きました。

日本は世界からの認知度が高く、日本製品(自動車・家電の普及)、日本からの支援(人的支援)、援助(ODA等)アニメ等のコンテンツ産業が浸透しています。観光開発という視点から開発協力については見ると、地域の隠れたお宝を探し、地元(地域)の人々が気づいていない貴重な財産・街並みを調査、観光に活用することが地域復興を考える上で重要であることが指摘されました。また、国際協力における観光業振興のアプローチについて、ヨルダン・ジンバブエを事例に上げ説明頂きました。ヨルダンは西アジアに位置する王国、国民の大部分はイスラム教徒ですが、一部キリスト教徒も生活しています。隣国はシリア、イラク、イスラエル等政情不安の国に隣接するため、難民も多い国です。村上氏の活動拠点のサルトは観光地化されていませんが、街全体が伝統的街並みを呈しており、街全体が博物館というコンセプトの「エコミュージアム」を実践し、観光業振興のアプローチをしているという貴重なお話を伺いました。

ページの先頭へ

<フィールドワーク・大会参加> <講演・交流活動> <授業> <SGH通信(準備中)>