SGH
SGH活動のトップへ SGH活動
フィールドワーク・大会参加
講演・交流活動
授業
SGH通信(準備中)

SGHの目的

今日の世界においては、社会、経済、文化のグローバル化が急速に進展し、国際的な流動性が高まっている。また、科学技術の急速な進歩と社会の高度化、複雑化や急速な変化に伴い、過去に蓄積された知識や技術のみでは対処できない新たな諸課題が生じている。これらに対応していくため、世界と競える新たな知識や専門的能力を持った人材が求められていることから、21世紀の社会状況を展望し、激動する国際社会で活躍するグローバル・リーダーとなるべく素養をもった人材の育成を研究開発の目的とする。

本校のSGHの研究課題

北海道の産業課題を世界視点で捉え、解決に導くグローバル人材育成。

本校のSGHの概要

国際化を推進する大学・官公庁・民間企業と連携し、国際教養を身につけながら、産業、環境、社会における『未来の北海道の姿』をテーマとして、「課題の設定」・「調査(フィールドワーク)」・「仮説・分析」・「まとめ・表現・発信」の研究を行ない、国際舞台で主体的に活躍する全人的グローバル・リーダーを育成。

課題研究内容

世界の仕組みを理解し、課題を見つけ、多様性ある思考、行動のもと、課題解決に導く決断ができる人材を育成するための課題探究型教育研究と評価システムを研究すること。
(1)課題探究型学習 探究基礎 「情報の収集力、分析力、考察力、想像力」
ジェネリックスキルを基本に、異文化に対する理解力と寛容性を養う研究を行なう。国内外の大学や企業、国際機関等から指導者を招いたり、国内外でのフィールドワークを通じて国際的な感受性を養う。
(2)課題探究型学習 探究応用 「問題解決力、多様性、実践力」
「個人探究」:「食料(日々の生活と切っても切り離せない「食」を通じて、北海道の身近なトピックスから、世界規模の問題を捉え、そして自らの関わり方を問い直す など)・観光・領土・戦後70年」を切り口とし、北海道が抱える課題を世界視点で考え、解決施策を策定する。生徒は個人の興味、関心に応じて個人研究テーマを選択し課題研究に取り組む。「グループでの探究」:同一テーマ毎にグループ単位で課題検討、分析、意見交換を行う。「外国人フィールドワーク」:フィールドワーク協力機関に出向き、意見交換を通じ問題解決型思考を研究する。
(3)課題探究型学習 探究発展 「情報発信力、交渉力、英語コミュニケーション力」
個人論文の策定を行う。語学力レベルに応じて、レベル①は英語論文、レベル②は日本語論文とする。英語力の差異により、①か②を選択。論文は、ロジカルライティング(自分の意見や主張を、相手にわかりやすく伝えるための文章作成法)を意識して策定。各種コンクールに応募、学内発表、学外発表の実施。卒業論文の作成。
(4)課題探究評価 「パフォーマンス評価」の研究
課題探究研究(思考・判断・表現など)の質的評価検証プログラムの研究、開発。

学園ホーム高等学校ホーム > SGH

グローバルリンク・シンガポール2017参加報告

1.実施日  平成29年7月23・24日

2.主催者  グローバルリンク・シンガポール2017実行委員会

3.企画運営 JTBグループ

4.後援   シンガポール政府観光局・国際機関日本アセアンセンター・独立行政法人科学技術振興機構・日本修学旅行協会

5.運営協力 シンガポール科学技術研究庁・シンガポール国立大学・東京工業大学・SGH甲子園事務局・立教大学・日本サイエンスサービス・Pico Factory Japan・日本アクティブラーニング協会・ベネッセ

6.参加国・学校

(1)オーラル発表部門

部門

国名

学校名

社会課題

(3カ国・4チーム)

日本(2)

秋田南高校・富士見丘中学高校

ミャンマー

 

ベトナム

 

サイエンス

(3カ国・10チーム)

日本(4)

本校・市川中学高校・東京大附属・  池田中学高校

タイ(3)

 

フィリピン(3)

 

(2)ポスター発表部門

部門

国名

学校名

社会課題

5カ国26チーム

社会課題を各チームが設定しその問題・施策を発表する

日本(9高校)

15チーム

本校・県立浦和・佐藤栄学園東・池袋立教中学高校・法政大学女子高校・甲南高校・高知西・郁文館中学高校・横浜サイエンスフロンティア

ミャンマー(1高校)4チーム

ベトナム(2高校)3チーム

シンガポール(1高校)2チーム

インドネシア(1高校)2チーム

サイエンス

5カ国36チーム

各チームが研究しているテーマについて発表する

日本(9高校)

26チーム

本校・仙台二華・水沢・村山産業・本庄・三田国際・米子工業・郁文館中学高校・横浜サイエンスフロンティア

タイ(1高校)

フィリピン(1高校)6チーム

ベトナム(1高校)

インドネシア(1高校)

7.総括

(1)SSHオーラル発表は2名招待(旅費は1名)。ポスター発表は同一研究グループ3名による参加。SGH4名は参加希望があり出場(SGH国際大会に準じる大会である為)。

(2)オーラル発表部門・ポスター発表部門ともに英語発表。当日の言語は英語。

(3)発表以外で,各国の生徒が交流するステージも準備されており,国際的な交流の機会はあった。

(4)大会終了後,主催者による企業訪問,研究所訪問が準備されており,グローバル視点で生徒の研究に役立つものであった。

(5)今年で4回目であったが,日本から100名・海外から100名近く参加しており,年々参加者が増となっている。今後は,アセアン地域にとらわれず,オーストラリアやニュージーランドなどにも広げていく計画である。

(6)JTBの思惑は,今までの海外修学旅行が頭打ちになりつつあり,その後継商品として開発をしている状況である。特に,2020年度以降の大学改革や入試改革への対応商品として研究している様子であった。

(7)営利企業の商品開発ではあるが,これだけの規模で実施できる組織力は優れており,今後の提案に注目したい。

8.入賞

(オーラル発表部門 ポスター発表で2位入賞 尾先(高2)・石井・千葉・荒井(高1))

【高3】 SGH課題研究作成

 

実施内容

本校SGH活動では下記の4つのテーマを設定し、講演活動やフィールドワークを通じて探究活動に取り組んできました。高校3年生においては、各自が選んだテーマに関して、論文の作成に取り組んでいます。

研究テーマ

① 北海道の身近な食生産と世界の食糧問題

② 北方領土をテーマとした領土問題の課題と解決

③ 戦後七十年の歴史問題(近隣諸国との対話)

④ 世界に羽ばたく北海道の観光産業の課題と未来

指導事例1

「戦後70年」を大テーマとし、今後の東アジアにおける「共同体」結成の可能性を探る論考に取り掛かっている生徒

・戦後、国家間の補償や謝罪については決着済みでありながら、中国や韓国では依然として日本の謝罪や大戦中の行為への反省が不十分だと考える国民が多い。また、両国民は幼い頃から反日的な教育を受けており、日本の現状や日本文化等に理解を示すような言動をすると、攻撃されるかのような雰囲気もある。歴史的な問題がネックとなって、感情的な行き違いから、過去を引きずり未来志向で手を携えられない現状は、問題だととらえる。

・反日教育を受けている割に、若い層には日本に対するアレルギーはそれほど強くないことことをデータから明らかにし、そこに日中韓が連携できる可能性を見出す。台湾など、親日的な人が多い地域もある。

・単純な比較はできないが、EUやASEANのように、宗教・民族・主義主張等の違いを乗り越えて、地域連携を進めている地域もある。東アジアにおいても、連携するために参考にできる点がないのか探るべきである。しかしながら、現在のところ、「東アジア共同体」を結成できる土壌がなく、経済的な面から徐々に関係を深めていく、くらいしか現実的な方策は思いついていない。

 指導内容

まだ、論文の形には仕上がっておらず、結論として目指せる意見が弱い。また、データ収集やEU・ASEANとの比較考察も不十分であり、説得力に乏しい。しかし、今後を見据えたテーマ設定には評価すべき点もあり、難しいテーマに挑戦している積極性も光る。生徒の感想としては、調べれば調べるほど、国際政治は複雑で難しいとのこと。

具体的に国家間の連携を深めるための方策を考えること。例えば、経済的に連携することによって、お互いに大きな利益が生まれるようなしくみをつくることができないか。EUのような枠組みは難しくとも、経済面を優先させてASEANやNAFTAのような地域協定からスタートすることはできないか、などを探ってみるべきだと指導した。

指導事例2

「北方領土問題」を大テーマに、解決策を探る論文に取り掛かっている生徒

・はじめ、まともに解決策を考え、世界の他の国家間の領土問題を調べて、参考にできる事例がないかどうかを検討した。歴史的な経緯がそれぞれ異なり、取り巻く世界情勢も刻一刻と移り変わるため、単純に他国間でうまく解決した事例を適用しようと思っても難しい。しかしヒントはあるはずだととらえている。

・日本とロシアそれぞれの主張を整理。歴史的経緯では、1956年の日ソ共同宣言が最も大きなポイントだと指摘する。ここを出発点だとの共通認識が得られれば、ロシア側は交渉に乗ってくることは確実だとする。そうすると、2島のみで解決されてしまうとの懸念があるのは事実だが、日本が4島一括返還にこだわり過ぎているため、ロシアが頑なな態度を変えないことは明白だとする。元島民の高齢化が進み、早くロシアを動かすためには、4島全てが元のように戻ってこないリスクがあっても、日本が一歩譲る形で踏み込むべきだと考えている。

・結果的に、経済協力を柱とした点で、現在政府が進めているロシアとの交渉と方向性は同じになってしまうが、これまでの政府見解を否定して、4島返還にこだわらずに交渉を進めるべきだとしている点は、現政権のアプローチよりも柔軟である。

指導内容 

経済的に互いに得をするしくみが必要。当然どちらの国の法を適用するか、という問題に突き当たるので、発想力が問われる。また、経済的な結びつきを優先させても、「領土問題」の解決に結びつくかどうかについては、明確な道すじを示すことが難しく、現時点では弱い。

お互いに割り切らなければならない部分があるのは確かなので、よい解決策が見出せなかったとしても、他国間の領土問題解決の事例を詳しく調べたことは、国家としての割り切り方を考える上で意味がある。

本音レベルでの元島民の意向を探ろうとしているが、表に出ているアンケート結果以外に踏み込めておらず、本来ならば現地調査などが必要かもしれない。

指導事例3

「北海道の観光産業」を大テーマに、解決策を探る論文に取り掛かっている生徒

・北海道に観光客・移住者を増やし、経済の活性化につなげる施策をいくつか考えてきたが、理想を追求すると現実的にコストがかかりすぎるという壁にぶつかり、行き詰ったという。そこで、ありきたりではあるが、観光プランを策定し、観光客を呼び込む方法を考えようと、方向転換した。まずは、道東・道北・道南をそれぞれめぐる3つのルートを策定し、北海道の食・自然体験・文化体験を柱とした周遊プランを作成していたが、しかし、そこから未来の観光産業をイメージすることができずに苦労していた。

 指導内容

有名な観光地ばかりでなく、その地域ならではの体験を盛り込んだ魅力的なプランにはなっていたが、プラン作りに精一杯になっており、未来を考える視点が伴っていなかった点が大きな課題であった。

どのような層をターゲットにするかについて、絞り込ませると、道外の若年層をイメージしていることがわかった。リピーターとなるだけではなく、遠い将来には移住を考える人も出る可能性がある若年層にはたらきかけるのは、良いアイディアであると評価した。多くが人生で初めての来道となる若年層に対して、強烈なインパクトを与え、「憧れ」の気持ちを膨らませられれば大成功なのでは、と助言。「若年層に憧れを植え付け、将来の移住者を呼び込む」ためのプラン策定と、コンセプトが決まった。

指導事例4

「北海道の食糧問題」をテーマに、世界の食糧問題とからめて解決策を探る論文を執筆している生徒

・カンボジアに短期留学した経験から、食糧問題に興味を持ったことがきっかけとなり、カンボジアと、日本・北海道の食糧事情を調べることにした。カンボジアは貧困層も多く、食料自給率は低い。一方で、日本も食料自給率の低さが問題となっている。途上国であるカンボジアと先進国の一員である日本が抱える事情は異なるが、今後も世界的な人口爆発が続くと予想されるなか、北海道が先進的に食糧問題改善に取り組むことで、日本および世界の食糧問題の解決に役立てるのではないか、という問題意識を抱いた。調べものとしてはよく材料を集めている。具体的には、日本の農業において、世界と比べ生産コストが高いという課題を解決するために努力することが必要である。また、休耕田の活用にドローンや人工知能AIを使えないか、などのアイディアを持っている。

 指導内容

システム作りや技術開発には、国の積極的関与がなくてはならないこと。本州に比べ、農業を営むのに有利な北海道を食糧問題解決の最先端拠点とすることにより、日本の食糧自給率改善、さらには世界の食糧不足問題を解決することに寄与できるのではないか、という。実現可能かもしれない具体策を提示できるように、またカンボジアの食糧問題に応用できるような施策はないかどうかを考えるように助言した。

【高2】 イオン1%クラブ 中日小大使活動

平成29年7月10日(月)~17日(月) 

2017 日本・中国ティーンエイジアンバサダー 中日小大使活動

 7月10日(月)~17日(月)にかけてイオン1%CLUB FOUNDATION主催 2017 日本・中国ティーンエイジアンバサダー 中日小大使活動に本校20名の生徒が参加しました。

 この活動はイオングループが日本と中国の高校生の友好を深めることを目的に実施しているプログラムであり、本校は昨年に引き続き参加校の一つとして選ばれました。日程の前半10日~12日の3日間は他の参加校である筑波大学付属高校、東京学芸大学付属高校、大分の岩田高校の生徒と共に中国の高校生を東京で迎え入れ、外務省や中国大使館、首相官邸で表敬訪問を行い、夜には中国大使館で歓迎会が催されました。

 歓迎会では日中友好宣言が両国高校生から贈呈され、各校から伝統舞踊などのパフォーマンス披露もあり文化的交流が行われました。その後、イオングループの本社がある千葉県で中国の高校生と共に農作物の収穫体験やバーベキュー、キャンプファイヤーをして友情を深めました。

 13日からは本校生徒と青島の高校生達が北海道に移動し、北海道庁を表敬訪問後、本校の授業体験や部活動で剣道・茶道の体験をしました。週末はペアとなっているホスト生の自宅でホームステイをしました。

 

 

 

 

 

10月には今回ホスト生となった本校生徒20名が中国の北京や青島を訪れ、さらに日中友好の懸け橋となれるよう中国の高校生との友好を深める予定です。

 

ページの先頭へ

<フィールドワーク・大会参加> <講演・交流活動> <授業> <SGH通信(準備中)>